• TOP
  • PEOPLE
  • ラグビー日本代表の司令塔・田村 優はなぜモテるのか?【前編】

2019.12.07

ラグビー日本代表の司令塔・田村 優はなぜモテるのか?【前編】

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」が、ホスト国の日本だけでなく世界のラグビーファンを虜にしたのは記憶に新しい。2大会連続でW杯出場を果たし、日本を史上初のベスト8に導いた立役者のひとり、田村 優選手が、LEON.JPに現在の心境を語り尽くしてくれた。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/片桐史郎(TROLLEY) スタイリング/伊達祐輔 ヘアメイク/田中徹哉 インタビュー/石井 洋(LEON.JP編集長) 文/鳥海美奈子

まだ記憶に新しい「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。44日間に及ぶ熱い闘いの余韻が残るなか、プールステージ4戦全勝でトップ通過を果たし、日本中に感動の嵐を巻き起こしたジャパンの司令塔・田村 優選手のインタビューが実現しました。今大会ですっかりラグビーファンになったLEON.JP編集長・石井 洋が、日本戦の舞台裏、そして、いま最もモテるアスリートのひとり、田村選手の素顔に迫ります!

「できることはすべてやり切ったという感じです」

石井 洋(以下:石井) 日本中を熱狂の渦に巻き込んだ、ラグビーW杯が終わってから1週間経ちました。現在の率直な心境を教えていただけますか?

田村優(以下:田村) 少しずつ、気持ちの整理がついてきたという感じです。自分たちが何をやり、何を成し遂げたのか、やっと実感が湧いてきました。ベスト8の試合が終わったばかりの頃は、自分の置かれている状況もよくわからなくて、どこかふわふわしていたんです。実はこの1週間、沖縄で久しぶりにゆっくりとオフの時間を過ごしたんですけれど、周囲の人たちの僕に対する反応を見て、あ、自分たちは大きなことを成し遂げたんだな、とようやくわかってきました。そういう状況をつくれたことは、今回W杯に関わった人間として幸せだったと思います。
石井 ラグビーW杯の日本開催が決定した頃は、本当に大丈夫?という声もあったと思います。でも実際に始まってみると、こんなにラグビーファンっているんだ、というくらい盛り上がりましたよね。実際にプレーしている選手として、それについてはどう思われたんですか?

田村 うれしかったですよ。当初はまったく注目されていなかったので、ものすごく危機感がありました。これでチームが結果を残せなかったら、ラグビーが今後、浮上できる機会はゼロになってしまう、と。ただファンが増えても、代表選手たちは浮かれることもなく、自分たちの目標に向かって集中して、できることはすべてやり切ったという感じです。
PAGE 2

「僕らのなかに、何か大義のようなものが存在しました」

石井 自国開催ということで、相手に勝利するだけではない、別ベクトルのプレッシャーもあったということですよね?
田村 そうですね。僕らのなかには日本代表として最も憧れられる存在でありたい、そして未来に繋がる大会にしたいという、何か大義のようなものがありました。そして日本全体にインパクトを与えるという。たとえば最近は『君が代』を歌わなかったり、外国人に対するヘイト発言があったりと、様々なことが問題視されていましたよね。日本代表は外国出身選手が多いですし、そういうことが集約された場でもあるんです。それに対する答えを提示したい、教科書でありたいという思いも強くありました。そういう大義のようなものがないと、あそこまでは頑張れなかったと思います。そこは大事でした。僕らにとっては。
 
石井 国籍なんて関係なく、全員がONE TEAMで目標に向かっていたのが印象的でした。主将のリーチ・マイケルさんがW杯の合宿で、『君が代』を知らない若い選手や外国出身選手たちに「さざれ石」を見せたとか、全員が誇りをもって国家を歌うことが大切だと語っていましたよね。ある意味、ラグビー日本代表は、日本人が今後進むべき道を提示して見せてくれたのではないかと。

田村 日本の全部を変えるとか、そういうことはもちろんできないとは思いますけれど。でもどこの国籍か、日本人か日本人ではないかなんて、関係ないんですよ。人と人として向き合う。もっとシンプルなことなんです。
PAGE 3

「キックの瞬間は、僕だけの時間」

石井 プレーについてもお聞きしたいと思います。田村さんは司令塔ですよね。その意味でのプレッシャーも大きかったのではないでしょうか?
 
田村 はい。司令塔はゲームを組み立てていく立場だから、勝てば凄かったと言われる代わりに、負けるとバッシングがきます。そういう状況になると、自分だけではなく家族にも影響が及ぶのではないかと心配していました。僕はW杯の前回大会にも出場しているから、それ以上の成績を残さなければいけないというプレッシャーもありましたし。そういうことを全部乗り越えて、戦う必要がありました。
 
石井 田村さんの場合はキックもありますしね。決めればヒーロー、外せば戦犯扱いという。スタジアムは超満員だし、視聴率も高いし、ましてや世界中が観ているなかで蹴る時って、何を考えていらっしゃったんですか?
 
田村 特に何も考えていないんです。とにかく自分のリズムだけを信じてやろうと、その瞬間を100%楽しんでいましたね。キックの瞬間は、僕だけの時間なので。
石井 こちらも集中して一挙手一投足観ているから、一瞬、音が止む感じで。

田村 はい、僕の中では完全に音は止んでいます。それでも日本は騒いでいるお客さんもいて、スタジアムは決して静かな感じにはならなかったですね。海外だと、観客もいっさい話を止めてキックの瞬間を見守っています。
 
石井 観客のほうも試合の見方がわかっているんですね。
 
田村 そうですね。日本も今後、そうなっていくとより良いラグビー文化が花開くかなと思います。
PAGE 4

「どういう状況でも集中モードに入れるよう、訓練しました」

石井 練習の時に集中力を養うためにすることはありますか?
ジャケット28万円、パンツ4万6000円、ニット7万1000円、チーフ1万3000円、シューズ12万7000円/ダンヒル
田村 日によっても違うんですけれど、例えばジェイミー(・ジョゼフ ヘッドコーチ)が、ずっと横で話したりして妨害するんです。どういう状況でも集中モードに入れるように訓練します。試合の時は、開始前に10秒のカウントがあるので、そこで深呼吸して一気に集中力を高めていく。
石井 テレビで観ましたが、サイドから蹴ってポールに当てるキックの練習をすごい確率で成功させていましたね。
田村 司令塔としてゲームをコントロールするのも自分にとっては大切な仕事なので、80分間ラグビーするなかで、キックだけにフォーカスしているわけではなくて。キックが悪いことでゲームが崩れたりしないよう、常に気を配っています。
石井 中学まではサッカーをやっていらしたんですよね?
 
田村 はい、ラグビーは高校からです。

石井 蹴るというのは、やはりサッカーと繋がりはありますか?
 
田村 どうなんですかね。ただ蹴り方にクセがあると言われて、克服するためにずっと訓練を積んできました。それでも蹴るという行為や動作そのものにスッと入っていけた部分はあると思いますね。
PAGE 5

「僕、目標がないと頑張れないんですよ」

石井 注目を集めるひとりのアスリートとして、次はこれをしたい、というのはありますか? 役者とか、オファーが来そうですよね(笑)。
田村 いや、そういうのは全然ないです(笑)。もちろん、ラグビーに関わっていきたいと思っています。日本代表としてW杯の2大会に出場して、この8年間の勝率は約80%に達していますし、いいパフォーマンスをし続けたという実感があります。だから今後は海外でプレーしてみたいとも思いますね。環境を変えて、別の目標を持ったほうがいいのかな、と。僕、ターゲットがないと頑張れないんですよ。
石井 どこの国でプレーしたい、というような希望はありますか?

田村 オファーがあれば、どこでもいいです。パフォーマンスはきちんと維持しつつ、40歳まではプレーをしたい。
石井 将来的には指導者になりたいとか、解説者で俯瞰するほうの立場になりたいとか、そういったビジョンはありますか?

田村 今回のW杯では、攻撃をプランニングするアタックコーチで、トニー・ブラウンという人がいたんです。彼はいずれオールブラックスのコーチになるのではないかと言われているくらい、世界的にも有名で。彼とは感覚も似ていて、一緒に仕事をするなかで、ゲームのプランニングをするアタックコーチは面白そうだなと、興味を持ちましたね。
 
石井 僕は素人的な見方しかできませんが、昔はまずはスクラム、というイメージがあったと思います。でも今回のW杯ではキックが多用されていて、展開もとてもスピーディで。戦術とか戦力、技術力はこれからますます上がっていくんでしょうね。
 
田村 そうですね。今回の日本のラグビーは、ヘッドコーチのジェイミーとトニー・ブラウンが作り上げたものです。僕は攻撃、つまりアタック専門ですが、アタックは日本が今回のW杯のなかで一番と言ってもおかしくなかったと思います。ニュージーランドと同等くらいだったかな、と。
石井 ラグビーは肉体のぶつかり合いというイメージが先行しがちですが、イギリス発祥の球技ですから、実は戦術がとても大事なんでしょうね。
 
田村 チェスと同じく味方を動かす、さらには相手を動かす部分もありますし。すごく美しいスポーツだと思います。自分がやりたいように周囲を動かせるのは楽しいですね。

石井 日本代表のプレーは攻撃も多彩で、観ていて本当に楽しいラグビーでした。ありがとうごさいました!
※ 掲載商品はすべて税抜き価格です

田村 優(たむら ゆう)

1989年1月9日、愛知県生まれ。ポジションはセンター、スタンドオフ。小学校・中学時代はサッカーに専念していたが、國學院栃木高校に入学後、ラグビーを始める。明治大学を経て、NECグリーンロケッツへ。2012年に初代表入りを果たし、2015年のW杯に出場。2019年のW杯では初のベスト8入りに貢献した。現在はキャノンイーグルスに所属。181cm、92kg。

協力

ダンヒル 03-4335-1755

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ラグビー日本代表の司令塔・田村 優はなぜモテるのか?【前編】 | 著名人 | LEON レオン オフィシャルWebサイト