• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • “忘れさせない体験”を約束する、国内宿泊プランがついに誕生!【前編】

2019.06.29

“忘れさせない体験”を約束する、国内宿泊プランがついに誕生!【前編】

人気宿泊予約サービス「Relux」が、このたび地域の醍醐味を存分に愉しめる宿泊施設と、地域の魅力に着想を得た食事をコラボレーションさせた特別プランを今回ローンチしました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/八木千晶(LEON)

ホテル&旅館アディクトならご存知の宿泊予約サービス「Relux」が、このたび地域の醍醐味を存分に愉しめる宿泊施設と、地域の魅力に着想を得た食事をコラボレーションさせた特別プランを今回ローンチしました。

記念すべき第一回目が佐賀の噂の“あの宿”で、コラボレーションしたのはなんと“あのレストラン”! その一部始終を前半・後半構成でレポートします。

あの名宿×あの名店の奇跡タッグがここに!

ただの予約サイトではなく、お客さまの希望に合わせて宿を提案してくれる「Reluxコンシェルジュ」や、独自の目線でリコメンドする「Reluxセレクションズ」などオリジナルキュレーションを打ち出すことで宿選びの“好奇心”を高めてくれる人気宿泊予約サービス「Relux」。オヤジさんも、彼女とのとっておきの旅行などに利用されたことがあるかと思います。そんな人気サイトが新たなコンテンツサービスをこのたび立ち上げました。
その名は、「Inspire by Relux」。コチラは実業家でもあり、旅と食のスペシャリストとして著名な本田直之氏をプロデューサーに迎え、今までにない宿と食のコラボレーション、そして今までにない旅の体験ができるスペシャルオファーです。

こちらのコンテンツにおける宿泊場所は、Reluxに掲載された厳選宿オンリー。また気になる食事は、食通でもなかなか予約が取れないような注目レストランを宿に招致してくれるなど、特別感満載なのはいうまでもありません。

さらには滞在中には宿選びの賢人・本田氏による様々な“おもてなし”が受けれるなど垣根を越えたオリジナルサービスが待ち受けているのです。
PAGE 2

第一回目は「御宿 竹林亭」×「傳」

さて、今回の記念すべき第一回で奇跡のタッグを組んだのは、宿は『ミシュランガイド福岡・佐賀 2014 特別版』で最高評価を示す5レッドパビリオン」を獲得した日本を代表する旅館「御宿 竹林亭」。

そして初回に迎えた記念すべきレストランは『ミシュランガイド東京2018』で二ツ星を獲得、さらには"グルメ界のアカデミー賞"と称される「世界のベストレストラン50」で昨年日本人最高位の世界17位に入賞するなど、もはや世界中からの予約電話が鳴り止まないあの日本料理店「傳」!そう、なんとも有り難すぎる、そしてなんともお目出度すぎるコラボレーションなのでした。
「傳」の長谷川氏。
まずは「御宿 竹林亭」のご紹介を。アクセスは長崎空港からタクシーで40分ほど。観光名所としても知られている御船山そばに佇む宿は、まさに庭園と調和した静寂な和の空間。それぞれ個性の異なる客室は都度に改築を重ね、居間の延長線上に15万坪もの敷地からなる御船山楽園の緑を感じられるという、まさに「庭屋一如」の世界に溶け込む設えが印象的な一軒です。
また開湯から約1300年の歴史を刻む武雄温泉の湯は別名“美人の湯”ともいわれている名湯なのだとか。ちなみにお宿の一番の広さを兼ねる貴賓室「秀峰」は、過去に上皇陛下が利用されたという逸話も。
PAGE 3

構想のきっかけは“旅館愛”!

数多のラグジュアリーホテルや外資系リゾートが日本国内にひしめくなか、「日本の旅館のもてなしこそがもっとも贅沢な宿泊体験ではないか」と海外ホテルにも精通しながら地方の旅館滞在も欠かさない本田氏と、幼少期より現在まで、旅館で家族と過ごすひとときをいとしく感じていると話す「傳」長谷川氏の両名が合致したひとつの想いと価値観。

そんな“旅館愛”に「御宿 竹林亭」代表・小原氏が賛同しスタートしたこのプロジェクトは主宰者3名による「一泊二食の忘れられない(否、忘れさせない)おもてなし」として4月某日、幕を開けました。
左から本田直之氏、「傳」長谷川氏、「御宿 竹林亭」小原氏。
わずか20組限定という、参加権を得た幸運なゲストが続々と全国から到着しチェックインをしたところからこの「Inspire by Relux」が始まります。それぞれの客室に入ると仲居からともされたのは「傳」とえば!のシグニチャーメニュー『フォアグラ最中』と佐賀県名産の嬉野紅茶。

同店のファンならば予想外の再会に、また初見の方は和菓子のようなルックスとのギャップに驚く、お茶請けであります。また、それぞれの卓上には本田氏の著書「トップシェフが内緒で通う店150」や「傳」の長谷川氏による「傳: 進化するトーキョー日本料理」がギフトとして置かれていました。
その後は客室すべてに備えられた趣の異なる露天風呂に浸かり、ひと汗かいたカラダに水分補給でも……と、室内の冷蔵庫を開ければ今度は本田氏からのプチ・サプライズが。そう、銭湯の鉄板ドリンク「フルーツ牛乳」や日本初のコールドプレスジュースブランドで知られる「サンシャインジュース」の製品がセッティング。この「ぐびぐびぷは~ッ」セレクションはほかのお宿でも真似していただきたい!
PAGE 4
そうこうして旅の疲れを癒したあとは、夕暮れのなか春先のツツジが咲き乱れる御船山楽園に浴衣姿で集まり、主宰者とともにスポンサードブランドであるドン ペリニヨンの2008ヴィンテージと、長谷川氏の愛犬の型押し「パルメジャーノクッキー」そして揚げたての「たらの芽揚」で乾杯。

野外でいただく香ばしい苦みが口に広がるたらの芽と、芳醇なシャンパンのマリアージュにゲストたちの胃袋は静かに興奮かつ食欲モードにスイッチONされたことは言うまでもありません。
さて、客室に帰るとここから「御宿 竹林亭」×「傳」の最大のお楽しみ、お夕食の時間です。ジャケット着用でレストランで食事を楽しむのも良いけれど、浴衣でなんなら男女「すっぴん状態」でリラックスしながら食事とお酒を楽しめる“お部屋食”こそ旅館の醍醐味だと自身の経験談を語った長谷川氏の意向のとおり、今回はお部屋の居間で仲居仕切りのもてなしを受けながら佐賀や九州の食材を使用した五感に沁みる「傳」の日本料理をゆっくりと堪能する贅沢が待っていました。
もちろんあの手羽先の「傳タッキー」やドッキリ仕掛けデザートの「傳スタバ」もサプライズ登場! 味わった人に笑顔をもたらす、同時に共有した人とコミュニケーションが深まる稀有なエンタメ性に富んだメニュー構成に、筆者もたいへん痺れさせていただきました。そして月明りが徐々に強まってきた食後には、なんともロマンティックで艶なBARが我々を待っていたのです……。(後半へ続く)

● 御宿 竹林亭
住所/佐賀県武雄市武雄町4100
HP/www.chikurintei.jp/
予約・問い合わせ/0954-23-0210

● 傳
住所/東京都渋谷区神宮前2-3-18 建築家会館JIA館
HP/www.jimbochoden.com/
営業/18:00~23:30 (最終入店20:00/L.O.22:30)
日祝休、 不定休
予約・問い合わせ/03-6455-5433

●Relux
HP/http://rlx.jp

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        “忘れさせない体験”を約束する、国内宿泊プランがついに誕生!【前編】 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト