• TOP
  • WATCHES
  • 今、注目の【復刻】スポーツウォッチ5選。プロスペックスからチューダーまで厳選!

2018.10.27

今、注目の【復刻】スポーツウォッチ5選。プロスペックスからチューダーまで厳選!

ウォッチシーンにもトレンドがあるのご存知ですか? 今季は満を持して“セブンティーズ”が時計界を席巻。ポップにしてカラフル、かつキャッチーな存在感まで兼備する時計は、腕元を華やかに変えるパワーに満ちたもの。従来の時計では味わえないファッションコンシャスな秀逸モデルを、実力派ブランドからピックアップしました。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/長谷川 剛(Zeroyon)

腕元の個性が一気に強まる70's時計のデザインパワー

今季、時計シーンを賑わせているトレンドのひとつに“セブンティーズ・スタイル”が挙げられます。各年代において微妙な変遷はあるものの、1960年代までの時計はスイスを中心に作り上げられたクラシックな美観がデザインのベースになっていました。

しかし1970年代は新しいデザインコードが時計のシーンに加わったエポックメイキングな時代。ボールドなケース、太めのハンドやゴツめの立体的なインデックスに加え、オレンジに代表されるようなビビッドなカラーリングもセブンティーズを代表するデザインです。その流れは男性のスーツラペルがワイドになり、タイのノットが太くなったこととも絶妙にリンクしていました。

ステイタスの象徴だった時計が個性を匂わせるキャッチーなアクセサリーとして台頭してきた70'sという時代。昨今主流のスタンダードスタイルにエッジをつける小物として、70'sな時計はまさに最適な一本と言えるのです。

● セイコー 「プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル」 

世界初を飾った名作潜水時計がさらに進化

「プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル 1978 クオーツダイバーズ 復刻デザイン」クォーツ、TIケース(49.4mm)、ラバーストラップ、1000m飽和潜水用防水、24万円(世界限定1978本)/セイコー(セイコーウオッチお客様相談室)
セイコーの「プロスペックス」はダイビングやトレッキング、それにスポーツやアウトドアシーンに対応する本格機能を備えた注目のシリーズ。なかでもダイバーズはどれも名作揃い。こちらは、セイコーが世界に先駆け1978年に作りだしたクォーツ式600m飽和潜水用ダイバーズの復刻モデル。ブラックの中にゴールドを効かせた洒脱なデザインなど、オリジナルを忠実に踏襲しているのがポイントです。

防水機能は600から1000mへ、外装プロテクターもチタン・セラミックから、スチールの約7倍の硬度を誇るジルコニア・セラミックスを採用するなど、随所を現代的にバージョンアップさせています。

NEXT PAGE2/ 3

レトロモダンな色カタチと、納得の機能性

● オリス 「クロノリス デイト」 

使わにゃソン! 回転ベゼル式のタイマー機能

「クロノリス デイト」自動巻き、SSケース(39mm)、レザーストラップ、10気圧防水、19万6000円/オリス
実直なスイス製ウォッチをブレずに作り続けている名門の「オリス」。今季は約50年前にデビューを果し、コアなファンを獲得した「クロノリス」を再び復刻させ話題を集めています。オリジナルは70年代製らしく流線型のケースにブランド初となる自社開発ムーブメントを載せたスポーティなクロノグラフ。

そして満を持して発表した新生クロノリスは、セブンティーズ風の迫力あるスチールケースはそのままに、カラフルなオレンジの針やインデックスにあしらった、懐かしくも新鮮味あるデザインがポイントです。特に見逃せないのが4時位置のリュウズで調整するインナー回転ベゼル。ダイバーズのように時間の経過を計ったり、第二時間帯などの時刻の表示も可能です。100m防水機能も手伝って、アクティブに使える1本へとアップデートされています。

● ファーブル・ルーバ 「レイダー バシィ 120 メモデプス」 

独走的な潜水深度計を搭載した伝説ダイバーズ

「レイダー バシィ 120 メモデプス」手巻き、チタンケース(48mm)、ラバーストラップ、価格未定/ファーブル・ルーバ(スイスプライムブランズ)
アブラハム・ファーブル・ルーバによって1737年に設立された「ファーブル・ルーバ」は、世界で2番目に古い歴史を持つ時計ブランド。懐中時計の時代から多くのモデルをリリースしてきましたが、なかでも1968年にリリースした防水時計は世界中のダイバーを驚愕させるスペックでした。

浸透膜とセンター針を備え、正確な潜水深度計測(当時は50m)を可能とする世界初モデルの復刻版として、今季この「レイダー バシィ 120 メモデプス」が生みだされたのです。大振りの48mmケースはチタン製。その内部に潜水時の水を取り込み、"膜"を動かす水圧によって水深を表示するという独自機能が大きなポイントです。逆回転防止ベゼルや60時間のパワーリザーブといった本格機能も備え、防水性は200mに向上。新時代のダイバーズとして、正統進化を遂げた一本です。

NEXT PAGE3/ 3

時計好き垂涎の復刻モデルが日本上陸 

● チューダー 「ブラックベイ」 

幻のスーパーブランドがついに日本本格上陸

「ブラックベイ」自動巻き、SSケース(41mm)、ファブリックストラップ、200m防水、33万円(予価)/チューダー(日本ロレックス)
兄弟ブランドである「ロレックス」にも負けない人気を誇る「チューダー」。1970年代以前のブランドロゴにチューダー王朝の薔薇が使われていたことから、時計好きの間では"デカバラ(デカ薔薇)""チビバラ(チビ薔薇)"との愛称で親しまれていました。そんな幻のブランドが、ついに日本本格上陸を果します。

特に注目を集めているのが「ブラックベイ」。60年以上にわたる、「チューダー」のダイバーズウォッチの歴史が継承され、今もなお進化し続けるブランドを代表するモデルです。堅牢なスチールケースにスノーフレーク針(通称イカ針)やマットな質感の逆回転防止ベゼルをあしらった、通好みのデザインはしっかり踏襲。さらには、パワーリザーブ約70時間を誇る自社製ムーブメント「MT5602」を搭載しているのもポイントです。ちなみにムーブメントの"MT"は"マニュファクチュール・チューダー"を意味し、C.O.S.C.認定の高精度機械が搭載されているのです。しかも防水性は納得の200m。これは絶対に見逃せません。

● ゾディアック 「グランドラリー」 

レーシングクロノの復活でヒートアップ確実!

「グランドラリー」クオーツ、SSケース(41.5mm)、レザーストラップ、10気圧防水。6万5000円/ゾディアック(フォッシル ジャパン)
1882年にスイス時計製造のメッカとも言えるル・ロックルに創業した時計工房をオリジンに持つ「ゾディアック」。古くは薄型の懐中時計に始まり、1930年代には耐震装置とスイス初となる自動巻き腕時計、1953年には当時画期的だった750m防水機能を持つ「ゾディアック シーウルフ」をリリースするなど、実力あるブランドとして現在に至っています。

そんな隠れた名門が今季、70年代風のクロノグラフを発表し、旋風を巻き起こしています。その名も「グランドラリー」は、1970年代に製作されたレーシングクロノをモチーフにデザインした復刻時計。Cライン風の楕円ケースにインパクトあるインデックスと、当時から採用しているオレンジのカラーリングを施しているのがポイントです。スポーツカーなどと組みあわせて楽しむことで、レトロな洒落感が際立つ新感覚の一本です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

オリス 03-6260-6876
スイスプライムブランズ 03-4360-8669 
セイコーウオッチお客様相談室 0120-061-012
フォッシル ジャパン 03-5992-4611
日本ロレックス 03-3216-5671

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事