• TOP
  • WATCHES
  • 100年愛せる腕時計。一歩先行く「モダンクラシコ顔」

2022.01.01

いま! 時計選びはアイコニックな「モテる顔」 ドレスウォッチ編 1

100年愛せる腕時計。一歩先行く「モダンクラシコ顔」

ウォッチメイキングは伝統を受け継ぎながら、着実に前進を続けています。いま、一見クラシックなモデルにも現代のエッセンスが巧みに取り込まれているのです。そんなモダンクラシコな腕時計を紹介します。

CREDIT :

写真/人物・渡辺修身、静物星 武志(estrellas) スタイリング/人物・久 修一郎、静物・石川英治(tablerockstudio) ヘアメイク/古川 純 文/柴田充

モダンとクラシック。一見すると二律背反のキーワードですがそれこそがいまの時計の潮流なのです。伝統的な顔にも先進性が漂う、そんなタイムピースに惹かれます。

そもそも時計自体が過去と現在、未来を連綿とつなぐ存在なのですから。

◆ ヴァシュロン・コンスタンタン

100年愛せるその顔は遊び心がたっぷりです

長い歴史を誇る時計において、100年という歳月は長いものではありません。とはいえ、人間にとっては長尺です。時の移り変わりに、社会や生活だって様変わりしてしまいます。

「ヴァシュロン・コンスタンタン」のヒストリーク・アメリカン 1920の初代オリジナルは、そんな100年前に誕生しました。優美なクッションケースに傾けられた文字盤は、ドライブ中でも時間が読み取れるように作られたもの。狂騒の1920年代を駆け抜けた、華やかなりしモータリゼーションの象徴だったのです。

これを手にした当時のオヤジはモダニティを陶然と味わったに違いありません。そんな時を超越した憧憬と革新が息づくからこそ、その魅力は色褪せるどころかむしろ天然色に彩ります。

往時の輝きが生き生きと蘇る、まさに腕元のタイムマシンになるのです。
▲ ドレスアップの着こなしにも遊び心を。2針+スモールセコンド顔は、ドレスウォッチの基本を崩すことなく、大人のアバンギャルドが漂います。そんな腕元に合わせるなら、ドレスアップのジャケットもドレスコードを守りつつ、ブラックやネイビーではなく、あえてブラウンを選び、インナーもタートルネックニットで遊び心を発揮するのも手なのです。
男性●時計は左ページの左と同じ。タキシード24万2000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店)、ニット1万8700円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 女性●時計は左ページの右と同じ。そのほかはスタイリスト私物
PAGE 2

バリエーションも充実しペアウォッチにもオススメ

▲ 「ヒストリーク・アメリカン1921」右●手巻き、18KWGケース(36.5mm)、カーフストラップ(ブラウンとバーガンディのカーフストラップが付属)。3気圧防水。360万8000円、左●手巻き、18KWGケース(40mm)、カーフストラップ(ブラウンとバーガンディのカーフストラップが付属)。3気圧防水。435万6000円/ともにヴァシュロン・コンスタンタン
2009年にPGで復刻され、2016年にPt、翌年には36.5mm径が登場し、そして今年WGが加わり、そのバリエーションが増えました。レイルウェイのミニッツトラックに、伝統的なアラビア数字と指針も魅力的です。
PAGE 3

◆ パテック フィリップ 

モードな「クルドパリ」が帰ってきた!

男性にとって装飾とは本来、華やかさというよりも孤高の精神の象徴でした。かつて騎士や軍人がそうであったように。「パテック フィリップ」のカラトラバ 6119のベゼルのクルドパリ装飾は、そのことを改めて教えてくれます。

1932年にカラトラバの始祖として誕生した96モデルに続き、2年後にD仕様として登場。Dはデコール(装飾)を意味し、96が追求したバウハウスのミニマリズムとの対極に位置したのです。両者があったからこそ、カラトラバは名作モデルになり得たともいえるでしょう。

この数年は採用も限定的でしたが、ムーブメントの刷新という大きな節目を飾り、復活を遂げたのも象徴的です。そしてクルドパリで囲われたブラックダイヤルは、まるでレザーのライダーズを思わせます。そんな反骨のモード感が気高きオヤジを飾ります。

次世代のブランドの顔がついに誕生

▲ 「カラトラバ 6119」手巻き、18KWGケース(39mm)、アリゲーターストラップ。3気圧防水。339万9000円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)
機械式時計の根幹でもある手巻き式ムーブメントを新たに開発し、ブランドを代表するカラトラバモデルに搭載しました。従来の36mmから大径化したケースはより存在感に溢れ、スモールセコンドも絶妙な配置になりました。

新開発のキャリバー30-255 PSは、ふたつの香箱を備え、約65時間の持続時間と高振動4Hzで高い歩度を実現しました。美しい受けの構成は歯車や機能は個別の受けをもつという原則に従います。

その2はこちら
2022年1月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109
ポール・スチュアート 青山本店 03-6384-5763
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        100年愛せる腕時計。一歩先行く「モダンクラシコ顔」 | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト