• TOP
  • FASHION
  • 大人の味方な「黒ジャケット」。昼と夜で着こなし方をこう変える!

2022.11.23

オヤジの黒は苦くて甘い

大人の味方な「黒ジャケット」。昼と夜で着こなし方をこう変える!

着こなしに"苦み"と"甘み"を添えるカシミア素材の「黒ジャケット」。他のアイテムの黒の分量を調節する事で、リラックス〜より艶っぽい、まで印象を操作することができるのです。

CREDIT :

写真/人物・熊澤 透、静物・木村 慎(Heritier) スタイリング/男性・四方章敬、女性・久 修一郎、米田由実 ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE)、河原直樹 文/竹内虎之介(シティライツ)

夜も昼もリッチな黒ジャケはオヤジの味方です

カシミア素材のリッチな黒ジャケは昼間が似合う一着ですが、もちろん夜にだって使えます。で、その使い分けに際して肝心なのが、こなしにおける甘さの分量。

黒ジャケ以外を柔らかなトーンにすればより昼向きに。全身を黒で締めれば艶っぽくも上質感際立つ夜スタイルとなるのです。
PAGE 2

Coordinate Day mood 

甘さ多めのこなしなら昼モード 

◆ デザインワークス 

カーディガン感覚で羽織るユルりな黒ジャケット

▲ ジャケット9万7900円/デザインワークス(デザインワークス 銀座) 
厳選された高品質のカシミア100%素材を用いた黒ジャケット。軽やかな仕立てかつウエストの絞りを緩めた、カーディガン感覚で羽織れるスタイルはリラックス感抜群。上品な艶感と柔らかくコシのあるカシミア特有の質感を心ゆくまで堪能できる一着です。

ナチュラルトーンの合わせならリラックスした昼の装いに

▲ ジャケットは上と同じ。ニット3万9600円/グランサッソ(エスディーアイ)、パンツ3万8500円/ピーティー トリノ(ビームス 六本木ヒルズ)、時計90万7500円/IWC、靴3万5200円/ペリーコ サニー(アマンオンラインストア)
インナーにベージュのニット、ボトムスに白パンを合わせ、黒ジャケ以外を品良くナチュラルな淡色トーンで揃える。それでも柔らか〜なカシミア100%の黒ジャケなら違和感のあるコーディネートに見える心配は皆無。で、ほんのり艶っぽさが薫るリッチな休日スタイルとなるのです。
PAGE 3

Coordinate Night mood 

全身を黒で締めれば夜モードに

◆ フィンジャック

稀少なヴィンテージ生地の極上の黒ジャケット

▲ ジャケット17万6000円/フィンジャック(シップス 銀座店)
カシミアに稀少なグアナコを混紡したヴィンテージファブリックによる黒いジャケット。しっかりとしたウエイトを備えたヴィンテージらしい生地ながら、羽織り心地は軽く柔らか。非常になめらかなタッチと艶感、さらにフィンジャック自慢の仕立てが生きる一着です。

夜仕様の真っ黒コーデにもちゃんと苦くて甘いが漂います

▲ ジャケットは上と同じ。シャツ2万6400円/タリアトーレ(トレメッツォ)、パンツ3万9600円/コロン(エンメ)、サングラス4万4000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、時計540万6500円/IWC、ブーツ12万4300円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)、そのほかはスタイリスト私物
片や夜仕様のこなしがこちら。黒の艶シャツに黒スラを合わせ、全身真っ黒で装います。すっかりおなじみのスタイルですが、ジャケットが極上素材になることでほんのりと“苦くて甘い”が漂います。
PAGE 4

優しい黒ゆえに自然と彼女との距離も近くに── 

◆ ロンハーマン 

カシミアの風合いを引き出す真っ黒ジャケット 

▲ 男性●ジャケット13万2000円/ロンハーマン、パーカ10万4500円、パンツ10万4500円/ともにグランサッソ(エスディーアイ)、カットソー1万1000円/スローン、メガネ2万9700円/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー) 女性●ベスト4万4000円/ルームエイト(オットデザイン)、サングラス5万160円/ブルネロ クチネリ & オリバー ピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)、そのほかはスタイリスト私物
何年も倉庫の中で廃棄を待つ運命にある生地をアップサイクルする取り組みから生まれた「Cashmere Series」のアンコンジャケット。この一着はデザインから生地を選ぶのではなく、カシミア100%の綾織りビーバーを活かすべく誕生。まさに豊かな風合いを楽しむための黒ジャケです。

自然のなかでも違和感なくリッチな品格を漂わせます 

アイテム自体に上品なスウィートフレーバーを含んだカシミアの黒ジャケは都会の昼夜だけでなく、自然のなかで過ごすリラックスタイムにだってハマります。上質なワンマイルスタイルにサラリと羽織れば、優雅な郊外ライフが板に付いたオヤジの完成です。
2022年12月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン 東京ギャラリー 03-3409-1972
アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
IWC 0120-05-1868
アマンオンラインストア 03-6418-6056
ウィリー www.wheelieltd.jp
エスディーアイ 03-6721-1070
エンメ 03-6427-2261
オットデザイン 03-6804-9559
シップス 銀座店 03-3564-5547
スローン 03-6421-2603
デザインワークス 銀座 03-3573-6210
トレメッツォ 03-5464-1158
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1620
ルックスオティカジャパン カスタマーサービス(ブルネロ クチネリ&オリバーピープルズ) 0120-990-307
ロンハーマン 0120-008-752

この記事が気になった方は、こちらもオススメ!

PAGE 5

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        大人の味方な「黒ジャケット」。昼と夜で着こなし方をこう変える! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト