• TOP
  • WATCHES
  • 茶黒時計ならハイテクなのにちょいクラシコ

2016.02.11

茶黒時計ならハイテクなのにちょいクラシコ

CATEGORIES :
ケースもダイヤルもブラックで統一しタフで精悍な雰囲気を際立たせるオールブラックやストラップまで白で統一するオールホワイトなど一色モノが人気を集めてきた昨今。

ですがここにきて目立ちはじめたのはブラック×ブラウンの組み合わせ。ファッション的にも注目すべきカラーリングが時計業界にも浸透してきた模様です。

Panerai [パネライ]

PAM617 ルミノール 1950 スリーデイズ チタニオ DLC-47㎜/136万円

伝統のスタイルを活かした一本/左●軽くて頑強、しかも錆びないチタン素材の表面に、ダイヤモンドと同等の硬さの被膜を作るDLC処理を行った。1950年代に考案されたクラシックなケースもモダンに見せている。手巻き、ブラックDLCコートチタンケース(47㎜)、カーフストラップ。世界限定300本/パネライ(オフィチーネ パネライ)右●ルーツを大切にするパネライは、細部までクラシックスタイルを守り抜きます。例えば風防ガラスはドーム型を採用。この味わいが個性です。
機械式時計の基本設計は、もう20‌0年も変わっていない。にもかかわらず、機械式時計の魅力が衰えないのは、高精度ムーブメントやデザイン、カラーリングで新たな価値を提案してきたから。

その一例がブラックケース。ブラックセラミック素材や表面処理を行うことで強固なケースを作るのがそもそもの目的でした。

ですがブラックケースが人気を集めたのは、タフで傷つきにくいという実用面だけでなく、それが時計史の正統派のひとつだったから。

20世紀初頭に誕生した飛行機に搭載されていたコックピット用航空計器は名だたる時計メーカーが制作し、ケースはブラックで塗装されていました。

つまり黒い時計には“高精度”“実用性”“頑強”などのポジティブなイメージがあったのです。それが現代の腕時計にも投影されたという訳。ゆえにブラックケースの時計は、パネライを筆頭に“ミリタリー由来”のモデルが多いのです。

しかしここにきて、ブラックだけでなく、王道色ブラウンを加えるモデルが登場。マットブラックの力強さとブラウンの落ち着いた雰囲気の融合は、ほどよくクラシカルでお洒落。ファッションとの相性も、抜群なんですね。

Panerai [パネライ]

PAM629 ルミノール 1950 スリーデイズ チタニオ DLC-47㎜/136万円

これもひとつの伝統スタイル/ローマン数字、アラビア数字、バーインデックスとを巧みに融合した“カリフォルニアダイヤル”を使用する限定モデル。2針のシンプルさが際立った個性派モデルである。手巻き、ブラックDLCコートチタンケース(47㎜)、カーフストラップ。世界限定300本/パネライ(オフィチーネ パネライ)

NEXT PAGE2/ 3

ファッションでも注目のカラーリングです

ファッションでも注目のカラーリングです

イタオヤはいつでも派手好み、という訳ではありません。時にはシックにまとめる日もある。そんな時に好まれるのが「ブラック」と「ブラウン」の組み合わせ。

どちらも基本色なので、コーディネートしやすく、最高にシックな雰囲気が生まれるんです。
左●大人カジュアルの完成/ブラウンのレザーブルゾンをブラックのスラックスで締めることで大人っぽく。ブルゾン17万円/ヴァッツォレール(トレメッツォ)、ポロシャツ1万6000円/ギ ローバー(ビームス ハウス 丸の内)、靴4万6000円/ソロヴィエール(インターナショナルギャラリー ビームス)、パンツ3万2000円/ヴィガーノ(エスディーアイ)、ベルト2万3000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、サングラス3万2000円/ペルソール(オブジェ・イースト)
中●スポーティミックスにも好適/全身黒でまとめるとスポーティすぎる時は、ブラウンをはさむとリッチな感じが醸せます。このバランスがポイントです。ブルゾン1万3000円/ケーウェイ(ワイエスインターナショナル)、ダウンベスト4万5000円/ヘルノ、パンツ2万円/エストネーション(ともにエストネーション)、カットソー1万3000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、靴4万8000円/ハイドロゲン(三喜商事)
右●ドレスアップがシックに/明るめのブラウンスーツに対して、インナーやシューズをブラック系にすることで、こなれた雰囲気が完成するんです。スーツ11万円/ブリッラ ペル イル グスト、ベルト2万2000円/オルチアーニ(ともにビームス ハウス 丸の内)、カットソー1万円、チーフ7800円/ともにデザインワークス、靴5万4000円/フェランテ×デザインワークス(すべてデザインワークス ドゥ・コート銀座店)、メガネ3万5000円/オリバー ゴールドスミス(オブジェ・イースト)

世界のお洒落オヤジも大好物の色味なんです

おなじみのイタオヤスナップでも、注目するべきこの配色。茶色は合わせ方次第ではオッサン臭くなりがちですが、黒を効かせてシルエットをタイトにまとめることでモダンにアップデイトしています。

むしろディテールが重要です/野暮ったくなりがちな色目なのでシルエットや髪型をタイトにすることで今な感じが漂うのです。

手前味噌ですが……

昨年発売のLEON10月号でも、「黒」×「茶」のコーディネートを取り上げています。同企画ではレザージャケットやスーツ、そしてカジュアルと、どんなスタイルであってもシックにまとまるという非常に使い勝手の良い配色であることを解説。高級時計とのコーデも相性良好でした。写真/前田 晃

NEXT PAGE3/ 3

茶黒といえどいろいろございます

茶黒といえどいろいろございます

定番色の組み合わせゆえに、スタイルが多彩なのもこの「茶黒時計」の特長。表面処理技術や新素材の導入によって、色の幅が広がっているのでお好みの組み合わせを見つける楽しさがあるんです。

Bulgari [ブルガリ]

ディアゴノ マグネシウム/46万5000円

定番モデルに新展開/加工が難しいマグネシウムと特殊ポリマーPEEKを組み合わせたケース。スポーツウォッチとしてトップクラスの軽さゆえ、付け心地も良好。ラッカー仕上げの塗装を施したブラウンダイヤル&ケースがセラミック製ベゼルと好相性です。自動巻き、マグネシウム&PEEKケース(41㎜)、ラバーストラップ/ブルガリ(ブルガリ ジャパン)

Cvstos [クストス]

チャレンジ ギュスターヴ エッフェル/192万6000円

文化遺産の姿を時計に封じ込める/パリのシンボル、エッフェル塔を設計した天才技師エッフェルへのオマージュを込めた。ケースに肉抜き加工を施して鉄骨を表現し、ブロンズPVD処理で色合いも再現。自動巻き、SS×ブロンズPVDケース(53.7×41㎜)、アリゲーターストラップ(写真のストラップは別売り7万6000円)/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)

Breitling [ブライトリング]

エアロスペース エヴォ ナイトミッション/60万円

航空計器をそのまま腕に/アナログ指針とふたつのデジタル表示部を備える航空計器として定評のあるロングセラーの特別仕様。ケースにブラックコーティングを施した精悍な顔を、ストラップでカジュアルに。クオーツ、ブラックチタンケース(43㎜)、ミリタリーストラップ/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)

Ralph Lauren [ラルフ ローレン]

RLオートモーティブ ウッドベゼル/136万5000円

クルマ×時計という優雅なライフスタイル/ラルフ・ローレン氏の愛車のステアリングをイメージしたインド紫檀製ベゼル。ラグがマットなガンメタ仕上げなのでモダンな印象に。ほかブランドでは真似できない。手巻き、ブラックガンメタル仕上げのSSケース(45㎜)、アリゲーターストラップ/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 表参道)
写真/静物・渡辺修身、スナップ・木村金太
スタイリング/吉野 誠
文/篠田哲生
協力/アフロ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事