• TOP
  • WATCHES
  • 【名作腕時計】なぜ、タグ・ホイヤー「カレラ」は生まれたのか?

2021.07.24

Vol.08

【名作腕時計】なぜ、タグ・ホイヤー「カレラ」は生まれたのか?

数多の時計の中でも「名作」と呼ばれるモデルを、時計のプロが語ります。第8回目はモータースポーツウォッチの雄「タグ・ホイヤー」の『カレラ』です。パフォーマンスを追求して作られたその誕生エピソードをどうぞ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/福田 豊 

星の数ほどある腕時計のなかで、「名作」と呼ばれるモデルは何が違うのか? 時計のプロがその魅力を語ります。あなたの「時」を豊かにする、理想の一本との出合いを、ぜひ──。

モータースポーツと歩みをともにする「カレラ」の魅力

スポーツウォッチの名門として知られる「タグ・ホイヤー」。実は、現在の「TAG HEUER」というブランド名になったのは1985年から。それ以前は「TAG」のない「HEUER」=「ホイヤー」という名前でした。

前身である「ホイヤー」が創業したのは1860年。創業当初から「時間を計測すること」に着目し、ストップウォッチやクロノグラフの開発に心血を注いでいました。1889年にはパリ万国博覧会でスプリットセコンドクロノグラフ搭載の懐中時計を出品し、銀メダルを受賞。1916年には他に先駈けて1/100秒計測可能のストップウォッチ「マイクログラフ」と「マイクロスプリット」を開発。

その革新的な技術と精度が認められ、1920年のアントワープ大会から3回連続でオリンピックの公式計時を担当するなど、次々と名声を獲得しました。タグ・ホイヤーはホイヤーの時代から、まさにスポーツウォッチの名門として世界に知られる存在だったのです。

モータースポーツウォッチの名作「カレラ」の3つのポイント
(1)タグ・ホイヤーとモータースポーツの親密な関係から誕生
(2)トップレーサーが愛した確かな視認性
(3)タグ・ホイヤーとポルシェの新たなコラボレーション
PAGE 2

(1)タグ・ホイヤーとモータースポーツの親密な関係から誕生

「ホイヤー」の名声をさらに大きく高めたのが、モータースポーツとの密接な関係。自動車の普及と進化にいち早く着目し、そのスピードの計時に傾注したのも特別でした。
▲ 1958年に発表されたダッシュボードタイマー「ラリーマスター」。
1911年に自動車・航空機用ダッシュボードクロノグラフ「タイム・オブ・トリップ」を発売。1933年にはストップウォッチ「オウタヴィア」と、8日間巻きクロックを2つ並べたレースカー用ダッシュボードタイマー「エルビュー」を発表しました。「ホイヤー」の快進撃はまだまだ続き、1958年に当時人気が拡大していたラリー用のダッシュボードタイマー「ラリーマスター」を発表し、1966年にはついに1/1000秒の計測を可能とする世界初の小型電子スポーツタイマー「マイクロタイマー」を完成させました。この先進の技術により、F1グランプリを初めとする高速スピードの計時をほぼ独占したのです。

そしてそんな中で誕生したのが、モータースポーツウォッチの歴史的名作カレラです。
▲ 1963年に発表された初代カレラ。
カレラの誕生は、1963年。ちなみに、その誕生は長らく1964年とされていました。それが1963年と改められたのは、つい最近の2018年頃のこと。スイス本社のアーカイブを整理していたところ、1963年の新聞に「カレラ」の広告が掲載されていたのを発見。さらに調査した結果、カレラが1963年に誕生していたことがわかったのです。

閑話休題。

カレラを作ったのは創業家4代目で、現在の名誉顧問である、ジャック・ホイヤー氏。モデル名は1950年代の伝説的な公道レース「ラ・カレラ・パンアメリカーナ・メキシコ」(ラ・カレラ パナメリカーナ メヒコ)から採られたものです。

当時、「ホイヤー」はアメリカのセブリング24時間レースの公式計時を担当していました。そのレース中に、ジャック・ホイヤー氏はラ・カレラ・パンアメリカーナ・メキシコのことを耳にしたそうです。同レースは3000kmを超える長距離に加え、ヒルクライムやハイスピードコーナーなど難コースが連続するハードなもの。F1チャンピオンらも参戦する人気レースでしたが、あまりの過酷さに死傷事故が多発、わずか5回の開催で1954年に幕を閉じました。

ジャック・ホイヤー氏は、その「カレラ」という名前に魅了されます。ジャック・ホイヤー氏の自伝『THE TIMES OF MY LIFE』にはこんな風に書かれています。

“カレラ”とはスペイン語で「レース」の意味。しかしそれ以外にも「キャリア」や「道」「コース」などさまざまな意味がある。そしてそれらはすべてホイヤーにとって大切なものである。そこでスイスに戻るとすぐに「ホイヤー カレラ」を商標登録。次につくる時計は“カレラ”と呼ぶべきだと考えた、と。
PAGE 3

(2)トップレーサーが愛した確かな視認性

1963年に誕生したカレラの大きな特徴は、視認性に配慮したクリアなダイヤルのデザインです。その理由が、前出の『THE TIMES OF MY LIFE』には、こう書かれています。

ジャック・ホイヤー氏は、1958年に「ホイヤー」に入社。同年、2つのラリーに参加します。最初のラリーではドライバーを務め善戦。2戦目でジャック・ホイヤー氏はボーイスカウト時代に培った地図読みという特技があったため、副操縦士の役割を担当しました。ラリーは順調に進んだものの、終盤にストップウォッチ「オータヴィア」のダイヤルを1分単位で読み間違え、その結果1位から3位へ降格してしまったそう。

そこでジャック・ホイヤー氏は激怒するとともに「オータヴィア」のダイヤルが見難いことに気付き、そしてより視認性に富んだダッシュボードストップウォッチの名作「モンテカルロ」を作ったのです。
▲ カレラのダイヤルデザインを生むきっかけとなったストップウォッチ「オータヴィア」。
カレラは、そうしたジャック・ホイヤー氏の経験から生まれたもの。見やすくクリーンなダイヤルは、レース中の振動を受けても時間を確認しやすくするため。まさに、モータースポーツのために考案されたものなのです。

そして実際、「カレラ」はその優れた性能と機能性がレーシングドライバーたちの人気を集めることになります。わけてもニキ・ラウダやジル・ヴィルヌーブといったトップレーサーに愛用されたことが“伝説”となったのです。
カレラ誕生160周年を記念し、オリジナルを忠実に再現した限定モデル。「タグ・ホイヤー カレラ 160周年 シルバー ダイヤル リミテッドエディション」自動巻き、SSケース(39mm)、アリゲーター。100m防水。76万4500円/タグ・ホイヤー(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー)
ところで、恐らくはこの2つのラリーに出場したという自伝の記述を参考にしたようなのですが、以前読んだ某記事に、ジャック・ホイヤー氏を「元レーサー」と書いたものがあったんですね。自らレーサーでもあったジャック・ホイヤーはレースでの経験を注ぎ込み……なぁんて。

でも、ジャック・ホイヤー氏はラリーに参加していたものの、プロのレーサーだったなんて聞いたことがない。本人だってビックリするんじゃないかしら。ということで、トンデモ記事には、ご注意を。
PAGE 4

(3)タグ・ホイヤーとポルシェの新たなコラボレーション

さて、“カレラ”と聞いてもうひとつ思い浮かぶのが「ポルシェ」でしょう。「ポルシェ」にもラ・カレラ・パンアメリカーナ・メキシコに由来するカレラの名を冠したモデルがあるように、「タグ・ホイヤー」とポルシェは古くから深い関わりがあり、ポルシェのレースチームをタグ・ホイヤーがスポンサードするなどこれまで様々なパートナーシップが築かれてきました。
中でも、1971年の映画『栄光のル・マン』で、スティーブ・マックイーン演じるガルフポルシェチームのドライバーのレーシングスーツに「タグ・ホイヤー」(当時は「ホイヤー」)のロゴが付けられていたのは有名なこと。あれは実際にガルフポルシェチームのドライバーであったジョー・シフェールを「ホイヤー」がスポンサードしていたため、マックイーンが「彼と同じレーシングスーツを着たい」と希望したのでした。

そんな長い関係がありつつも、実はこれまでタグ・ホイヤーとポルシェのパートナーシップの時計はつくられたことはなく、2021年のタグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ ポルシェスペシャルエディションが記念すべき初モデルとなったのです。
べゼルに赤く「ポルシェ」のロゴが刻印されているのが、目を引く特徴。ダイヤルのアラビア数字のインデックスが「ポルシェ」のダッシュボードの数字と同じフォントにされているのも、ファンなら一目瞭然のチャームポイントでしょう。

ケースバックに覗く自動巻きのローターも、「ポルシェ」のステアリングホイール=ハンドルのデザインに。独特のダイヤルは、レーシングコールのアスファルトを模したものです。そして何より、こんなスペシャルなモデルが限定ではないのが素晴らしい。

なお、「タグ・ホイヤー」と「ポルシェ」のパートナーシップは今後も続くそう。新たな蜜月を、我々ファンも楽しませてもらいましょう。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 03-5635-7054

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【名作腕時計】なぜ、タグ・ホイヤー「カレラ」は生まれたのか? | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト