2021.09.30

旅の達人の忘れられない「気持ちいい〜」絶景5選

気軽に海外旅行に出かけられない今こそ、国内各地の絶景を再発見する絶好のチャンス。ちょっと足をのばせば、心が癒される「気持ちいい~」絶景が広がっていますよ。

CREDIT :

文/大塚綾子

ウユニ塩湖やカッパドキアの絶景もいいけれど、国内にも言葉に尽くせないほどの感動をくれる「気持ちいい~」風景があるんですよね。海外旅行のハードルが高い今こそ、身近にある絶景を探求するいい機会。

紅葉や雪景色など、自然がもたらす四季折々の景色を楽しめるのも日本ならでは。さまざまな場所を旅してきた達人だからこそ知る、一度見たら忘れられない、「気持ちいい~」絶景スポットをご紹介します。

◆ フォトグラファー・吉澤健太さん、LEON.JP食いしん坊担当・秋山 都の気持ちいい絶景

森の真っ暗闇を経験してからの満天の星! めちゃくちゃ気持ちいい~「星浴」

青森県は十和田の秘湯・蔦温泉で体験できる「星浴」をオススメしてくれたのは、フォトグラファーの吉澤健太さんとLEON.JPグルメ担当の秋山。蔦温泉旅館を起点に、ガイドとともに漆黒の闇に包まれた森を歩く「闇歩き」。その終着点で待っていたのは、夜空を星が埋め尽くす絶景だったそう。

「日々の生活で『真っ暗闇』を味わうのってとても稀少だし、贅沢な経験だなと。視界を奪われた状態で山を歩くと、葉っぱを踏みしめる音や、樹々が発する匂いに敏感になり、五感が活発になるのが自分でも感じられるんです。その真っ暗闇を経験してからの満天の星! めちゃくちゃ『気持ちいい~!』ってなります」(秋山)

「真っ暗闇の森の中を懐中電灯で照らしながら歩くこと15分。森を抜けて蔦沼の湖畔にたどりつくと、一面の星空が開けます。海と違って波が立たない蔦沼の湖面に星が写り込んで、とても神秘的な光景です。これまでも撮影で国内外あちこちの星空を見ているけれど、これほどの絶景にはなかなか出会えません」(吉澤さん)
▲ 澄んだ空気と外灯の届かない暗闇が生む絶景。天の川もはっきりと見えます。© Kenta Yoshizawa
▲ 空一面の星が、蔦沼の湖面に映り込む様子はまさに絶景! 月のない新月の夜は、一層よく見えるそう。© Kenta Yoshizawa

「オーダーメイド星浴・闇歩き体験」

実施期間/2021年は11月下旬まで毎日催行
料金/(1名)1万3750円 *1名から催行可。最大5名まで。ツアーの内容は天候に応じて変わります
集合・解散場所/蔦温泉旅館(青森県十和田市奥瀬字蔦野湯1)または近隣のホテル 
https://towada-stargazing.com
© Kenta Yoshizawa

【ほかに紹介の記事はコチラ】
Go To 秘湯! 青森「蔦温泉」で星空を浴びてみよう

● 吉澤健太(よしざわ・けんた)

ファッション、旅、料理など、さまざまなジャンルを網羅するフォトグラファー。フォトグラファーのためのワークスペース「rakuda」主宰。クリエイターの交流の場となるワークショップも開催している。
http://rakuda-lab.com/yoshiken/top.html

● 秋山 都(あきやま・みやこ)

文筆家・編集者。女性ファッション誌や富裕層向けライフスタイル誌、グルメマガジンの編集長を歴任後、アマゾンジャパンを経て独立。得意なジャンルに食、酒、旅、ファッション、犬と馬。
Instagram/@miyakoakiyama

PAGE 2

◆ ビーチライター・古関千恵子さん、デートコンシェルジュ・渡辺ゆり子さん、LEON編集部員・八木千晶の気持ちいい絶景

ハワイに行かなくてもいいかと思わせる「ザ・ハーバーテラス」のオーシャンビュー

さまざまなジャンルの「気持ちいい」を募った今特集で、3名からのリコメンドが集まった絶景が、今年逗子にオープンしたばかりのレストラン付きのバケーションレンタル「ザ・ハーバーテラス」です。

「材木座海岸を一望でき、海に浮かんでいるかのような海近。目の前には岩礁のような、最古の港とされる“和賀江島”。その近くをウィンドサーファーが気持ちよさそうに水上を滑走。稲村ケ崎や江の島、富士山も眺められ、湘南ローカルの方にとっても羨望のロケーションのようです。

キッチンや洗濯&乾燥機を備え付けられた客室もあり、全室オーシャンビュー。広々としたテラス、リビング&ダイニング、ベッドルーム、すべて海に向いたレイアウトになっていて、好きなだけ海を満喫できます! 屋上には宿泊ゲストオンリーのインフィニティエッジプールが! このビューがこれまた最高! 

1階にはレストランもあり、出張で鍼灸マッサージも受けられ、ホテル並みの施設が揃っています」と興奮気味にオススメしてくれたのは、ビーチライターの古関さん。

LEON編集部の八木も「プールからの眺めや部屋からのオーシャンビューがとにかく圧巻。ハワイに行かなくてもこの景色があるならいいか、と海外旅行に諦めがつく満足度です」と太鼓判。

実はインテリアのコーディネートを手がけたのは、連載「東京ヨコシマレストラン」でもおなじみのYULI*YULIこと渡辺ゆり子さん。

「湘南で数少ない、道を挟まず海を望めるバケーション・レンタル。広いテラスで海を眺めながら過ごす一日が気持ちよすぎます。運がよければ私が大好きな夕焼けも眺められます。深夜に海の上にさす月の光の道を眺めながら、波の音を聞きながら、シャンパーニュを飲む時間は至福♡」
▲ 宿泊者だけが利用できるインフィニティプールにはプライベートラウンジも。
▲ シャンパーニュを片手に海を眺めていると、時が経つのを忘れてしまいそう。

ザ・ハーバーテラス

住所/神奈川県逗子市小坪5-14-7
TEL/0467-39-5188(10:00~20:00)
料金/1室2名利用(素泊まり)1名2万1500円〜
https://the-harbor-terrace.com

【ほかに紹介の記事はコチラ】
まるで海に浮かぶ船!? 逗子の新名所なオーシャンビューホテルって?

● 古関千恵子(こせき・ちえこ)

国内外のビーチに通い詰め、リゾートホテルやビーチスポーツ、エコなど、海にフォーカスした記事をさまざまな媒体に寄稿。あるがままの自然が残る、ネイチャー系ビーチがマイタイプ。

● 渡辺ゆり子(わたなべ・ゆりこ)

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。LEONでも「モテたいオヤジの通ぶり!レストラン」を連載中。2021年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が14周年を迎えた。

● 八木千晶(やぎ・ちあき)

LEON編集部員。レストラン情報や健康ネタ、ラグジュアリーホテル、インテリア、ペットなどなどライフスタイルにまつわる特集を広く担当。獅子座の寅年。

PAGE 3

◆ LEON編集部員・八木千晶の気持ちいい絶景

「山のレストラン」で食事をしながら眺める日光連山。秋は燃えるような紅葉が楽しみ♡

レストラン取材で各地を巡るLEON編集部の八木の心に残った気持ちいい絶景は、日光国立公園内にある、豊かな自然に囲まれた「霧降高原 山のレストラン」。これからの季節は、山を染める燃えるような紅葉も楽しみなのだとか。

「『霧降高原 山のレストラン』は北に霧降の滝、西に日光連山が望める、素晴らしい眺望です。なかでも角のテラス席からの眺めは本当に圧巻。これ以上ないほどマイナスイオンをたっぷり浴びることができる、絶景洋食レストランです。ハンバーグステーキやアトランティックサーモンのスモークなど、北米スタイルのボリュームたっぷりなグリル料理がいただけますよ」
▲ 秋は、霧降高原の山を染める見事な紅葉が楽しめます。
▲ 周囲の木々に包み込まれるようなテラス。せり出した角の席が八木のお気に入り。

霧降高原 山のレストラン

住所/栃木県日光市所野1546 霧降の滝
TEL/0288-50-1525
営業/10:00〜19:00L.O. 水曜休
https://www.meiji-yakata.com/ja/kirifuri

PAGE 4

◆ ライター・大石智子さんの気持ちいい絶景

東京を独り占め♡「フォーシーズンズホテル東京大手町」の皇居御苑ビュー

都会の中心にも、まだまだ知られざる絶景があります。国内外のホテルやグルメ事情に詳しい大石さんが惚れ込むのは、開業1周年を迎えたばかりの「フォーシーズンズホテル東京大手町のフォーシーズンズスイート 皇居御苑ビュー」。そこから眺める東京の絶景とは?

「間切りのない、巨大1ルームの空間が気持ちいい『フォーシーズンズホテル東京大手町』のこのスイートルームは、自分にとってスイートのレイアウトの理想型。皇居御苑ビューのお部屋のパノラミックな窓からの眺めは抜け感抜群で、夕陽がきれいに見えるのもポイントです。

さらにバスルームも窓際。バスルームとベッドルームに一体感があってリゾート的なのも好み。この部屋で友人の誕生会をやったのですが、バルーンも窓のペイントもお洒落なので記念日利用にも最適。ルームサービスでイタリアンの『ピニェート』からピザをとれば、おこもりの満足度はいっそう上がります」
▲ 皇居御苑を望む絶景もさることながら、76㎡の広々とした空間も気持ちいいのです。
▲ バスルームからも皇居御苑ビューが堪能できます。

フォーシーズンズホテル東京大手町

住所/東京都千代田区大手町1-2-1
TEL/03-6810-0600
料金/「フォーシーズンズスイート 皇居御苑ビュー」(10月)12万6700円〜(税・サービス料込み)
https://www.fourseasons.com/jp/otemachi

【ほかに紹介の記事はコチラ】
そして、私は「フォーシーズンズホテル東京大手町」に帰りました

● 大石智子(おおいし・ともこ)

出版社勤務後フリーランス・ライターとなる。男性誌を中心にホテル、飲食、インタビュー記事を執筆。ホテル&レストランリサーチのため、毎月海外に渡航。スペインと南米に行く頻度が高い。柴犬好き。Instagram(@tomoko.oishi)でも海外情報を発信中。

PAGE 5

◆ フォトグラファー・吉澤健太さんの気持ちいい絶景

富士山をはじめ360度の壮観な眺め! 日本一長い吊り橋「三島スカイウォーク」

フォトグラファーの吉澤さんが教えてくれたもう1つの絶景は、都心からも日帰りでアクセスできる、伊豆半島の付け根に位置する三島。ドライブデートの立ち寄りスポットとしてもオススメの「三島スカイウォーク」です。

「なんと全長は400m! 日本一長い大吊り橋からは富士山や伊豆の山並みが間近に見えて、遠くには駿河湾も。360度どこを眺めても壮観な絶景スポットです。吊り橋だけではなく、スリル満点のロングジップライドやアスレチック、山道を走るオフロードタイプのセグウェイツアーやドッグランなど施設が充実しているので、絶景の中でいろいろなアクティビティも楽しめますよ」
▲ 富士山や駿河湾を眺めながら400mの空中散歩。カップルで訪れれば、吊り橋効果が得られるかも!?
▲ 吊り橋のすぐ横を滑空する「ロングジップライン」。ラインは3本あるので、3人まで同時に滑れます。

三島スカイウォーク

住所/静岡県三島市笹原新田313
TEL/055-972-0084
営業/9:00〜17:00
料金/大人1100円
https://mishima-skywalk.jp

「愛車(バイク)越しの富士山」も味わい深い絶景です

「箱根の大観山はその頂上にパーキングエリアを備えており、ドライバーやライダーたちの恰好の休憩所になっています。駐輪スペースの側からちょうど富士山が臨め、非常に見晴らしのよい場所です。と同時にこの駐輪スペースには走りに自信のある人のバイクが並び、ハイシーズンにはちょっとした展示会場になります。みんなのカスタムバイクを眺めつつ、富士山を仰ぎ見れるという味わい深いスポットです」(ライター・長谷川 剛さん)

※掲載の価格はすべて税込みです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        旅の達人の忘れられない「気持ちいい〜」絶景5選 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト