• TOP
  • CARS
  • 【開運】Dr.コパが鑑定する! 2019年の“速くて軽い”ラッキーカー4選

2019.01.01

【開運】Dr.コパが鑑定する! 2019年の“速くて軽い”ラッキーカー4選

元号が変わる2019年は、風水的にも大きな節目。数十年に一度の変革が訪れる年こそ、積極果敢に攻める姿勢が吉ですが、それを後押ししてくれるのが“幸運を招くクルマ”なのですよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/平井敦貴、LEON.JP編集部

2019年10月1日からの消費税増税を前に、クルマの買い替えをご検討の方も多くいらっしゃるかと存じます。しかしどうせなら、幸運を呼び込むポイントを押さえたモデルで新しい年を駆け抜けてみるのもオツではないでしょうか。
 
元号が変わる2019年は、数十年に一度の新時代が到来します。風水学の第一人者、Dr.コパ氏によると、そんな年は「軽い」身のこなしで未来に向かってグイグイ突き進むことが風水的に運命を切り開くための秘訣だとか。よって、クルマも加速性能や足回りが良いモデルが最適と言えます。“軽やかさ”といった点において、比較的コンパクトなタイプを選ぶと良いでしょう。
 
ボディカラーも来年の幸運色、白または赤に揃えると、なおのことよし。レザーシートなど、内装がそれらの色であっても効果あり!ですよ。

■ Porsche 718 Cayman S

ダウンサイジングで走りの「軽さ」を実現

全長×全幅×全高:4385×1800×1295 エンジン:2.5L水平対向4気筒ターボエンジン 最大出力:257kW(350PS) 最大トルク:420Nm/6500rpm 価格:862万円〜/ポルシェ ジャパン(ポルシェ カスタマーケアセンター)
2016年に新しくなったポルシェのミッドシップ2シーター「ケイマンS」。前モデルの3.4L(6気筒)から2.5L(4気筒ターボ付き)へとダウンサイジングを図りながらも、よりパワフルなスペックアップを達成。これにより、驚くほどの走りの「軽さ」を実現させています。ボディ色はポルシェらしい「ガーズレッド(真っ赤!)」の他、スペシャルカラーとして「カーマインレッド」も選べます。クリーンな白系か、熱情的な赤系にすべきか、大いに悩みそうですね!
PAGE 2

■ Audi TT RS Coupé

グリップの効いた「軽やか」な走りが特徴

全長×全幅×全高:4190×1830×1370 エンジン:2.5L直列5気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャー 最大出力:294kW(400PS)/5850-7000rpm 最大トルク:480Nm/1700-5850rpm 価格:989万円〜/アウディ ジャパン(アウディ コミュニケーションセンター)
アウディが誇るスポーツクーペ「TT」。そのハイパフォーマンスモデルである「RS」は、4WDのシステムに5気筒のエンジンを積み、余裕のあるトルクを生み出します。これにより「速さ」はもちろんのことグリップの効いた「軽やか」な走行を実現。その小ぶりな見た目からは想像のつかないドライビング性能を保持します。赤系の開運カラーとしては「カタルーニャレッド メタリック」を用意しているので、2019年に乗るならこの色がオススメです。

■ Mercedes-Benz A-Class 180style

先進的な装備で街を「軽く」駆け抜ける

全長×全幅×全高:4436×1796×1423 エンジン:1.4L直列4気筒DOHCターボチャージャー付 最大出力:100kW(136PS)/5500rpm 最大トルク:200Nm/1460rpm 価格:369万円〜/メルセデス・ベンツ日本(メルセデス・コール)
2018年に発表され、大きな話題となったメルセデス・ベンツの新型Aクラス。その装備内容と異なるラインナップのひとつ、180styleは、リーズナブルな価格はもちろん、タッチ式の大型ディスプレイなど先進的な装備で人気を博しています。コンパクトなサイズにターボ付きの1.4L直列4気筒エンジンを搭載し、街を「軽く」駆け抜けていくのは本モデルならではの醍醐味。標準カラーは「ポーラーホワイト」と「ジュピターレッド」の2色を用意するので(※有償でメタリックカラーも可)、2019年を占う気分でお選びを!
PAGE 3

■ Peugeot 208GTi

「GTi」には「速くて軽い」という言葉が相応しい

全長×全幅×全高:3975×1740×1470 エンジン:1.6L直列4気筒DOHCターボチャージャー付 最大出力:153kw(208PS)/6000rpm 最大トルク:300Nm/3000rpm 価格:322万円〜/プジョー(プジョー コール)
コンパクトハッチバックの代名詞とも呼べるプジョー「208」。その走りの性能を高めたGTiは、「速くて軽い」という言葉がまさにぴったり。ショートホイールベースに1.6L直列ターボエンジンを積み、17インチホイールをセッティングした足回りは、街でも郊外でもそのドライビング性能を発揮します。さらに特別色の「リオハ・レッド」は艶のある大人っぽさも実現。今年の運気を上げていくのに、まさにぴったりなモデルです。

翼モチーフがエンブレムのクルマも狙い目!

元号が変わる節目の年では、「未来に向かって羽ばたく」という意味から「翼」がラッキーアイコンに。クルマのエンブレムでも、「ベントレー」や「アストンマーチン」「ミニクーパー」などが「翼」をモチーフにしていますね。ちなみにベントレーのエンブレムは自動車画家ゴードン・クロスビーがデザインしたもので、ちょっとした逸話があります。

当時、ベントレーはシャシーとエンジンのみをつくっており、ボディは専門のコーチビルダーが製作していたため、自社生産でない偽物が世に出回ってしまったそうです。その偽物と本物を識別するために、一見左右対称に見える羽の枚数を左右であえて変えたのだとか……。クルマ好きの心をくすぐるエピソードですね。

■ お問い合わせ

アウディ コミュニケーションセンター 0120-598-106
プジョー コール 0120-840-240
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
メルセデス・コール 0120-190-610

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL