• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • コロナ禍で勢いを増す、アメリカのマッチングアプリ事情【前編】

2021.01.20

コロナ禍で勢いを増す、アメリカのマッチングアプリ事情【前編】

コロナ禍で刻々と変化するアメリカの現状をニューヨーク在住の元LEON編集部員、菅 礼子がお届けする本シリーズ。今回はこんな状況&凍える冬だからこそ盛況の、アメリカにおけるマッチングアプリ(アメリカではデーティングアプリと言う)事情に迫ります。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/菅 礼子

年が明け、日本でも一部の都道府県で緊急事態宣言が発令されるなど混乱中だと思いますが、アメリカでも相変わらず新型コロナウイルスの勢いはおさまりません。こんな状況&凍える冬ということも合間って家にいることの多いこの頃、出会いを求めてマッチングアプリ(アメリカではデーティングアプリと呼んでいます)が好調です。今回はアメリカのデーティングアプリ事情に迫ります!

そもそもアメリカではほとんどの人がデーティングアプリの使用経験あり 

▲ コロナによって新しい出会いが制限されるものの、出会いを求めてアプリを駆使する人たちが増加しています。
日本でも数年前から市民権を得てきたマッチングアプリ(デーティングアプリ)ですが、アメリカではMatch(旧match.com)がデーティングアプリとしてはもっとも古いと言われ、1995年にスタートしています。

アメリカ人は日本人よりも合理的と表現されることが多いように、結婚相手やデートをする相手も無駄なく探したいという思いが強いよう。恋人と別れた人たちは“Back to market”といってデーティングアプリを再開してお相手を探すなど、オンラインを駆使して恋人探しをしています。

コロナによって変化してはいるものの、実際、ニューヨーク市は男女比が6:4と女性の方が多く、LGBTQなど多様なセクシャリティをもつ人も多いため、シングルの女性が条件の合う男性を探すのがひと苦労、というのは有名な話です。そこで、効率よく条件の合う男性を見つけるためにもデーティングアプリを利用する人が多いわけです。

世界最大のデーティングアプリ市場と言われるアメリカではデーティングアプリを運営する会社の時価総額が驚くほど高く、パンデミック前の2020年1月にはアメリカの「bumble」というアプリ(ティンダー創業者の一人、ホイットニー・ウルフ・ハードが創業)が約30億円で買収されるなど、デーティングアプリは社会を支える産業のひとつとして市民権を得ています。 
▲ 女性主導のデーティングアプリとして作られた「bumble」。男性から「いいね!」が来ても、女性側がOKを出さなければ男性からコンタクトができないシステム。同アプリでは友達を作るためのbumble BFFというものもあります。
ブルームバーグによると、「Tinder」、「Hinge」、「OKCupid」などの人気デーティングアプリを抱えるMatch Group Incは第二四半期から第三四半期にかけて過去最高の8400万ドル(約84億円)の売り上げを記録し、6月からの3カ月間ではプラットフォーム全体で110万人の追加会員を獲得したそうです。おウチ時間の長かった昨年は孤独感もあり、出会いを求める人が多かったことが数字に現れています。

現在は新型コロナの影響でなかなか対面での出会いが難しいため、アプリでもビデオチャットの機能などが充実してきているようです。
PAGE 2

人種の坩堝アメリカだからこそのバラエティに溢れるアプリ!

さまざまな人種の入り乱れるアメリカではデーティングアプリの種類も多種多様です。「Tinder」や「bumble」、「Match」に「Coffee meets bagle」、「OKCupid」などの一般的なデーティングアプリを使っている人は多いのですが、それ以外に人種的マイノリティ向けのアプリなども多く存在します。
▲ アジア人特化から最近マイノリティ特化にリニューアルした「EME hive」。今後アメリカでマイノリティのコミュニティを広げていようです。
・ ブラック系に特化
・ アジア系に特化
・ 独自の慣習をもつユダヤ人に特化
・ 50代以上に特化
・ 農村部のファーマーに特化

など、日本にいるとなかなか考えられないものも存在します。ただ、アジア人特化だからといって、白人の入会を断ることは人種差別に当たるため、あくまで似たバックグラウンドをもつ人たちがマッチングしやすいということでマイノリティ向けのアプリは存在しています。アジア人特化でスタートし、現在ではマイノリティ向けにリニューアルした「EME hive」は日本人起業家の時岡真理子さんがスタートしたことでも有名です。
▲ 農村部に住むファーマーを対象にした「Farmers only」。ニューヨークやロサンゼルス、シカゴなどの都市部では機能しなさそうな予感。
PAGE 3

実際、ニューヨークでデーティングアプリを使ってみた

筆者もコロナ前まで実際にデーティングアプリをニューヨークで使ってみました。女性は無料というものも多いのですが、「月30ドルぐらいなら無駄な飲み会を1回パスした方がいい」と友人に言われて入会。2つほどのアプリを併用しました。

日本では法律で実際に会う前に身分証の提出などが義務付けられているようですが、アメリカは特になし。今思うと危険な感じもしますが、結果怪しい男性には会いませんでした。ニューヨーク市は女性の初婚平均が38歳と他の都市に比べて高いこともあり、男性の年齢層も高い印象を受けました。

さすがニューヨーク! と思ったのが、いわゆるハイスペックな男性がうじゃうじゃいることです。医者や弁護士、投資家、金融業界など、キラキラしたキャリアの男性がアプリ上にたくさんいます。もちろん人種もさまざま。ただ、落とし穴的に思ったのが、アメリカ人は1年ごとに会社を変えたり、副業はもちろん、パラレルキャリアなど、働き方が往々にして自由であること。

日本では“有名企業勤務”や“年収1000万”などハイスペック男子の格付けがあるようですが、アメリカでは「弁護士だと思っていたらパン屋さんになった」とか、「フリーター? という人がものすごい資産家の息子」などの場合もあり、肩書きだけでは男性を判断できないケースが多い模様。要は中身で判断すべし! ですね。

また、ニューヨークのハイスペック男性は世界でもトップクラスですが、仕事を優先しすぎてプライベートはおざなり、という人も多い印象を受けました。それゆえニューヨークでいい男性をゲットするのは難しいのかもと。また、アメリカは価値観もさまざまなため、結婚というかたちを望まない人なども。

ですので初期の段階でお互いの方向性を確認した方が良さそうに感じました。今回私は怪しい男性には遭遇せず、うまくマッチングをしなかった弁護士の男性が私個人の会社のさまざまな登記を手伝ってくれるなど、お友達作りには成功といった具合い。
PAGE 4
▲ 最近ローンチしたユダヤ人専用の会員制アプリ「The Lox Club」。
またアジア人好きの男性も要注意。特に日本人女性は誘いを断れない、という理由でいいようにされる危険性もあります。私も日本在住経験のある男性とメッセージのやり取りをしたのですが、日本でちやほやされたのか……一度返信が遅れた際に「日本人の女性は優しいのにお前は違う、偽物の日本人だ!」というメッセージをもらったことも。珍事件などはあれど、色々な男性に会うことで人種に対する理解や英語でのプレゼン能力も磨かれるなど、いい経験になりました。

後編ではアメリカ発のデーティングアプリの日本版、「Match(旧match.com)」のスタッフにインタビュー! コロナ禍の出会いはどう変化していくのでしょうか?

● 菅 礼子

LEON編集部で編集者として勤務後、2018年に渡米。現在はニューヨーク在住。男性誌や女性誌、航空会社機内誌などにニューヨークのライフスタイルの情報から世界中の旅の情報までを執筆する他、ニューヨークでクリエイティブエージェンシーのAYDEAを主催(www.aydea.co)。Instagram(@sugareiko)でニューヨークだけでなくアメリカ&世界の情報を発信中。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        コロナ禍で勢いを増す、アメリカのマッチングアプリ事情【前編】 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト