• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 富士山をふたり占めできる別荘のような温泉宿が巨大観光ホテルの中に!?

2019.09.15

富士山をふたり占めできる別荘のような温泉宿が巨大観光ホテルの中に!?

1971年創業の長い歴史をもつ「ホテル鐘山苑」の4階と5階の2フロアを別館に仕立てた宿「別墅然然(べっしょささ)」。何より、雄大な富士山の眺めを楽しめるのが大きな魅力。温泉の泉質も良く肌がスベスベになるのも素晴らしい。彼女もきっと大喜びですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/福田 豊

▲富士山に面した南側にある「福地Aタイプ」の客室は、広いデッキテラスに露天風呂のあるお部屋。写真は445号室。このデッキテラスの居心地が素晴らしい。
今回の宿は、富士山温泉にある「別墅然然(べっしょささ)」という温泉宿です。富士山の麓にあり、都心から約1時間半と、ちょうどよい距離。

そして一番気になるのが、「鐘山苑」というホテルの2フロアを別館にした宿、ということ。こういう宿は以前にもお邪魔しましたよね。高級宿に泊まりつつホテルの施設も使える、というのが魅力。上手に行き来して遊べるのが楽しいのですよね。

富士山を眺める特等席の客室は、豪華で居心地抜群。お忍びにも最高です

さて。そういうことで訪れた「別墅然然」は、想像以上に素晴らしい宿でした。

まず「鐘山苑」が予想を超える大きなスケールです。約2.5万坪という広大な敷地には、滝があり、川があり、四季折々の自然が美しい庭園がある。
▲敷地面積約2.5万坪の広さを誇る「鐘山苑」全景。庭園を巡るのも楽しい。
客室も100を超え、館内には宴会場や、カラオケスナック、夜食処、和太鼓を演奏する舞台などなど、さまざまなエンタテインメントの施設が大充実。露天風呂や大浴場も数カ所完備。屋上には眼前に大きく富士山を望める大露天もあるという次第。
そして、「別墅然然」が想像以上に高級感たっぷりなのです。「鐘山苑」の4階と5階の2フロアを別館にしているのですが、まるで山間の一軒宿のような静けさ。客室がわずか17部屋というのも、ちょっとした優越感。まさに“別墅”なのです。

さらに、ここの宿泊客はロビーを素通りして、部屋内でチェックインできる。これはお忍びのお泊まりデートでは大切な点ですよね。
PAGE 2
▲「明見Aタイプ」の客室、442号室のベッドルーム。その向こうには、リビング、露天風呂のあるデッキテラス。
客室は、和を基調とした設えで、広々として居心地がよい。だから彼女とふたりっきりで、一歩も外に出ないで楽しめる。この点でもお忍びに最適なのですね。

全室に露天温泉付きで、風呂は「ふたりで」というのにジャストの大きさ。朝に夕に、間近に富士山を眺めながら、ゆったりとくつろぐことができます。
PAGE 3

目にも美味しい旬の懐石仕立ての夕餉のあとに、ラーメン・カラオケの楽しみも

夕餉は、客室で、しっぽりいただきます。富士山周辺の土地で獲れた旬の食材を使用した和洋折衷の懐石仕立て。甲州の牛や静岡の伊勢海老などさまざまな味覚が、目にも鮮やかな逸品として提供される。日本酒やワインの品揃えも良く、ついつい飲みすぎちゃうのです。
朝食は2タイプ。ホールでのビュッフェスタイルか、客室でのこだわり和朝食が選べる。これが、また、素晴らしく美味しいのです。
まるで絵画のような富士山が眺められるラウンジ。世界60か国から集めた新豆を使って、コーヒーマイスターがフレンドしたコーヒーが楽しめる。
そして、この宿ならではの楽しみも。夜更けに彼女とふたり、浴衣を着て本館へ行って、カラオケを歌っちゃったり、夜食処でラーメンを食べちゃったり、なぁんていうのもおもしろい。

というように、「別墅然然」は高級宿と大型ホテル双方の美点を見事に兼ね備えていました。やはりLEONが経験と勘で探し当てた宿、というだけある。ここんち、ホント、大当たりで大オススメですね。

◆ 鐘山苑 別墅然然

住所/山梨県富士吉田市上吉田6283 ホテル鐘山苑内
アクセス/中央自動車道・河口湖IC〜国道138号
URL/http://Bessho-sasa.com
ご予約・お問い合わせ/0555-30-0033

●料金/3万5000円〜(1名・2食付き)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL