• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 2019年開業! プロが選んだ「モテるホテル」はどこだ?【シティホテル編】

2019.12.28

2019年開業! プロが選んだ「モテるホテル」はどこだ?【シティホテル編】

男をあげるも、さげるも、ホテルのチョイス次第。『週刊ホテルレストラン』の岩本大輝元編集長に、2019年オープンしたホテルのうち、ここなら間違いなし!という5軒を選んでもらった。まずは、シティホテルから!

CATEGORIES :
CREDIT :

取材・文/古関千恵子

万人受けよりも、作り手の個性を感じるシティホテル

 2019年の傾向として、シティホテルとリゾートホテルの境が薄れてきているという、岩本元編集長。そのココロは?

「これまでリゾート特有の“ホテル内で過ごす”という視点があまりなかったシティホテル。最近はそうした傾向が増えてきています。たとえば客室内でゲストが飲むコーヒーの味はもちろん、椅子の座り心地、設置のグラス、歯ブラシなど、注意してみないと分からないようなディテールに“さりげなく”こだわっています」

このところ、面白いホテルが増えてきているなと感じる人も多いはず。
「ホテルは様々な人を迎える分、誰にも“嫌われない”ホテル作り、いわば多数決で決められたようなホテルが多かったように感じています。それが、“一部の人に気に入ってもらえればいい”という、オーナーやコンセプト作りをした人の感性を全面に押し出すホテルが増えています」

そこで今回選んだのは、ホテルをつくる人の“個”を感じられるようなホテル。
「レストランやバーも、結局おもしろいのは個人店が多いように、そういうホテルがあってもいいですよね」

■01 「京都悠洛ホテル - M ギャラリー」(京都)

大正ロマン薫るレトロモダンな空間。シーツが断然気持ちいい!

▲ロビーの中央の吹き抜けからは、地下1階から伸びる竹林を望みます
京都の鴨川沿い、三条に位置するコチラは、フランスの世界最大のホスピタリティーグループ、アコーの傘下にあるMギャラリーの、日本初のホテル。Mギャラリーは個性的なブティックホテルを特徴としています。

「京都の景観条例のせいか、一歩中に入ると、そのギャップが印象的です。地下階から伸びる竹に、低めの天井から注ぐ陽の光。デザインは大正ロマンをテーマに、非常に細部にまでこだわられています。

女性旅行客に対する徹底したこだわりを持った“女性に喜ばれる”ホテル、“Inspired by Her“をキーワードにしていますが、僕的には色づかいもシックで男性も好きそう。

客室は小上がりでくつろげるスペースや洗面には女優ミラーを用意するなど、和洋折衷。女性が快適に過ごせるような工夫が随所に見られます」
仕事柄、年間100泊以上ホテル滞在をしている岩本さんが目を付けたのはシーツ!
「ベッドも良いですが何よりシーツがいい。今年のトップ3に入る寝心地でした」

木屋町通りに近く、食事の選択肢は多数。食後はホテル内のバー「1867」へ誘ってみては?
「大政奉還の行われた年である1867年が由来のバー。クラシックでありながら、お洒落な雰囲気の中で、ふたりだけの特別な時間を過ごせる場所になるはずです」

京都悠洛ホテル - M ギャラリー

住所/京都府京都市東山区大橋町84
予約・問い合わせ/☎ 075-366-5800
室料/クラシックルーム 2万円~
URL/https://all.accor.com/hotel/B2Z1/index.ja.shtml

■02  「THE LIVELY」(福岡、大阪本町、麻布十番)

“世界中から人と情報と機会が集まる”ホテル

▲7月にオープンした福岡。エントランスを抜けた先のロビーバーは、高品質のライブサウンドと映像のインスタレーションが流れる中、ゲストが同じ時間をシェアする場。
カフェやバー、映画館を併設したソーシャルアパートメントを展開するグローバルエージェンツによるライフスタイルホテルの新ブランド、「THE LIVELY(ザ ライブリー)」。2019年春にブランド発表後、7月福岡、8月大阪本町、11月麻布十番と、2019年には立て続けに3軒がオープンしました。
「ハードからソフトまで、これまでと違うタイプのホテルを作り上げています。デジタルアートなどを駆使した、ミレニアル世代を意識したスタイリッシュな空間は、ほかにはない世界観を表現しています。海外からの感度の高いゲストも多く、そこでのグローバルな出会いや会話も、パートナーのテンションを上げるかも。

麻布十番は最上階にバー、大阪はルーフトップテラスがあり、それぞれ夜景も楽しめますよ」

THE LIVELY 福岡
住所/福岡県福岡市博多区中洲5-2-18
予約・問い合わせ/☎ 092-262-2009
室料/スタンダードダブル 1万2000円前後
URL/https://www.the-lively.com/fukuoka

THE LIVELY 大阪本町
住所/大阪府大阪市中央区南本町1-5-11
予約・問い合わせ/☎ 06-6484-8644
室料/スタンダードダブル 1万2000円前後
URL/https://www.the-lively.com/osaka

THE LIVELY 麻布十番
住所/東京都港区麻布十番1-5-23
予約・問い合わせ/☎03-6804-3691
室料/スタンダードダブル 1万8000円前後
URL/https://www.the-lively.com/azabu

■03  「ザ・サウザンド・キョウト」(京都)

食が充実! “男”を感じるアップスケール都市型ホテル

▲庭園を望む開放的なテラスをしつらえた「テラススイート」は、広さ74平方メートル~。
JR京都駅前に2019年1月29日、オープンしたアッパーアップスケールの都市型ホテル。デザインのコンセプトは「光・緑・アート」を取り入れた、「コンフォート・ミニマリズム」。自然の要素を生かしつつ、禅に基づく引き算の美学により、心地よいくつろぎの場を演出しています。神社仏閣にインスパイアされた、石造りの大階段は非日常へと誘われるよう。
「京阪グループがとても力を入れて京都駅前に誕生させたホテル。日本のホテルは多くの場合“女性”を感じさせるホテルですが、この「ザ・サウザンド キョウト」は色使いからバスアメニティ、茶器など細部まで“男性”のエッセンスを感じさせます。もちろん、女性のパートナーが過ごしづらいわけではありません」
「飲食施設には、イタリア料理『SCALAE(スカーラエ)』と日本料理『KIZAHASHI(きざはし)』があります。おすすめはどちらも料理はもちろん、シェフとの会話を楽しめるカウンターがあるところでしょう。食が楽しめるホテルは、女性のテンションも上がりますよね」

全222室。エントリーレベルで37平方メートル~。これはJR京都駅前のホテル群の中で有数の広さを誇ります。なかでも岩本さんのおすすめは、テラスのある客室。
「京都の街の中にありながら静かな空間で、パートナーとゆっくりと過ごせます」

ザ・サウザンド・キョウト

住所/京都府京都市下京区東塩小路町 570番
予約・問い合わせ/☎ 075-354-1000
室料/ザ・サウザンドルーム 7万6230円(税・サ込)~
URL/https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/the-thousand-kyoto/

■04  「HOTEL CANATA」(京都)

世界遺産の二条城のビューをベッドやバスルームからも!

▲3、4階のスイートでは、二条城を眺めながらお酒も。暖かい季節なら、バルコニーが特等席。
世界遺産の二条城と対峙する京都のど真ん中に佇む、わずか16室のホテル。二条城と遥か向こうに西山連峰の稜線を望み、慌ただしい名所めぐりとは一味違う、ゆったりとした京都の空気感が味わえます。
「不動産投資などを手掛ける㈱TRIADが初めて手掛けたホテル。専業にしていない企業が手掛けるホテルは、大きく分けて2タイプあります。ひとつは儲けだけを考えた付加価値がないつまらないホテル。もうひとつは、オーナーの思いが詰まりに詰まった“これ、儲かるの?”と思ってしまうくらい、徹底的にこだわったホテル。コチラは完全に後者です」と岩本編集長。
コチラのホテルのコンセプトは、“現代の美意識で日本を愉しむ”。二条城の眺めを考慮してプランを立て、調度品をレイアウト。ベッドルームやバスルーム、テラスからもお城ビューが楽しめます。

「たった16室。細部にまで素材にこだわり、アートワークには様々な分野で活躍するクリエイターのこれぞというものを、選りすぐって置いています」

HOTEL CANATA

住所/京都府京都市中京区堀川通二条下ル土橋町14-1
予約・問い合わせ/☎075-256-1181
室料/スイート・松 5万円~
URL/https://www.hotel-canata.com/ja/


■05  「パレスホテル東京」のレストラン「ESTERRE(エステール)」

アラン・デュカスのこだわりに驚いた!

▲アースカラーを基調とし、外の景色と調和した空間。
「丸の内1-1-1」というアドレスは、すなわち皇居のお堀の真正面。1961年の開業以来、培ってきたおもてなしの心と伝統を守りながら、「最上質の日本」を求め、日々進化を続けています。

岩本編集長は、パレスホテル東京内の新レストラン「ESTERRE(エステール)」を強力プッシュ。その理由がすごい。
「エステールは55年の歴史をもち、多くのファンから愛されていたレストラン『クラウン』を閉め、アラン・デュカス氏が設立したデュカス・パリをパートナーに迎えて新たにオープン。業界誌の人間としては、すでに高い評価を得て、ビジネスとしても好調なクラウンに満足せず、さらに高みを目指そうとするパレスホテル東京の挑戦の姿勢に驚くとともに感動したニュースでもありました」
「世界トップクラスの評判を得るレストランのキースタッフたちがやってきて、アラン・デュカスの世界観を最大限に表現しようとする姿勢は別格です。そのキースタッフたちが最初に求めたのは、なんと角度計と温度計だったとか。レストランの表に飾るアートはもちろん、バックオフィスに貼る紙すらも。一寸のブレも許さない。料理だけでなく、キッチンから店内の細部にまで、完璧さを求める姿勢にホテルサイドも驚かされたそうです。

そんなエステールの料理は、レストラン・コンセプトが“大地と海の出会いの物語を紡ぐ場所”であるように、日本各地の大地と海の食材を活かした、ヘルシーさと地球への優しさを大切にした料理。ですから女性の方もギルトフリーで楽しめます。
また、テーブル間の距離も十分にとられているので、テーブルランプの優しい光を中心にふたりだけの世界に浸れます。さらに、窓側のふたり掛けのテーブルを予約すれば、皇居外苑越しの美しい夜景も楽しめます」

パレスホテル東京「内」 フランス料理「エステール」

住所/東京都千代田区丸の内1-1-1-6F
予約・問い合わせ/☎03-3211-5317(エステール、10:00~21:00)、☎03-3211-5211(ホテル代表)
URL/https://www.palacehoteltokyo.com/restaurant/esterre/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        2019年開業! プロが選んだ「モテるホテル」はどこだ?【シティホテル編】 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト