• TOP
  • FASHION
  • 男前代表のミリタリーをモテコーデに変えるには?

2022.05.22

男前代表のミリタリーをモテコーデに変えるには?

ワイルドな、いわゆる男臭いアイテムが揃うミリタリー。男前なスタイルを作るのに欠かせない存在ですが、全身ミリタリーでは野暮ったくなってしまう。そこで、今回のテーマであるちょいカワイイをプラスするのがおすすめなんです!

CREDIT :

写真/平郡政宏 スタイリング/久保コウヘイ ヘアメイク/勝間亮平 文/安岡将文 モデル/瀧川鯉斗、浦 彩恵子

ミリタリーで大人カワイイ!?  はい、それ簡単です!

ミリタリーで大人カワイイを作るのはさすがに無理と思った方、いえ、むしろミリタリーだからこそ作れるんです! 男臭いミリタリーとは相反するトップスやインナー、または色使いのテクニックを駆使することで。いわゆる逆張りコーデで、簡単に“大人カワイイ”ミリタリースタイルは完成ちゃうんです。

◆ 極太カーゴパンツの場合 

トレンドのチルデンニット、使いドコロはココ!

▲ ニット7万2600円、シャツ2万2000円、靴参考商品/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)、パンツ4万2900円/エンジニアド ガーメンツ
ミリタリーアイテムの鉄板カーゴパンツ。それも、こんな多ポケット使い&極太なら無骨さはマシマシです。そんな一本も、上にチルデンニットを合わせれば印象は一変。プレッピーなカワイさを纏います。折しも、プレッピーはトレンド。ならば、足元にレンガソールのスエードシューズを合わせて、追いプレッピーといきたいところ。ブーツやスニーカーと比べて、断然品が良いですしね。
PAGE 2
多ポケットなカーゴパンツがミリタリー感強めなので、シャツはボタンダウンを選び、シューズとともにプレッピー感を強調すべし。
袖先のターンナップや裾のチラ見せなど、程良くラフな要素を取り入れると、ミリタリーなカーゴパンツとなじみます。
スエードの外羽根、そしてレンガ色のラバーソールといえば、プレッピー御用達。チルデンニットのストライプと色リンクを。
PAGE 3

◆ カモフラジャケットの場合 

陸なカモフラの逆張りといえば、そう海です!

▲ ジャケット4万9500円/フロント ストリートエイト(ティンク)、Tシャツ1万5400円/ルミノア(ビームス 六本木ヒルズ)、パンツ6万9300円/ラルディーニ(トヨダトレーディング プレスルーム)、靴14万9600円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)、フォース10 ウインチネックレス20万9000円/フレッド(フレッド カスタマーサービス)、時計49万5000円/ベル&ロス(ベル&ロス 銀座ブティック)
逆張り戦法においては、対象となるアイテムが無骨であるほどちょいカワイイ演出にはもってこいとなります。そう、カモフラ柄のフィールドジャケットなど、まさしくその好例です。フェード感バリバリのカモフラ柄に、サーフなアートワークを施したコチラ。そこにボーダーカットソーをプラス。そう、カモフラと対極な海系でちょいカワイく見せちゃおうってワケです。
PAGE 4
バックにデカデカとあしらわれたサーフなモチーフたち。アメリカンなマスコットが、無骨さと茶目っ気の両立を実現します。
大人を自然にちょいカワイく見せてくれるボーダーカットソー。チタン製のセーリングケーブルモチーフのネックレスという、小ニクい一手もお忘れなく。
デニムといったカジュアルパンツだと、さすがにラフ。スラックスに加えて、スニーカーながらダブルモンクな一足でややドレッシーに。
PAGE 5

◆ M-65ジャケットの場合 

今春の絶対正義! 定番アイテムを白変換

▲ ブルゾン8万2500円/アスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム)、シャツ2万9700円/バグッタ(トレメッツォ)、スカーフ7700円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ カスタマーセンター)、パンツ2万8600円/ジェルマーノ(バインド ピーアール)、靴10万100円/ジミー チュウ、サングラス3万8500円/フォーナインズ・フィールサン(フォーナインズ)
今春リリースが目立つ白Gジャン。無骨なワークジャケットが品良い白になるというギャップが、大人カワイイにつながります。ということは、ミリタリーのM-65なら効果は倍プッシュ確実ってコト。ならば、いっそ全身白系でまとめて、とことんクリーン&上品を狙うのもアリです。その場合、重要になるのが小物とシューズ。首元、そして足元にマリンカラーを構築するブルーを挿すことで、春夏らしさと洒落っ気が生まれます。
PAGE 6
せっかくクリーンでまとめたなか、重たい黒ぶちフレームはもったいないというもの。折しもクリアフレームがトレンドとあらば、ぜひ。
リッチ感がありながら、春らしい軽やかさも両立するブルースエードのローファー。もちろん、素足見せ履きでより軽快に。

■ お問い合わせ

エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798
ジミー チュウ 0120-013-700
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010
ストラスブルゴ カスタマーセンター 0120-383-563
ティンク 06-4704-2525
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トレメッツォ 03-5464-1158
バインドピーアール 03-6416-0441
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
フォーナインズ 03-5797-2249
フレッド カスタマーサービス 03-6679-2011
ベル&ロス 銀座ブティック 03-6264-3989
ラルフ ローレン 0120-3274-20

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        男前代表のミリタリーをモテコーデに変えるには? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト