• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 【お泊り】ドライブデートの大本命!? 圧巻の建築美が誘う非日常の旅とは?

2019.03.10

【お泊り】ドライブデートの大本命!? 圧巻の建築美が誘う非日常の旅とは?

東海道随一の景勝地ともいわれる千本松原にある「沼津倶楽部」。明治の粋人が愛した3千坪の庭園に、美術館のような和館、そしてリゾートを知り尽くした建築家による新館と、魅力が集合したお宿です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/いとう事務所

新館客室ロビーからは、光の加減によって表情を変える水盤が望める。
今回のお泊まりドライブデートの舞台「沼津倶楽部」は、歴史ある名建築とモダンなデザインの双方を同時に楽しめるお宿です。

というのも、こちら、明治の粋人、茶人でミツワ石鹸の2代目社長でもあった三輪善兵衛氏が建てた数寄屋造りの別荘と風雅な名庭園をベースに、現代の匠・渡辺明氏が洗練されたゲストハウスを増築して蘇らせた宿なのです。

一級品の近代和風名建築は、非日常への扉を開くトリガー

現在はレストラン、ライブラリーとして利用されている和館は、天井や欄間、素材使いなど、随所に近代和風建築の粋を愛でることができます。窓ガラスも手吹きで、いい味わいと雰囲気が醸し出されています。
どっしりと構えた長屋門は、木造平屋建て入母屋造で、大正2年に建築されたものをこちらに移設したもの。しっかりと整備された庭園に佇む姿は、別格の存在感です。
PAGE 2
和館の北棟と南棟、庭園にある長屋門は、有形文化財に登録されており、これらを見るだけでも価値がありますよ。
でも、それ以上にうれしいのは、これらの建物が、非日常への扉を開くトリガーとなってくれること。日常生活では目にする機会の少ない極上の建築美が、心の箍(たが)を外してくれ、心理的な開放感を生み出してくれるのです。

心地よい宿で、心を開放し、稀有な癒しを味わう

和館に対し、グッとモダンな雰囲気となっているのが、全8室のゲストルームを備えた新館。建物の前には富士山の伏流水が湧き出る水盤が設けられ、風や光の加減で変化する水盤の美しさは、1日中眺めていても飽きない、というゲストも多いとか。
さらに新館にはストーン・スパもあり、宿泊者は無料で露天風呂や本場オーストリアのバドガシュタイン鉱石を使った岩盤浴などを貸し切りで利用可能。スパや客室のお風呂に使われているのは、富士山の伏流水。低刺激なうえにしっかり温まると好評です。
PAGE 3
客室102号室は1階が和室、2階が洋室ツインベッドルームのメゾネットタイプの部屋。檜の内風呂付き。
客室はすべて正面の松林を向いたつくりになっており、プライベート感が高いのもふたりで過ごすにはうってつけですな。

こうした和と洋の魅力を併せ持つ「沼津倶楽部」。こちらを訪れるほとんどのゲストが、お籠り系、つまりしっぽり客室で過ごす人が多いようです。
102号室の2階テラス。全ての客室が数寄屋造りの伝統を現代に生かし、意匠を凝らした設え。
新館からは海は見えないものの、テラスに出るとゆるやかな潮騒の音が響いてきます。心地よい風や鳥の声も。この自然のBGMがグッと心を和ませてくれ、気持ちをとてもゆったりとしたものにしてくれます。
PAGE 4
客室はモダンデザインで快適、そして食事は名建築の和館で、というように所々に現代を生きる日本人にとって心地よい刺激があることで、稀有な癒しを得ることができるようになっているのですね。
食事は、沼津の海の幸や全国から旬の食材を取り寄せた和食で、夕食は日替わりメニューでの提供につき、3日前までの予約が必須です。朝食は煮魚、卵焼きなどヘルシーなメニューが揃います。

建築好きならずとも、名建築がもたらすリラックス効果を体験できる「沼津倶楽部」。お泊まりドライブデートにおける大本命のお宿ですぞ。

◆沼津倶楽部

住所/静岡県沼津市千本郷林1907
アクセス/東名高速道路・沼津I.C.より約20分
URL/http://numazu-club.com
ご予約・お問い合わせ/055-954-6611

●料金/3万9960円〜(1名・1泊2食付き)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL