• TOP
  • PEOPLE
  • 哀川 翔「男はあんまり余計なことを言わないのがカッコいいな」

2024.01.13

哀川 翔「男はあんまり余計なことを言わないのがカッコいいな」

三島有紀子監督の映画 『一月の声に歓びを刻め』に出演する哀川 翔さんに話を伺った。すでに200作を超える作品に出続けてきたなかで、哀川さんの迷いなきスタイルはどのように作られていったのか?

CREDIT :

文/池田鉄平 写真/トヨダリョウ ヘアメイク/小林真之 編集/森本 泉(LEON.JP)

哀川翔 LEON.JP

自分で信念持って生きてたら、あんまり言い訳することないと思う

冬の息吹が街を包む師走のある日、都会のビルの屋上で一つの撮影が行われていた。空は曇りがちで、肌を刺すような冷たい風が吹いていたが、そんな寒さを気にするふうもなく、一人の男がカメラの前に凛として立っている。

彼は、カメラマンからの要求に応じて、様々なポーズを取りながら、撮影を楽しんでいるようだった 。時折、カメラマンが「ナイス! 最高!」と叫び、その熱気を帯びた声に小さく照れたような笑顔を浮かべる。

被写体となっていたのはアニキこと哀川 翔さん。1988年に俳優としてデビュー以来、アクション映画の硬派な役割からコメディや人情ドラマに至るまで、幅広いジャンルで活躍してきた。近年は強面のイメージを裏切る誠実で人間味あふれるキャラクターも大いに愛されているのはご承知の通りだ。
この日、哀川さんが出演する映画 『一月の声に歓びを刻め』に絡めて色々お話を伺ったのだが、その最後に「長年のキャリアを通じて、業界の最前線に立ち続ける哀川さんが考えるカッコいい大人とは?」という質問をした。

しばしの間があって哀川さんはこう答えた。

「あんまり余計なことを言わないのがカッコいいな。よっぽどじゃない限り口を開かない方がカッコ良くない?」
PAGE 2
哀川翔 LEON.JP
それは、言い訳をしないとか、そういうこと?

「そうだね。言い訳してもいいことないからね、肯定することはいいけど、否定することはあんまりよくないと思うし。自分で信念持って生きてたら、あんまり言い訳することないと思うんだよね。誰にだって非はあると思うけど、その非も含めてそれが自分だと思えば、言い訳が必要だとは思わないし」

このひと言が哀川さんのすべてを表しているように思えた。どんなことでも正面から受け止め、それでもみじんも揺らぐことのない大きな器のような人。
映画制作現場で哀川さんが大切にしていることを伺った時にはこんな答えが返ってきた。

「俳優だからニーズに応えるっていうことかな。オーダーに応えることが俳優だと思っているので。自分の中に『NO』はあんまりないんですよね。だから『普通の人だったらNOって言うんですけどね』ってよく言われるんだけど(笑)。それは監督がやれって言うんだったら『NO』はない」
何故そこまで言い切れるのか?

「映画って、主演作品ということがあっても、その前に監督作なんだよね。すべて監督のせいですよ(笑)。俺も1回だけやったことがあるけど本当に大変なことなんです。だからそれを考えると、俺は『NO』という意味がないなと。やれっていうなら『はい』っていう(笑)。よっぽどじゃないとって、そんなよっぽどはないですよ(笑)。でも、それがキャラクターのフックになったりするんですよね。キャラがそこに確立されたりするんです」

すべては前向きに、求められたことを全力でやりぬくのが哀川流。
PAGE 3
哀川翔 LEON.JP

娘と息子は違う。娘との距離感をどういう風に保っていくか

今回の映画 『一月の声に歓びを刻め』は、国内外の映画祭で高い評価を受ける三島有紀子監督が47年間向き合い続けた「ある事件」をモチーフに⾃主映画からスタートしたオリジナル企画。「性暴⼒と⼼の傷」という難しいテーマにあえて挑み、⼼の中に⽣まれる罪の意識を静かに深く⾒つめる映画である。

哀川さんが演じるキャラクター、赤松誠は早くに妻を亡くし、ぶっきらぼうながらも八丈島で娘を男手一つで育ててきた牛飼いの男性。頑固な性格ながらも娘を誰よりも深く愛する父親として描かれている。しかし、今回のような日常のささいな出来事や人間の感情を表現する役は、なかなか難しい経験だったという 。
「あんまりこういう親子の感情を表現するような役はやってこなかったですから。特に娘との関係というのは。今までは“切った張った”が多かったからね(笑)。感情を表に出しては出来ないようなことばっかりやってきたから。普通の人をやるって言うのは難しいですよ。逆に」

映画の中で哀川さんは新しい人生の門出に立つ娘の自立を静かに見守る、その複雑な心情を、控えめながらも力強い演技で 表現している。
PAGE 4
哀川翔 LEON.JP
「娘を持つ親としてはね、いろんなことで娘との距離を味わうことがあると思うんです。やっぱり、娘と息子は違いますからね。その辺の距離感をどういう風に保っていくかという。そこは結構大事にして取り組んでいきました」

実際に娘さんを育てた経験もある哀川さんですが、ご自身の経験が生かされたことは?

「それはないですね。 あんまり自分の経験を入れちゃうと、登場人物のキャラがブレたりするんで。ただ、もしその立場に置かれたらとかは考えます。今回は俺でもそうするよなという所がたくさんありました。だから取り組みとしてはすごくやりやすかったですね」
その中で特に共感した部分は?

「やっぱりちょっとオブラートをかけて(娘に)発言するというね。なかなか『妊娠してんだろ』って言えないからね(笑)。あれはもう、言わなくちゃいけないという思いで言ったという。そういう所は凄く共感できますよね。

親だからこそ言わなくちゃいけないというところもあるし、娘も親だからこそぶつかれるという。親子としての感情がぶつかり合うというのはすごく素敵なことだと思って。なかなかぶつかり合うことがなくなってくるんですよ。でもそういうことがとても大切なことなんじゃないかと。親子だからこそありうるというね」
PAGE 5
哀川翔 LEON.JP

ラストカットを撮り終えた瞬間が最も充実感を得られる

俳優として35年のキャリアを持ち、その舞台裏では多くの感慨深い瞬間と挑戦があった。そんな哀川さんが語る、俳優としての最高に高揚感を感じる瞬間とは。

「一番はね、ラストカットを撮った時(笑)。そこに向かってますからね。それでいつも監督に『大丈夫だった?』って聞くんだけど、『OK! 大丈夫!』と言ってくれると『よしっ!』って。その瞬間に『これでまた一本撮り終わったぞ』みたいな喜びが一番ありますね」

それがずっと続いてきたと……。

「俺が俳優を始めた頃は、夜中の2時や3時まで撮影するのが当たり前だったからね。今回は久々に夜中まで撮っていたけど(笑)、今はそれも少ないですよね。改善なのかもしれないけど、時々『これで本当にいいのか?』と思うこともあるし。
今まで200何十本も撮影してきて、本当に終わるのかなっていう撮影も昔はあったけど。でも、終わらない撮影はないからね。みんなには『大丈夫、やってりゃ終わるから』って(笑)。山登りと一緒で一歩ずつ踏みしめながら登っていくと頂上にたどり着くんですよ。その苦労があるからこそ最後の瞬間がいちばんうれしいんだろうね」

哀川さんの姿勢は常にブレず、そのスタイルは一貫して貫かれている。ここに至るまでには迷いや悩みもあったのだろうか?
PAGE 6
哀川翔 LEON.JP
「芝居に関してはまったく素人から入ったからね。最初は当然ながら、ステージに立っても何をすべきかさえわからない時期がありました。でも、慣れなんですよ。魚釣りと同じで、慣れがすべて。パターンを覚えてルーティンが身につくにつれ、演技も自然とできるようになってくる。最初は手探りでしたが、徐々にその道の理解が深まっていきました。

理解してないでやったら何も面白くないんですよ。もちろん悩みはありますが、それはもっと頑張らなければという前向きな悩みであって。誰もが最初から完璧にできるわけではないけれど、継続し続けることで、自分だけのスタイルや立ち位置が見えてくるんです」
そのスタイルを続けるために普段から気をつけていることを伺うと……。

「特に何か特別なことをしているわけではないです。ただ、日常のルーティンとして、朝早く起きて夜早く寝るぐらいなことで。やっぱりコンディションが一番だと思うから。それを毎日ずっと続けていれば、調子が狂うこともないしね」

そしてひと言。

「こういう話も普段はしないけどね。尋ねられるからするだけで(笑)」

男は黙って行動するだけ。余計なことは言わず、常に最高のラストカットを求め、監督のニーズに応えるだけ。その迷いなきスタイルで俳優道を突き進む哀川さん。やっぱりアニキはカッコいい!
哀川翔 LEON.JP

● 哀川翔(あいかわ・しょう)

1961年、徳島県徳島市生まれ。一世風靡セピアの一員として「前略、道の上より」でレコードデビュー。TV ドラマ「とんぼ・連続ドラマ(TBS)」、映画『オルゴール』で一躍脚光を浴びる。映画デビューは、和泉聖治監督の『この胸のときめきを(88年)』。91年の『獅子王たちの夏』で、アウトローを力演しヒットに導く。黒沢清監督『勝手にしやがれ!!』他、『修羅がゆく』等がシリーズ化される。95年に『BAD GUY BEACH』で<あいかわ翔>として監督に初挑戦。05年には『ゼブラーマン』で「日本アカデミー賞 優秀主演男優賞」を受賞。07、08年には『座頭市』で初座長を務めた。出演作はすでに200本以上になる。最近の出演作に『牙狼〈GARO〉- 月虹ノ旅人』(19年)、『老後の資金がありません!』(21年)、『春に散る』(23年)等がある。『ピーターラビット2/ バーナバスの誘惑』(21年)では声優に初挑戦している。

哀川翔 LEON.JP

『一月の声に歓びを刻め』

『幼な子われらに生まれ』『Red』などの作品で、国内外の映画祭でも高い評価を受ける三島有紀子監督の最新作。監督自身が47年間向き合い続けた「ある事件」をモチーフとしたオリジナル企画であり、北海道・洞爺湖の中島、伊豆諸島の八丈島、大阪・堂島の3つの「島」を舞台に、それぞれ心に傷を抱える3人の“生”を圧倒的な映像美で描いていく。哀川さんは東京・八丈島を舞台にしたストーリーに出演。大昔に罪人が流されたという島で牛飼いとして暮らす赤松誠(哀川翔)。妊娠した娘の海(松本妃代)が、5年ぶりに帰省した。誠はかつて交通事故で妻を亡くしていた。海の結婚さえ知らずにいた誠は、何も話そうとしない海に心中穏やかでない。海のいない部屋に入った誠は、そこで手紙に同封された離婚届を発見してしまう……。
出演は他に前田敦子、カルーセル麻紀、坂東龍汰、片岡礼子、宇野祥平、原田龍二、とよた真帆。
2月9日(金)よりテアトル新宿ほか全国公開
HP/映画『一月の声に歓びを刻め』オフィシャルサイト

PAGE 7

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        哀川 翔「男はあんまり余計なことを言わないのがカッコいいな」 | 著名人 | LEON レオン オフィシャルWebサイト