2021.01.18

いまこそ時計選びは「クラテック」!?

感度の高い方なら、昨今はクラシックなスーツからハイテク系ウエアまで、TPOに合わせた装いを楽しんでいることでしょう。それは、時計選びにおいても同様。クラシックとハイテクの双方の魅力を知り、付けこなすことで、あらゆるシーンで差を付けられるのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/坂井辰翁 ヘアメイク/古川 純 文/篠田哲生

どっちがいい?じゃなくて両方いいんです

いまやスマホは必携の時代ですが、それでも時計に心が惹かれるのは歴史と伝統を受け次ぐ一方で、さまざまな進化も遂げているから。つまりそこには“伝統”と"革新"があるのですね。

でもこの考え方って実はとっても普通のこと。平日はクラシックなスーツを着て仕事をして休日にはハイテク素材のウエアでゴルフを楽しんでいたりしますよね。歴史の価値も大切ですが、そればっかりじゃ感性も古くなってしまいます。新しいスタイルだって理解して、新旧を同列で楽しむことがすなわちクラシック+ハイテク=「クラテック」ということ。

歳をとると、どうしても頑固になったり、考えが偏ったりするけれどオヤジの時計選びはクラシックもハイテクも自由に行き来したいところ。2種類の時計の魅力を理解して楽しく付けることでリベラルでアクティブなオヤジさんに魅せることができるのですからね。
PAGE 2

時計次第で人生もきっと楽しくなる⁉

▲ 左●「RM 61-01 ヨハン・ブレイクアルティメット エディション」手巻き、カーボンTPT®ケース(50.23×40.7㎜)、ラバーストラップ。世界限定150本。1730万円/リシャール・ミル(リシャールミルジャパン)、右●「5270 - グランド・コンプリケーション」手巻き、18KYGケース(41㎜)、アリゲーターストラップ。1841万円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)、タイ1万7000円/フランチェスコ・マリーノ(ビームス 六本木ヒルズ)、メガネ2万6000円/アイヴァン(アイヴァン PR)
このように貫禄のあるクラシックなドレスウォッチと、軽快さを感じさせるハイテクなラグスポウォッチといった相反する2本の魅力を理解していれば、きっとライフスタイルの幅も広がるはず。その際のTPOに合わせて時計を選ぶのも、大人には必要なのですよ。
PAGE 3

例えばクラシックなら……

歴史の深さを楽しむ極上ウォッチ▶「パテック フィリップ」

▲ 「5270 - グランド・コンプリケーション」手巻き、18KYGケース(41㎜)、アリゲーターストラップ。1841万円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)
1941年から続く永久カレンダー搭載クロノグラフの伝統を継承。『5270』初となるイエローゴールドモデルが誕生しました。複雑機構をバランス良く配置し、エレガントな雰囲気に。裏蓋側からは丁寧に仕上げたムーブメントを鑑賞できます。
PAGE 4

例えばハイテクなら……

ハイテク素材が生み出す究極の快適さ▶「リシャール・ミル」

▲ 「RM 61-01 ヨハン・ブレイクアルティメット エディション」手巻き、カーボンTPT®ケース(50.23×40.7㎜)、ラバーストラップ。世界限定150本。1730万円/リシャール・ミル(リシャールミルジャパン)
ジャマイカ出身のスプリンター、ヨハン・ブレイクとのコラボレーションモデル。ハイテク素材のケースにグレード5チタン製のムーブメントを組み合わせることで、圧倒的に軽く、強靭な時計と相成りました。クオーツTPT®ならではの模様も印象的。

それでは、クラシック、ハイテク、それぞれの銘品をご紹介していきましょう。

◆クラシック編はこちら!

◆ハイテク編はこちら!

2021年1月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン PR 03-6450-5300
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109
ビームス 六本木ヒルズ(ドレスフロア) 03-5775-1623
リシャールミルジャパン 03-5511-1555

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL