2020.05.21

大人のG-SHOCKといえば、この名作でしょ!?

誰もが一度は憧れたタフネスウォッチ「G-SHOCK」。今年25周年を迎える大定番の「6900」シリーズから新モデルの腕時計が登場です。遊び心ある仕上がりは、ファンならずとも必見ですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

スタイリング/笠島康平 文/石井 良

懐かしいだけじゃない三つ目モデルが登場です

時計選びにおいて、ラグジュアリーな機械式は大人の本懐ですが、TPOを知っているというのも大人の大事な一面。なので、オフな場面ではやはりそれなりの選択肢を持つべきだとLEON.JPは思うんですよね。で、そんなときにやっぱり頼りになるのが「G-SHOCK」。その機能や持っているストーリーを考えても、充分「大人の名品」に認定だと思う次第でして。

そんなタフネスウォッチという唯一無二のコンセプトで男を魅力し続けるG-SHOCK。数年に一度は「人気再燃!」なんて話題になりますが、いやいや、世代問わず男の心にはいつでもG-SHOCKがあるわけでして。昨年はフルメタルモデルがヒットを飛ばすなど、常に高い人気を誇っているのです。
 
そんな折り、今年は三つ目モデル「6900シリーズ」が25周年を迎え、新たなモデルが発売になります。6900といえば、ファッションブランドや各界のスターたちと数々のコラボを打ち上げた、90年代G-SHOCKブームの中心にあったマスターピースです。余談ですがG-SHOCKの過去35年の歴史の中で、最も多く出荷されたのが初代モデル「DW-6900」なのだとか。
 
さて、気になる新モデル「GM-6900」ですが、シリーズで初めてメタルベゼルを採用したのが大きなトピックス。複雑な凹凸を見事に実現したギラッと光るゴールドカラーに仕上がっている様子です。懐かしいだけじゃないこんな時計なら、嫌みなく腕元を飾ってくれそう。遊び心の分かる大人にこそ身につけて欲しい一本です。
PAGE 2

◆「DW-6900B-9」 

実は、ほぼ変わっていないんです

1万1000円/G-SHOCK(カシオ計算機 お客様相談室)
実は今でもファーストモデルと同デザイン、同機能の現行モデルが存在しています。ラウンドフォルムに三つ目のインジケーター、フロントボタンが特徴的なデザインは、当時憧れた姿そのまま。25周年の今、あえてこちらを腕に巻くのも一興かと。

過去に発売された「6900シリーズ」をチェック!

PAGE 3

◆25周年モデル「GM-6900」

夏の腕元に映え確定です

2万6000円/G-SHOCK(カシオ計算機 お客様相談室)
シリーズで初めて採用するメタルベゼルは、約20もの鍛造工程と数回の切削、そこから研磨を繰り返して実現する手の込んだもの。鏡面とヘアラインの2種類の仕上げでメタル感を盛り上げます。メタル素材に最適化された新たな耐衝撃構造を取り入れているのもこのモデルならではです。

◆25周年モデル「GM-6900」

派手な赤も目立ち度では負けません

左:GM-6900-1JF 2万3000円、右GM-6900B-4JF 2万6000円/G-SHOCK(カシオ計算機 お客様相談室)
今回同時に発売されるバリエーションは3つ。オーソドックスなシルバー×ブラックに加えて、ゴールドに負けるとも劣らない派手色が奢られたブラック×レッドというラインナップ。休日時計ですから、色に悩んだらぜひ思い切ったご判断を!
PAGE 4

◆25周年モデル「DW-6900SP」 

夏全開のグラデーションカラーも登場です

各1万4000円/G-SHOCK(カシオ計算機 お客様相談室)
快晴のビーチが似合いそうなこちらは、同時に発売となる6900シリーズ25周年を記念したスペシャルモデル。角度によって見える色が変化するグラデーションカラーを採用。デジタル表示部分には25周年を表すモノグラムがあしらわれ、ファンなら見逃せない一本となっています。なんと在庫はわずか!
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

カシオ計算機 お客様相談室 03-5334-4869

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL