• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 大人のしっぽり温泉デートは「城崎にて」が正解です!

2019.06.02

大人のしっぽり温泉デートは「城崎にて」が正解です!

関西を代表する温泉地である城崎。東京人にはなじみが薄いですが、実はここ数年で外国人観光客が急増。世界的にも注目のスポットなんです。その城崎温泉を代表する旅館である「西村屋」が「さんぽう 西村屋 本店」というユニークな店をオープン。こちら大人の温泉デートにもぴったりなのですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/森本 泉(LEON.JP)

旅慣れたオヤジさまにとって彼女とふたり旅のデスティネーションを決めるのは楽しい作業に違いありません。南国の隠れビーチホテルで過ごすふたりだけのインフィニティプール、みたいなノリも結構ですが、ときには温泉街をぶらりと散歩、なんて風情を愉しむ旅も捨てがたいもの。
そう、温泉は日本人にとってまさに魂の洗濯場。四季の移ろいを感じながら湯船に浸かれば、体中の疲労感も吹き飛んで、心身ともにまっさらに戻れるような気がするものです。彼女と訪れれば、当然ふたりの関係もピッカピカにリフレッシュされる、というわけ。

さて、そんなデート旅にも欠かせない温泉ですが、いざ、旅先を探そうとすると、いつも同じような場所しか思い浮かばない方も多いかと。特に関東にお住まいの方、近場にいい温泉がありますもんね。でも、ときには足を伸ばして新たな目的地を開拓してみるのも、彼女との関係の良き刺激となること請け合いです。

しっぽり大人な和風の温泉街
なのに外国人やたら多しの城崎温泉

そこでオススメなのが、兵庫県北部にあって1300年の歴史を誇る城崎温泉。関西ではお馴染みのこちらも、東京人にとっては、明治から昭和の文豪、志賀直哉の小説『城崎にて』の舞台?くらいの印象しかないのでは。確かに遠いし、どこかのついでに行ける場所でもないので、ついつい放置。でも、それじゃもったいない。こちら、大人の温泉デートに最高のスポットなんです。

その理由。まずは行きにくいから、知り合いと会わない。これ、大事ですね(笑)。そして、温泉街のスケール感がちょうどいい。あまり大きすぎて遊園地みたいになっていると家族連ればかりで、風情も何もなくなっちゃう。しかしこちらの城崎温泉は、大きすぎず小さすぎず。そのコンパクトさが温泉街を楽しむのにちょうどいいんです。
さらに、この温泉街には7つの外湯があり、こちらを巡るのが基本の楽しみ方なんですが、街の中心を流れる大谿(おおたに)川沿いには柳や桜の並木が続き、四季折々の風情を楽しめるほか、文化財としても登録された美しい太鼓橋が架かっていたりして、実に趣がある。
PAGE 2
外湯もそれぞれに凝った造りで「御所の湯」は京都御所風、「一の湯」は歌舞伎座風と見ているだけでも楽しめます。さらにこの街では「ゆかたが正装」と言われていて、皆、思い思いのゆかた姿で歩いている。彼女とゆかたで外湯巡りというのはなかなか乙でしょ。
そしてこの温泉街が、とりわけ他と違うのは、とにかく外国人、しかも白人が多いこと。実は城崎温泉は、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で2つ星獲得の温泉で、旅好きの外国人がわざわざ世界中から足を運んでくる。だから、日本的な風情なのになんだかとてもインターナショナル。外湯に行ってみると、必ず外国人がいる。それもアジアからアメリカ、ヨーロッパ、中東など、さまざまな人種が混浴している。これはおもしろいですよ。
PAGE 3

城崎温泉の歴史を牽引してきた名旅館
西村屋で味わう失われた日本の美

そんな城崎温泉には、いま75軒の旅館やホテルがあるのですが、その中で、最も有名な旅館のひとつが西村屋本館。こちら江戸末期の創業以来160年近い歴史をもつ、由緒正しい老舗旅館。庭園をぐるりと囲むように配置された客室は数奇屋造りの別館を始めとする日本建築の伝統を生かした純和室。

大きな窓からは四季折々の美しい木々や草花が眺められ、まさに失われた美しき日本のイメージを今に伝えます。この完成された、和の様式美を経験するだけでも、西村屋に宿泊する価値はあるかと。
また、こちらの旅館の4代目社長は城崎の町長も務め、北但大震災(1925年)に苦しむ城崎で街全体の復興と発展のためにさまざまな努力と工夫をしてきた。そんな伝統もあって、今も西村屋は城崎温泉の発展のために、街の先頭を切って色々な試みを行っているのです。

例えば、インバウンドの集客にも積極的で、いち早く社員の英語教育に力を入れ、ネイティブスタッフや留学経験のある外語大卒の新人を多く採用してきた。2016年には世界の一流ホテルやレストランの証とされる会員組織「ルレ・エ・シャトー」への加盟が承認され、世界にその存在をアピール。今ではパリに駐在事務所を設けて海外を足場にした宣伝にも努めているのです。
実は城崎温泉のある豊岡市では外国人観光客の数が5年で40倍に増えているんだそう。しかも日本全体では訪れる外国人観光の75%が東アジアからの旅行客であるのに対して、城崎ではその割合が約50%。その分、ヨーロッパやアメリカなど世界中からの旅行客が来ているということなのですね。
PAGE 4

温泉を訪れた旅行客が誰でも楽しめる
「さんぽう 西村屋 本店」とは?

「さんぽう 西村屋 本店」の外観。温泉街の雰囲気に溶け込んだシックな木のイメージ。
そして、もうひとつ。西村屋の大きな話題が、この4月に温泉街を訪れた旅行客のために、ダイニングやギフトショップ、ドリンクや軽食とともにゆったり過ごせるサロンを兼ねた「さんぽう 西村屋 本店」という施設をオープンしたこと。

温泉街の食事は、それぞれの旅館でというのが基本ですが、それが何日も続くと飽きてしまうのも事実。しかし温泉街にはそう飲食店が多いわけでもない。そこで、西村屋のお客様でなくても誰でも利用できる施設を自ら作ってしまったのです。
食事ができるのは1階の「囲炉裏ダイニング」。吹き抜けの店舗中央には囲炉裏があって、お客様の目の前で調理するライブ感あふれるレストランです。
PAGE 5
供されるのは地元・但馬の野菜や津居山港から水揚げされる日本海の魚の幸などを使った季節感溢れる日本料理。城崎に来なければ味わえない、この地ならではのご馳走。これぞ旅の醍醐味です。お酒も地元の日本酒はもちろん地元のワインなども揃っていて、選ぶだけでも実に楽しい。
この地元の食材へのこだわりも西村屋にとっては大切な試みです。今回はこちらで料理に添えて出されるわさびを作っている「北村わさび」、ニジマスやアマゴ、イワナを湧き水で育てている「神鍋田村養鱒場」、自然栽培にこだわる農園「ナカツカサファーム」、そして国産原料と天然醸造を貫く「大徳醤油」の醤油工場も見学させていただきました。どこも若いご主人が、地元を盛り立てようと頑張って、非常にクオリティの高い仕事をしていて、ついつい応援したくなってしまいます。
PAGE 6

街全体がひとつの旅館
だからこそアットホームで居心地良し

さて。「さんぽう 西村屋 本店」に戻りましょう。「サロン」と名付けられた2階スペースは、外湯巡りをする観光客が、のんびりとくつろげる場所。建物自体が天然の木を巧みに組み合わせた実に美しい造りで、ゆったりと落ち着く優雅な空間となっています。2000円(税別)を支払うと、スペースを利用できる他に軽食や飲み物をフリーで楽しむことができます。古くから文豪に愛された街にちなんで、手紙を書くためのスペースなんかもあったりして、旅の時間が豊かになる工夫がいろいろされています。
さらに1階入口付近の「ギフトショップ」では食品から工芸品まで、地元産にこだわった商品が並びます。特に美味しかったのは地元の山椒と紅ずわい蟹を使った「朝倉山椒と紅ずわい 蟹山椒」。ご飯のお供にも日本酒のアテにもぴったりです。

こういう、すべての観光客が利用できる施設を西村屋という、いち旅館が作ってしまうというのが面白い。そう、実は城崎温泉は「街全体がひとつの旅館」というのがスローガン。だから皆が協力しながら、魅力的な街づくりを目指している。観光地というと、妙に旅館同士がライバル意識をむき出しにするようなところもあるけれど、こちらはなんだかアットホームで大人な感じがして、それも気持ち良いのですね。
PAGE 7

それでも彼女とふたりで
お風呂を楽しみたいアナタには

ちなみに街なかの温泉はもちろん基本は男女別のお風呂。でも、せっかく彼女と行くんだからふたりで楽しみたいなんて方も多いかと。もちろん旅館の家族風呂でもいいんですが、こちらで絶対オススメなのが西村屋の経営する宿「西村屋ホテル招月庭」の貸切露天風呂「森のプライベートスパ」。
ここはすごいですよ。温泉露天風呂と岩盤浴とリビングを備えた完全個室スパになっていて、しかもリビングにはスパークリングワインまで用意されているという、至れり尽せりのサービス。部屋のタイプはジャパニーズ、バリニーズ、チャイニーズの3つ。いずれも目の前は5万坪の大庭園が広がる絶好のロケーション。四季折々の山の景色を眺めながらふたりで至福の温泉タイムを楽しめる最高の施設なんです。ぜひご経験あれ。

というわけで、まさに大人の温泉デートにぴったりなのが、こちら城崎温泉。風情があるのにインターナショナルで、しかもグルメの質が高い。オススメです。

■ さんぽう西村屋 本店
住所/兵庫県豊岡市城崎町湯島463-2
URL/http://www.sanpou-nishimuraya.com
お問い合わせ/0796-32-4680

■ 西村屋本館
住所/兵庫県豊岡市城崎町湯島469
URL/http://www.nishimuraya.ne.jp/honkan/
お問い合わせ・予約/0796-32-2211

■ 西村屋ホテル招月庭
住所/兵庫県豊岡市城崎町湯島1016-2
URL/http://www.nishimuraya.ne.jp/shogetsu/
お問い合わせ・予約/0796-32-3535
「森のプライベートスパ」はこちら
URL/http://www.nishimuraya.ne.jp/shogetsu/spa/private.php

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL