• TOP
  • FASHION
  • 大人が「黒」を着るなら、"苦くて甘い"がキーワード

2022.11.21

オヤジの黒は苦くて甘い

大人が「黒」を着るなら、"苦くて甘い"がキーワード

黒には艶っぽい夜のイメージがありますが、魅力はそれだけではありません。大人にはより懐の深い"苦くて甘い黒"が似合うのです。

CREDIT :

写真/人物・熊澤 透、静物・木村 慎(Heritier) スタイリング/男性・四方章敬、女性・久 修一郎、米田由実 ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE)、河原直樹 文/竹内虎之介(シティライツ)

色気も優しさも溶け込んだお洒落の鉄板カラーです 

オヤジの黒は苦くて甘い

オヤジにとって黒はモテるとほぼ同義語。皆さんも当然お好きですよね。とはいえ一般的には「夜な感じ」や「モードな色」など、ちょっと艶っぽいイメージが主流派なのも事実です。

もちろん、こうした印象が黒のもつ格好良さの源でもあるわけですが、黒の魅力は本当にそれだけでしょうか? なにしろ黒はすべての色彩を含む色。その懐はまだまだ深いと思うのですよ。

そこで今回ご提案するのが"苦くて甘い黒"というもの。その硬軟兼備の味わいは、苦みも甘さも熟知したオヤジを包んでこそ際立つのです。

◆ ブルネロ クチネリ 

オヤジを優しく魅せる苦甘な黒の一着って

▲ 男性●ブルゾン118万8000円/ブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 女性●ベスト107万8000円、パンツ63万300円、バッグ37万5100円、シャツは参考商品/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)
軽く柔らか〜なピュアカシミアメルトンを用いた黒のボディに、上品なベージュのムートンボアをあしらったブルゾンを羽織り、休日の郊外へ。

ビターな色気だけじゃない、ほんのり甘さを含んだ黒の一着なら、守備範囲は夜の街だけにとどまりません。黒本来のモダンなムードはキープしつつ、リラックスしたデイタイムのオヤジをしなやかに包み込んでくれるのです。
PAGE 2

自然のなかでも知性と優しさを与えてくれる── 

◆ ティト アレグレット 

木漏れ日に似合う黒ジャケットだってあるのです

▲ 男性●ジャケット14万8500円/ティト アレグレット(フィルム)、ニット3万8500円/ジョルディーズ(カヴァレリア)、シャツ3万800円/バグッタ(トゥモローランド)、パンツ2万6400円/ブリッラ ペル イル グスト(ビームス 六本木ヒルズ)、サングラス3万7400円/BJ クラシックコレクション (オブジェ・イースト)、ブーツ12万9800円/フラテッリ ジャコメッティ/マルモラーダ(ウィリー) 女性●ジレ11万円、バッグ18万4800円/ともにファビアナフィリッピ(アオイ)、ニット9万5700円/プロタット、スカート4万2900円/セブンティ ベネツィア(ともにサン・フレール)、サングラス4万260円/オリバー ピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)、ブーツはスタイリスト私物
夜にこそ本領を発揮すると思われがちな黒いジャケット。ですが、柔らか〜な上質素材の一着なら自然のなかでも着こなせる。で、羽織るオヤジに知的な優しさを添えてくれます。
PAGE 3

艶やかなだけじゃない余裕をもたらすリラックス感── 

◆ フェンディ 

予想を裏切る質感で黒革でリラックスも余裕

▲ 男性●ブルゾン99万円/フェンディ(フェンディ ジャパン)、そのほかはスタイリスト私物 女性●カーディガン27万5000円/フェンディ(フェンディ ジャパン)
艶やかな黒レザーといえば、ちょっと不良(ワル)そなオヤジのキメ服ですよね。でも、それだけじゃありません。

例えば、しっとりと手に吸い付くようなレザーパーカ。そんな一枚なら休日のリラックスタイムに、素肌にサラリなんて着方も余裕です。
PAGE 4

都会の匂いに奥行きをもたらしてくれる色使い── 

◆ ヴェルサーチェ 

黒キャメル合わせで品良く季節感を演出

▲ 男性●コート48万4000円、ニット10万5600円、パンツ17万7100円/すべてヴェルサーチェ(ヴェルサーチェ ジャパン)、ネックレスはスタイリスト私物
黒をベースにした着こなしは、都会のオヤジのお洒落の基本。夏ならそこに白を差して、涼感のあるコントラストを楽しむのもいい。

でも、これからの季節に似合うのはもっとマイルドな色使い。黒にキャメルブラウンの合わせなら、都会的ななかにも深みと奥行きを感じる男性像に仕上がりますよ。
PAGE 5

柔らかさのなかにモダンさが宿る大人の装い── 

◆ ボーディ 

柔らかな定番ニットも黒なら優しいだけにあらず

▲ 男性●ニット13万2000円/ボーディ(アルファ PR)、シャツ3万800円/インディビジュアライズド シャツ(ウェルメイド バイ メイデンズショップ)、パンツ3万5200円/コロン(エンメ)、メガネ2万9700円/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー)、靴13万7500円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)
ほっこり感のあるローゲージニットは、郊外のリラックスした時間に欠かせぬ相棒です。ただし、どんなに寛いでもオヤジたるもの、いついかなる時も色っぽさを忘れるわけにはいきません。

ミドルなざっくりニットがビターな黒なら、優しいだけに終わらない男らしさが滲みます。
PAGE 6

その魅力を代弁するのはちょっとした遊び心── 

◆ ドルチェ&ガッバーナ 

黒スタイルの仕上げにお茶目スパイスをひと振り

▲ ニットキャップ5万1700円、コート34万1000円、ニット13万900円/すべてドルチェ&ガッバーナ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)
料理同様お洒落にも、時にちょっと刺激的なスパイスが有効です。大人の黒には色っぽくもどこか可愛げを感じるピンクが好相性。

もちろん入れすぎが禁物なのは料理と同じ。深みや奥行きを感じさせる黒の装いの仕上げに小物で茶目っ気添え、くらいの塩梅がちょうどいいのです。
PAGE 7

いつものそれも印象操作でガラリ大人仕様に── 

◆ サンローラン 

若々しさのアイコンほど黒に色変えが大人に◎

▲ 男性●カーディガン26万4000円、ニット15万9500円、パンツ15万9500円、靴12万1000円/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス) 女性●カーディガン31万9000円、レギンス14万8500円、ブレスレット4万9500円、靴13万7500円/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)
見慣れたアイテムの色を変えるだけで、その印象は驚くほど変わるもの。そして、イメージが定着したベーシックなものほどその効果は高くなります。

例えばタフで男らしいアメリカ〜ンなアイテムが真っ黒になると……キリリとしたモダンさが加味され、大人っぽく見えるのです。
2022年12月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン 東京ギャラリー 03-3409-1972
アオイ(ファビアナフィリッピ) 03-3239-0341
アルファPR 03-5413-3546
ウィリー www.wheelieltd.jp
ヴェルサーチェ ジャパン www.versace.jp 
ウェルメイド バイ メイデンズショップ 03-5410-6686
オブジェ・イースト 03-3538-3456
カヴァレリア 06-6258-7577
サン・フレール 03-3265-0251
サンローラン クライアントサービス 0120-95-2746
ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691
トゥモローランド 0120-983-522
ドルチェ&ガッバーナ ジャパン 03-6833-6099
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1620
フィルム 03-5413-4141
フェンディ ジャパン 03-3514-6187
ブルネロ クチネリ ジャパン 03-5276-8300
ルックスオティカジャパン カスタマーサービス(オリバーピープルズ) 0120-990-307 

この記事が気になった方は、こちらもオススメ!

PAGE 8

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        大人が「黒」を着るなら、"苦くて甘い"がキーワード | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト