• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 京都に誕生した噂のラグジュアリーホテル「ROKU KYOTO」に泊まってみた

2021.11.28

京都に誕生した噂のラグジュアリーホテル「ROKU KYOTO」に泊まってみた

京都洛北、鷹峯三山が目の前に迫る山深き絶景の地にオープンした「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」。ヒルトンのアジア太平洋地域初進出となるラグジュアリーブランドホテルというだけあって、象徴的な北山杉がすくっと立つ車寄せから、もうただならぬ雰囲気が漂っています。

CREDIT :

文/小野アムスデン道子

▲ 京都の奥深く約7000坪に114室、屋外にサーマルプールも備えた至高のリゾート。
世界遺産の金閣寺、茶室や石庭で有名な大徳寺なども近い京都・洛北の地に2021年9月16日にオープンした「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(以下ROKU KYOTO )」。「LXR ホテルズ&リゾーツ 」はヒルトンのラグジュアリーブランドで、アジア太平洋地域初進出、かつ世界でここを含めて9軒しかないという至高のリゾートホテルです。

その立地は西陣の染匠“ しょうざん”が築いた約3万5000坪の広大な庭園“しょうざんリゾート京都”の一角、南エリアに位置し、敷地は約7000坪もあるといいます。
この地は江戸時代のマルチアーティストである本阿弥光悦が徳川家康から与えられて、美術・工芸分野の多くの芸術家を集め芸術村を築き上げた地でもあり、俵屋宗達など「琳派」発祥の地とも言われています。敷地内には天神川が流れ、豊臣秀吉の京を守る御土居に隣接した自然の特別な“気”を感じる場所です。

天神川は紙屋川とも呼ばれ、平安時代には川のほとりで紙を漉いた紙座があったそう。ホテル名の「ROKU」は紙を漉く「漉(ろく)」という言葉に由来するとか。
▲ エントランス入ってすぐ。一枚の対称美の絵を見るよう。
PAGE 2
そんなバックグラウンドを受けて、鷹ヶ峰、鷲ヶ峰、天ヶ峰の三座を総称した鷹峯三山を借景に、一つの絵のように美しい景観を描く中庭や水盤、京都の粋を感じさせる意匠や伝統工芸を活かしたアートワークなど、館内を歩けば、目にするすべてが美しく、つい見とれてしまうほど。

まずは、エントランスから天井の高いレセプションに迎え入れられると、正面の壁に掛かる11色の色合い異なる漆パネルの作品や重厚感のある陶芸作品が飾られていて、ギャラリーのような雰囲気を醸しています。
オールデイダイニング、シェフズテーブル、ザ バーという3つが入るレストラン「TENJIN」は、鷹峯三山が映る大きな水盤を望み、京都の工芸品“竹細工”のオブジェやアートワークなどモダンな作品が飾られた空間もまた魅力的です。はっとするほどの広さと芸術が彩る落ち着きに特別感がますます増していきます。
客室は、5タイプ、50㎡〜100㎡のゆとりある全114室。全面ガラス張りの窓から目の前に広がる緑や水盤などが「唐紙」をテーマにしたナチュラル素材感の中に浮かび上がるよう。職人技が光る西陣織のアートワークなどが部屋の格を高めています。

バスルームは贅沢な広さに加えて、バスアメニティは日本のホテルで初採用というボタニカルな香り溢れる英国の「VOTARY」、ドライヤーは「レプロナイザー」とラグジュアリーにふさわしいものが備えられています。ミニバーにはユニークなお酒とペアリングしたスナックも。時間を忘れて部屋で過ごせそう。
PAGE 3
▲ 京都で唯一、屋外の天然温泉のサーマルプールは最高の贅沢。
▲ ホリスティックでオリジナルなトリートメントを提供するスパ。
「ROKU KYOTO」をユニークなリゾートたらしめているのは、天然温泉を使用した京都で唯一の屋外サーマルプール。鷹峯三山に抱かれたプールにゆったりした気分で浸かるのはなんとも贅沢な時間です。プライベートテラスからこのプールに直接アプローチできる客室もとても人気なのだとか。サーマルルーム(採温室)、そしてフィットネスや鷹峯の環境・自然を活かしたオリジナルトリートメントを提供するスパも。
▲ まるで舞台を囲むような「シェフズテーブル」のカウンター。
またレストラン「TENJIN」の、琳派から着想を得たという京都の食材を存分にいかしたモダンフレンチは、さらにホテルでの滞在を特別な思い出にしてくれます。わずか13席の「シェフズテーブル」で、練達のシェフたちが目の前で作る特別メニューの10品は、舞台を観ているかのような仕上げの見事さ、選び抜かれた素材を活かした洗練された味に魅了されます。
青磁の皿にのったアオリイカとフロマージュブランの繊細なまでに薄くスライスされたイカの歯ざわりとまろやかなチーズのコンビネーション。ブルターニュのオマールブルーにのせた美山黒大豆の湯葉にレモングラスの香りのするビスクの組み合わせ。自社農園で栽培したハーブや花、京都の季節の野菜を使ったシグニチャーな一皿「薬草園」は、フレッシュで花が咲いたような美しさです。

鷹峯三山を借景に広がるスケールの大きな美、今に続く京都の伝統を感じるアート、京都の奥山に抱かれたサーマルプールと極上の食、唯一無二という言葉がふさわしいリゾートなのでした。

■ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts 

住所/京都府京都市北区衣笠鏡石町44-1
HP/https://www.rokukyoto.com/
TEL/075-320-0111

●1室2名利用時 1泊10万5030円〜(税サ・京都市宿泊税・入湯税込) 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        京都に誕生した噂のラグジュアリーホテル「ROKU KYOTO」に泊まってみた | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト