• TOP
  • WATCHES
  • タダのクラシックじゃない! 今どきドレスウォッチはコレ

2022.01.02

いま! 時計選びはアイコニックな「モテる顔」 ドレスウォッチ編 2

タダのクラシックじゃない! 今どきドレスウォッチはコレ

ウォッチメイキングは伝統を受け継ぎながら、着実に前進を続けています。いま、一見クラシックなモデルにも現代のエッセンスが巧みに取り込まれているのです。そんなモダンクラシコな腕時計を紹介します。

CREDIT :

写真/星 武志(estrellas) スタイリング/石川英治(tablerockstudio) 文/柴田充

モダンとクラシック。一見すると二律背反のキーワードですがそれこそがいまの時計の潮流なのです。伝統的な顔にも先進性が漂う、そんなタイムピースに惹かれます。

そもそも時計自体が過去と現在、未来を連綿とつなぐ存在なのですから(その1はこちら)。

◆ カルティエ

「艶ありタンク」でオヤジよ、色気づけ

品行と品性。これにこだわったのが映画監督の小津安二郎です。品性下劣を嫌い、劇中では「品行は直せても、品性は直らない」という台詞を書き、俳優にも演技の上手下手以上に本人の品性を求めたといいます。

それに通じる品性を、「カルティエ」のタンクは漂わせます。1917年に誕生し、それまで主流だったラウンドケースに対し、レクタンギュラーケースの金字塔となりました。戦車から着想を得た独自のフォルムは当時のモダンであると同時に、戦禍からパリを解放した自由の象徴でもあったのです。

そんな出自だからこそ、役者のように時代のスタイルを纏っても品性は変わりません。鮮やかなカラーで彩った新作は、腕元に艶を与えてくれます。派手さをひけらかすのではなく、落ち着いた色気ある佇まいが、オヤジの粋と品性を物語ります。
PAGE 2

時代を超越する品性を彩る2色の新作

▲ 「タンク ルイ カルティエ」手巻き、上●18KYGケース・左●18KPGケース(33.7×25.5mm)、アリゲーターストラップ。各163万6800円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)
初代の登場から1922年にルイ・カルティエがデザインを刷新し、伸ばした縦枠は細くなり、角は丸みを帯びる。

新作はメゾンのキーカラーのボルドーとドレッシーなネイビーを採用。スタイルをエレガントに彩ります。
PAGE 3

◆ ショパール 

「エレガントな引き算」で鼻筋通った役者顔

クラシコ顔で思い浮かぶのが、歌舞伎役者です。浮世絵の大首絵に描かれるような美白肌に鋭い眼光、キッと結んだ口元、そして整った鼻筋に伝統の様式美が息づく。

そんな普遍的な役者顔を感じさせるのが「ショパール」のLUC クアトロ スピリット 25なのです。ブランド初のジャンピングアワーを搭載し、最小限に抑えた時表示の小窓と分針を、気品溢れる端正なグランフーエナメルの白文字盤に備えます。

クロノグラフに代表されるメカニカルな多針とは対照的で、それはまさに引き算の美学。それでいてレイルウェイやメーターのような2桁表示の数字はスピードメーターのようなスポーティ感にも溢れます。

洗練のスタイルにエレガントな男らしさを醸し出すそんなモダンクラシコ顔に、思わず「よっ!千両役者」なんて声もかけたくなりますよね。

独自の美学を技術と未来への責任に

▲ 「L.U.C クアトロ スピリット 25」手巻き、18Kエシカルゴールドケース(40mm)、アリゲーターストラップ。50m防水。世界限定100本。562万1000円/ショパール(ショパール ジャパン プレス)
ショパール マニュファクチュール設立25周年を記念し、品格あるデザインにジュネーブシール認定の自社ムーブメントL.U.C 98.06-Lを搭載。

エシカルゴールドはトレーサビリティを明確化し、次世代にサスティナブルな価値をつなげます。

二組の積載式二重香箱を搭載した唯一無二のショパール クアトロ テクノロジーを搭載し、時表示ディスクの回転に大きなトルクを要するにもかかわらず、最長8日間のロングパワーリザーブを備えます。美しい仕上げも魅力です。

PAGE 4

◆ オーデマ ピゲ 

「スモーキーな新定番」は横顔も格好いい

対称に見えても、人間の顔にはわずかな左右差があり、右脳と左脳の働きによって表情にも左右の違いが生まれるといわれます。特に感情を司る右脳によって左側にそれが表れやすいとか。

肖像画やポートレートに斜めのポーズが多いのも、ただ立体感を出すだけでなく、感情豊かに表現する効果があるのだそう。

「オーデマ ピゲ」のCODE 11.59の新作モデルも、そんな横顔自慢な一本です。正面から見ればベーシックなラウンドケースも、横からは未来的なフレームラグと多層構造が一目瞭然となり、八角形ミドルケースはセラミックを採用し、PGとのコントラストも映えます。

さらにダブルカーブの風防もユニークな収差を生み、美しいスモークグレーダイヤルを演出します。横顔にも気を抜かず、まさに360度全方位にモダンクラシコな個性が際立つのです。

その真価に創造性と話題は尽きません

▲ 「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ」自動巻き、18KPG×セラミックケース(41mm)、ラバーストラップ。30m防水。533万5000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
いまや新たなブランドアイコンとなった人気モデルは、新作では独創的なケース構造を活かしてセラミックを採用。

さらに文字盤を“クリエイティビティのキャンバス”と位置付け、繊細なサンバーストのスモークグレーで仕上げ、カラーダイヤルの新機軸を開きました。
2022年1月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757
ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        タダのクラシックじゃない! 今どきドレスウォッチはコレ | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト