• TOP
  • FASHION
  • 【注目】スポーティバッグの傑作はメゾンにあり

2019.11.11

【注目】スポーティバッグの傑作はメゾンにあり

いまや大人が当然のようにスポーティなバッグを持つ時代。でも果たしてそれで、世に言う“大人っぽさ”をしっかり担保できているのでしょうか? だから、スポーティなバッグこそ、メゾンの傑作を選ぶべきなのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/稲田一生 文/持田慎司

メゾンの安心感とイマドキ感を備えたものが本命

ひと昔前まではお洒落なニューヨーカーか、まったく服装に頓着しないサラリーマンかというくらい、稀有でギリギリな合わせとされてきたスーツにリュックというコーディネート。

しかしながら、ここ数年でこの装いもすっかり市民権を得るように。この現象は、それだけスポーティなバッグの類が世に浸透しているという証左なのでしょうが、とはいえスポーツメーカーが提案するバッグはどこまでいってもスポーティ。そこに高級感や大人っぽさといった要素は期待できるはずもありません。

もちろん、コーディネートのハズしとしてそれらのメーカーのものを取り入れるのも大いにありなのですが、「そんな面倒なことせずに単体でスポーティ&ラグジュアリーなものってないの?」との思いを抱く方も中にはいらっしゃることでしょう。

そこでオススメなのが、一流メゾンが提案するスポーティなバッグです。これなら時代のムードに即した軽やかさはもちろん、上質な雰囲気も一挙に取り入れることができちゃいますよ。

◆ ディオール

真っ黒ボディだけど質感で変化をつけた秀作

W30×H42×D15cm 12万5000円/ディオール(クリスチャン ディオール)
全体をブラックアウトしたクールな表情ながら、各所で異なるマテリアルを使用することで、間延びすることなくスタイリッシュなデザインに仕上げたバックパック型。メインコンパートメントのファスナー付近には、グログラン調のテープをアクセントとしてあしらいました。鬼才キム・ジョーンズの微細に穿つセンスがキラリと光る本作は、さまざまなコーディネートやシーンにさらりと溶け込んでくれるハズ。シンプルなデザインにも好感。

◆ プラダ

色と素材の組み合わせの妙が光ります

W29×H40×D17cm 17万4000円(予定価格)/プラダ(プラダ クライアントサービス)
カラーリングは、ネイビー、グリーン、ホワイト、ブラックを採用。一方、素材に関しては、カーフレザーとナイロンを使用。ともするとトゥーマッチになりそうな多色多素材使いながら、それを遊びゴコロ溢れる大人のデザインに仕上げているあたりは、さすがのセンス。前面には大胆に描かれた二色のストライプ柄が、地味になりがちな冬コーデのアクセントになりつつ、バックシャン効果も演出してくれますよ。

◆ サンローラン

メゾンのバッグをガシ使いして男らしさを醸す

W50×H24×D25cm 11万9000円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
軽量なポリエステル素材を使用したダッフルバッグは、その名も『ヌックス』。フロント部分にシルバーのブランドのロゴのみを配し、それ以外のすべての部分をブラックで統一した潔いデザインに、思わず惹かれてしまいます。価格帯としてはメゾンが手掛けた高級バッグの類に分類されますが、この手のバッグは後生大事に使用するのではなくジムバッグなどとしてあえてガシ使いする方が、さりげなく男らしさを醸し出すことができて良いのでは?

◆ ベルルッティ

メタリックパーツがなんともアイキャッチ〜

W33×H45×D17cm 33万4000円/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)
底部やプラー部分に用いたブルーメタリックのディテールがひときわ目をひくバックパック。ムラ感をあえて残すことで、同社の専売特許であるパティーヌを彷彿させる仕上がりに。さらに背面側には緩衝材&メッシュを使用しつつファスナーも止水タイプのものを取り入れるなど、ディテールまでとことんこだわりました。ディテールを詰め込んだ感満載ですが、ベースカラーはブラックなので、意外やどんなコーディネートにもハマるのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

クリスチャン ディオール 0120-02-1947 
プラダ クライアントサービス 0120-45-1913
イヴ・サンローラン 0570-016655
ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL