• TOP
  • WATCHES
  • 【まとめ】絶対失敗しない、本格スポーツウォッチはコレ! オメガ、チューダー他

2018.10.28

【まとめ】絶対失敗しない、本格スポーツウォッチはコレ! オメガ、チューダー他

防水性の高いものが多く、扱いやすいスポーツウォッチ。スポーツをしない人にとっても、そのスタイリッシュなデザインは魅力的です。数ある中からオススメのモデルを厳選しました。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/福田 豊、広田雅将(クロノス日本版編集長)、長谷川 剛(Zeroyon)

「大人の時計はスポーティ」特集の中から、人気の高かったものをダイジェストでご紹介。第5弾ではスポーツウォッチの名作モデルをお送りします。

腕時計の名作はダイバーズにあり!

腕時計が懐中時計から進化した時に問題となったのが、腕に着けられることで激しい衝撃を受けるようになったこと。それまで文字どおり懐中に大切にしまわれていた時計が、身につけている間ずっと晒されるようになったわけですから。雨や埃も大きな問題でした。

その問題を克服したのがダイバーズウォッチ。深海という過酷な環境にも耐えうる性能を持ち、腕時計の完成形といえるでしょう。さらに、その機能に裏付けられたデザインは、水辺のみならず街使いにも馴染むため、ダイバーズにはファンが多いのです。そんなダイバーズの中から名作を厳選してご紹介します。

● オメガ 「シーマスター ダイバー300M」 

誕生25周年を機に、より高性能に進化

「オメガ シーマスター ダイバー 300M」自動巻き、SSケース(42mm)・ブレスレット、30気圧防水。52万円/オメガ(オメガお客様センター)
「オメガ シーマスター ダイバー 300M」自動巻き、SSケース(42mm)・ブレスレット、30気圧防水。52万円/オメガ(オメガお客様センター)
「シーマスター」の誕生は1948年。イギリス軍が第二次世界大戦時に開発を依頼した高防水の軍用時計を、民生用に改良して「シーマスター」と名付けたのがその最初です。そして1957年、さらに防水性能を向上させたオメガ初のダイバーズ「シーマスター 300」が誕生。モデル名のとおりに300mの防水性能を備えた高性能ダイバーズでした。

この「シーマスター ダイバー 300M」は、1993年に生まれた、さらなる進化版。1995年からジェームズ・ボンドが長年愛用していることでも有名です。こちらはその誕生25周年となる今年発表された最新作で、スイス連邦計量・認定局(METAS)の定めた8つの厳格な検査に合格し「マスター クロノメーター」と認定されています。

名作ダイバーズがもっと見たい方はこちら!

NEXT PAGE2/ 3

時計好きに支持され続けている幻のブランドが日本に上陸

日本上陸を果たしたチューダー、その実力やいかに?

「ブラックベイ」自動巻き、SSケース(41mm)、エイジドレザーストラップ、200m防水。33万円(予価)/チューダー(日本ロレックス)
長らく、一部の時計好きだけに知られていた「チューダー」が10月31日(水)に日本上陸を果たす。これは「ロレックス」のデュフュージョンブランドと思われがちだが、同社の創立者であるハンス・ウイルスドルフの「ロレックス」の技術と信頼性を盛り込んだ、先駆的な腕時計を創りたいという想いから誕生した。つまり、別ものなのである。

この続きが気になった方はこちら!

NEXT PAGE3/ 3

70年代復刻モデルにも注目が集まっています 

大人のスポーツ時計復刻モデル

ウォッチシーンにもトレンドがあるのご存知ですか? 今季は満を持して“セブンティーズ”が時計界を席巻。ポップにしてカラフル、かつキャッチーな存在感まで兼備する時計は、腕元を華やかに変えるパワーに満ちたもの。従来の時計では味わえないファッションコンシャスな秀逸モデルを、実力派ブランドからピックアップしました。

● ゾディアック 「グランドラリー」 

レーシングクロノの復活でヒートアップ確実!

「グランドラリー」クオーツ、SSケース(41.5mm)、レザーストラップ、10気圧防水。6万5000円/ゾディアック(フォッシル ジャパン)
1882年にスイス時計製造のメッカとも言えるル・ロックルに創業した時計工房をオリジンにもつ「ゾディアック」。古くは薄型の懐中時計に始まり、1930年代には耐震装置とスイス初となる自動巻き腕時計、1953年には当時画期的だった750m防水機能をもつ「ゾディアック シーウルフ」をリリースするなど、実力あるブランドとして現在に至っています。

そんな隠れた名門が今季、70年代風のクロノグラフを発表し、旋風を巻き起こしています。その名も「グランドラリー」は、1970年代に製作されたレーシングクロノをモチーフにデザインした復刻時計。Cライン風の楕円ケースにインパクトあるインデックスと、当時から採用しているオレンジのカラーリングを施しているのがポイントです。スポーツカーなどと組みあわせて楽しむことで、レトロな洒落感が際立つ新感覚の一本です。

復刻スポーツウォッチがもっと見たい方はこちら!
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

スウォッチ グループ ジャパン オメガお客様センター 03-5952-4400
フォッシル ジャパン 03-5992-4611
日本ロレックス 03-3216-5671

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

【完売別注】G-SHOCK×バーニーズが復活! コレ、最強かも!?
お洒落アイテムとしてのポテンシャルまで考慮して手に入れるのが、賢い大人の時計道です。旬なセンスを盛り込んだお店の別注時計こそ、今の気分と高いファッション性を備えた理想の一本。ありそうで無かったハイセンスな限定スポーツウォッチを、この機会に手に入れましょう!

【超注目】ロレックスの弟分「チューダー」が上陸! 買いか? プロが解説
2018年10月31日(水)に日本上陸を果たす「チューダー」。確かな性能と、他にはない遊び心のあるデザインを持つ、専門家も認める実用時計だ。

【検証】アップルウォッチ4は買い! 時計のプロは意外な視点から断言した!
機械式時計の専門家から見てApple Watch 4は"買い"なのか? Apple Watchを愛用する高級時計専門誌『クロノス日本版』編集長・広田雅将氏が、4で何が変わったのか? メリット、デメリットをすべて語る。

【プロが解説】絶対に損しない、超高級スポーツウォッチ5選。
雲上ブランドから数々の"ラグスポ時計"がリリースされる昨今。実際どのモデルが“買い”なのか? そこで、世界で圧倒的な支持を得る人気モデルの見どころを、3人のスペシャリストにうかがいました。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事