• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • まるで海に浮かぶ船!? 逗子の新名所なオーシャンビューホテルって?

2021.09.12

■ THE HARBOR TERRACE(ザ・ハーバーテラス)

まるで海に浮かぶ船!? 逗子の新名所なオーシャンビューホテルって?

旅行無沙汰な昨今は、宿泊よりも“過ごす体験"がモテるキーワード。で、都心からクルマでフラリと立ち寄れる圏内の逗子にオープンしたホテル「ザ・ハーバーテラス」にご注目を。コチラ、美味しい体験を叶えるレストラン付きホテルなんです!

CATEGORIES :
CREDIT :

文/渡辺ゆり子 写真/福本和洋 

湘南で話題のニューオープンと言えば、7月に開業したばかりの新ホテル「ザ・ハーバーテラス」。逗子市小坪エリアにあり、鎌倉の由比ケ浜から材木座へ向かう緩いカーブを描く海岸線沿いに位置しています。ちなみにコチラは全8室のオーシャンビューテラスと、キッチンを備えたバケーションレンタルなの。
実はこのホテル、海を愛するYULI*YULIこと私、渡辺ゆり子が、インテリアのお手伝いをした物件でもあるのです! 材木座海岸のサーフボード置き場が立ち並ぶ道を歩き、ローカルしか知らない裏散歩道に入れば、停泊しているクルーザーをイメージした外観が見えてくるはずよ。
ホテルに到着すると、エントランスからダイナミックな大窓全面の向こう側に広がる、オーシャンビューがお待ちかね。バルコニーの真下はすぐ海! なんです。

息をのんでしまう光景に見とれながら、併設レストランの窓際シートへどうぞ。江の島と富士山を包みこむサンセットタイムに乾杯するには、早めの時間にご予約を。
▲ マジック・ブルーな空と海に浸れます
稲村ヶ崎、江の島、富士山と湘南名物な景色をふたり占め。満潮時になると建物の真下は相模湾。運が良ければ夕焼けはもちろん、夜には静かな月の道にうっとりよ。
刻々と移り変わる海と空の景色をアペリティフに、贅沢な時間を過ごしてみてください。お料理は小坪漁港のシーフードや鎌倉野菜を取り入れたコースをご堪能あれ。でも最後の乾杯は、ふたりのお部屋にとっておいてね♡
PAGE 2

シャンパーニュにマッチする、潮騒フレンチでおもてなし

コチラのお料理は、オーシャンフロントを楽しむふたりの時間に寄り添うように、魚介をメインにしたシーサイド・フレンチ。有名な鎌倉野菜など、地産地消の豊富な食材を使ったお料理をコースでいただけます。今後は、アラカルト料理も色々と楽しめるようになるとか。
▲ 地元のブランド、葉山牛のグリルには、赤ワインソースと鎌倉野菜を添えて。
▲ 地鯵の燻製を完熟トマトとフェンネルでカラフルな目にも楽しいサラダ仕立てに。海色のお皿は地元在住の陶芸作家、林彩子氏による「ザ・ハーバー・テラス」のオリジナル。
▲ 波のようなガラス皿にアオリイカのグリルと地蛤にズッキーニ、トレビス、バジルを添えた温前菜。
▲ デザートは枇杷のコンポート、ヨーグルト・ムース、冷たい食感を楽しんでください。
▲ ハイチェアの背もたれ部分とソファクッションには、同じグラデ・ストライプの生地を使うなど、コーディネートにかなりこだわった箇所。
ダイニングルームがサンドベージュでまとまっているのに対して、手前のレセプションとバーカウンターは海の色、ブルーでコーディネート。時間や季節による見え方の変化も楽しめるように、さまざまなブルーが使われています。
カウンターでは波の音を聞きながら、お食事前のシャンパーニュをお楽しみください。
PAGE 3

至れり尽くせり!な、バケーションレンタルホテルです

8室のお部屋はすべて異なるインテリアで、「Zaimokuza」や「Enoshima」など見える景色が
部屋名になっているのもユニークよ。
▲ スイートルームは最上階に2部屋。こちらの「Enoshima」は127㎡、テラスは28㎡あって広々。ブラウン基調のシックなインテリアです。館内唯一のサウナも!
▲ ブルーのタイルの壁が印象的な客室も2部屋あります。
泊るたびにお部屋を変えて、お気に入りの一室を見つけてみるのも一興。なにせ海が近いホテルだから、階数によって海面の近さが異なって見えるし、材木座海岸に近いお部屋ほど波音が強く聞こえるんです。
どのお部屋にもジャグジー、キッチン、テラスが。プロジェクター&スクリーンもあるので、ふたりでお籠りして映画を楽しんでも!
そして朝は、焼きたてパンがお楽しみ。ホームベーカリーから良い香りがベッドルームまで漂ってきたら、お目覚めの合図です。ベーコン、ハムや卵は自分でクッキングしてね。青い卵は葉山の「アトムくん」という珍しいもの。
PAGE 4
屋上にはインフィニティプールが! その中に埋め込まれたスペシャルシートでは湘南随一のアペタイムをお約束します(宿泊客のみ利用可能)。
そしてガゼボも2台。ゴロンと寝転がって、江ノ島や富士山を眺めつつ、夕陽が見られたら最高です!
「ザ・ハーバーテラス」では、とにかく館内で過ごすことに尽きます。刻々と変化していく海を眺め、波音に耳を傾けながら、この非日常時間に存分に浸ってみてください。

■ THE HARBOR TERRACE(ザ・ハーバーテラス)

住所/神奈川県逗子市小坪5-14-7
予約・お問い合わせ/TEL.0467-39-5188  

レストラン営業/17:00〜20:00(L.O.) 
ディナー9680円〜 カードOK
客室/1室2名利用(素泊まり)1名2万1500円〜

ウェブサイトはコチラ

※ レストランは2021年10月半ばに再開予定
※ ホテル宿泊の際にはゴム草履と水着をお忘れなく
※ 訪れる前にパーキングはご予約を

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL