• TOP
  • FASHION
  • 大人のちょいカワイイは、休日こそ見せ場なんです!

2022.05.03

大人のちょいカワイイは、休日こそ見せ場なんです!

ビジネスシーンに比べると、カワイさをアピールすることが簡単な休日カジュアルスタイル。ですが、カワイさだけを意識してしまうと、ただのイタいおじさんになってしまうことも……。いつもの男前なスタイルにほどよくカワイさをプラスする塩梅が重要なんです!

CREDIT :

写真/平郡政宏 スタイリング/久保コウヘイ ヘアメイク/勝間亮平 文/安岡将文 モデル/瀧川鯉斗、浦 彩恵子

まずはオフの日から、カワイイの手慣らしを

感情を動かされる“エモさ”の条件って、何でしょう!? それはズバリ、優しさや柔和さを見せることです。そう、決して若者や女性に媚びるって意味じゃあ、ないんです! 大切なのは、居丈高に構えることなく、誰からもとっつきやすい雰囲気を演出すること。そのためには、まずファッションで意識改革を図りましょう。

シーン1 カフェでのひととき

休日の街ブラは、優しい色使いでエモさを演出

とある休日、ひとりカフェでのんびり。昨今、スウェットやイージーパンツに代表されるリラックスアイテムが人気ですが、カワイさをアピールするならほっこり感やニュートラル感が欲しいところ。

例えばこんなピンクのニット。優しさ演出の鉄板色ですが、ポイントはライトトーン&ローゲージを選ぶこと。発色を抑えることでイヤらしさがなくなり、さらにざっくり感から漂うラフな雰囲気が気負い感を払拭してくれます。

そしてパンツには、ライトベージュのカーゴパンツを。ニュートラルカラーにすることで春らしい軽やかさと柔らかさを出しつつも、ミリタリーパンツなのでオトコらしさをキープできます。

つまり、ほどよいエモさは、過剰なカワイさアピールをしないことが重要。これが、LEON流大人カワイイの作り方なんです。
▲ ニット2万7500円/スローン、シャツ2万6400円/バグッタ(トレメッツォ)、パンツ3万7400円/PT トリノ(PT ジャパン)、靴9680円/ケッズ × シップス エニィ(シップスインフォメーションセンター)、白時計148万5000円/オメガ(オメガお客様センター)
インナー選びにもコツが。トーンを明るくしすぎると、カワイイというよりチャラい印象に。ブラウンという渋めなカラーを入れることで、あざとさを回避できます。
さらに細かいテクニックとして、シャツのちょい見せも有効。ブラウンによる渋さ演出の有効性を高めつつ、ヌケ感によるカワイさの両立が図れるってワケです。

【ピンポイント アドバイス】 

優しさを邪魔しないよう、小物は爽やかに徹するベシ

春夏シーズンにおいては、小物の効果は見逃せません。時計とシューズを白で統一することで、春らしい爽やかさを演出したいところ。ともに淡いピンクやベージュとなじみやすく、それでいて日本人の肌に対してはアクセントカラーになってくれる便利な色なんです。
大人の色気演出にはブラック×ゴールドが有効ですが、カワイさ演出においてはホワイトが有効。とはいえ、チープに見えるのは避けたいところで、あくまで一流ブランドであること、そしてアリゲーターストラップによってラグジュアリー感を匂わせるのを忘れずに。
プレッピー人気の今、デッキシューズはまさしく狙い目。そもそも大人の足元にシンプル&ベーシックなスニーカーはうってつけですが、デッキシューズならではの爽やかさは春夏において特に頼りになります。足元でのヌケ感演出の鉄板テクである素足履きも、自然にキマります。
PAGE 2

シーン2 ホームパーティーにて 

急な買い出しもOKな、リラックス+リュクス

▲ 男性●カーディガン4万5100円、ニット3万6300円/ともにレンコントラント(ビームス 六本木ヒルズ)、パンツ2万3100円/リサウンド クロージング、黒時計47万8500円/ベル&ロス(ベル&ロス 銀座ブティック)、ネックレス16万8300円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店) 女性●シャツワンピース3万9100円/ティッカ、Tシャツ9900円/シップス(ともにシップスインフォメーションセンター)、ピアス1万6500円/メドゥスィン・ドゥース(ゴールディ アッシュ・ペー・フランス)
友人を招いてのホームパーティー。ニットによるリラックス感の演出は、ホストとしての責務でもあります。とはいえ、いかにも部屋着はさすがにNG。そこで使えるのが、クルーネックにカーディガンを合わせたニットのアンサンブルです。柔らかなニットのドレープがリラックス感をアピールしつつ、揃いにすることでオシャレ感も両立。コレなら突然の買い出しも、そのまま出かけられますしね。

と、ココで注目したいのは、実はパンツ。合わせたのは、ストライプが入った思いっきりスポーティなジャージーパンツ。バランスの取れたトップスに対して、ボトムスではあえて隙を作るってワケ。これにより、ゲストに対するオシャレハードルを下げてくれるのです。そう、エモい大人は、自ら隙を作るのも大事ってことです。
リラックス感と上質感を両立させるニットといえば、ハイゲージが適任。ドレープが柔らかく、それにより腕まくりも絵になります。色もトーンを抑えてシックに。
コットンにナイロンとポリウレタンを混紡したジャージーは、ストレッチ性抜群。スポーティさを示すストライプは、単調になりがちなアンサンブルニットに対するアクセント効果も。

【ピンポイント アドバイス】 

時計とアクセで、家の中にいながら外を意識

自宅とはいえ、せっかくならパーティー気分を楽しみたいですよね。そこで使えるのが、小物による外感演出。腕時計やネックレスといった小物を取り入れることで、自宅にいながらも華やかさを演出できます。足元に目線がいかない分、上半身の小物は効果抜群ですよ。
チェアに座りながら談笑。そんな時、首元にキラリと光るネックレスがあれば、ゲストもきっと華やかな印象を得てくれるはず。ゴールドなら、なおさらです。とはいえ、いかにもギラついたゴールドは違和感あり。細身のシンプルなリンクチェーン系が、さり気なくてヨシです。
存在感がありながらも、マットセラミックのケースが過剰なアピールを避けてくれる、こんな時計は理想的。あくまでカジュアルというメッセージも伝わりますしね。柔らかさゆえ、ともすれば肩の力が抜けすぎるきらいがあるニットのアンサンブルも、これ一本で引き締まります。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

S.O.S fp 恵比寿本店 03-3461-4875
オメガお客様センター 03-5952-4400
ゴールディ アッシュ・ペー・フランス 03-5778-2022
シップスインフォメーションセンター 0120-444-099
スローン 03-6421-2603
トレメッツォ 03-5464-1158
PT ジャパン 03-5485-0058
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
ベル&ロス 銀座ブティック 03-6264-3989
リサウンド クロージング 06-6441-6061

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        大人のちょいカワイイは、休日こそ見せ場なんです! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト