• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 米沢牛と温泉三昧で、身も心もトロけるような、おふたり様専用の絶品宿!

2019.02.10

米沢牛と温泉三昧で、身も心もトロけるような、おふたり様専用の絶品宿!

おふたり様専用にしつらえられた米沢の温泉宿「時の宿すみれ」。彼女と貸切露天風呂を楽しんだ後は、米沢牛づくしの夕食を。産地ならではの稀少部位と新鮮な旨味を思う存分味わえますよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/いとうゆうじ

単に「温泉に行こうよ」と誘うより、「温泉でおいしいもの食べない?」と言ったほうがヒキが強いのは明白。今回、ご紹介する米沢の「時の宿すみれ」は、それを実行できる宿なんです。

米沢牛の脂の旨味をふんだんに楽しめます

こちらの目玉は、なんといっても米沢牛。米沢牛とは、寒暖の差が激しい限られた土地で32カ月以上にわたり、厳選された飼料と愛情を込めて肥育された未経産雌牛のこと。その肉の美味しさは、赤身の旨みだけではなく 脂がもつ本来の甘さに満ちています。
さて、夕食の米沢牛創作懐石料理です。コースは前菜から定番の大とろポワレの握り、そしてステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶからセレクトできるメインまで、すべてに米沢牛が使われており、かなりの肉食系でも大満足のラインナップです。
これだけ聞くと、ちょっとヘビーかもと思われるかもしれませんが、いやいや、これが翌日もまったく胃もたれしないのです。その理由こそが米沢牛の真骨頂。脂の融点が低く、すっきりとした味わいゆえ思う存分食べてもまた食べたくなる、というわけ。

そんな極上の米沢牛が味わえるのも、女将の実家が老舗の米沢牛販売指定店だからこそ。そのため、新鮮かつ、まくらや千本といった稀少部位も味わえてしまうというわけなのですね。
ちなみに、夕食後デザートとともに提供されるコーヒーは、宿のオリジナルとして焙煎されたもの。それを豆から挽き、淹れ立てを味わえます。
PAGE 2
朝食には、牛佃煮や牛汁など、ご飯のお供が盛りだくさん。旬の野菜もたっぷりで、ご飯が進む。
朝食にも、もちろん米沢牛が登場します。ご飯のお供が多数出て来るのですが、米沢牛のコラーゲンを使った煮こごりをはじめ、定番の牛汁。秋には山形名物芋煮汁も。ついつい地元産のお米「つや姫」をもりもり食べてしまいます。

すべて趣の異なるデザインの客室で、カラダの内から外から温まる

そんな食の喜びに加え、この宿が魅力的なのは、おふたり様専用としているところです。すべてのゲストが大切な相手と訪れているため、館内に漂う空気がとっても穏やかで優しいのです。
全10室の客室は、ヨーロピアンリゾート、モダンリビング、古民家風などすべて異なるデザイン。なので、次は別の部屋に泊まってみようというリピートでのお誘い手段としても活用することができますよ。
さらに、ふたりで入るのにジャストなサイズで設計された貸切露天風呂も素晴らしい。温泉は単純泉ながらも、湯上がり後のポカポカ感が長続きする名湯。この温泉に仲良く浸かれば、米沢牛の脂のようにお互いの心もスッとトロけてしまうはず。
PAGE 3
宿の周囲は、のどかでどこか懐かしくもある自然に包まれており、それが、なんとも癒し効果をもたらしてくれます。何をするでもなく、ラウンジやテラスで目の前に広がる自然を眺めるだけでも、ホッとすることができますよ。

地元ならではの米沢牛づくしを味わい、テレビのない客室でふたりきりを楽しむ。そういう普段は見過ごしがちな、ふたりだから過ごせる“特別な時間”を堪能できるのも、「時の宿すみれ」のいいところ。女性からの「また行きたいな♡」を引き出すには十二分な要素をもった温泉旅館で、“ふたりきり”のお泊まりドライブデートを存分にお楽しみくださいませ。

◆ 時の宿すみれ

住所/山形県米沢市関根12703-4
アクセス/東北中央道米沢八幡原IC~国道13号
URL/www.tokinoyado.com
ご予約・お問い合わせ/☎︎0238-35-2234

● 料金/2万1500円〜(1泊2食付き、税・サ別)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL