• TOP
  • LIFESTYLE
  • うちのワンコを自慢させていただきます! 【LEON.JP編集長・前田陽一郎】

2017.12.31

うちのワンコを自慢させていただきます! 【LEON.JP編集長・前田陽一郎】

あのセレブリティはどんなワンコを飼っている? ワンコの姿から、その飼い主さんの知られざる顔が見えてきます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/河合かおる

あの人が飼っているイヌについて、もっと知りたい!

というわけで、犬を愛してやまないセレブリティの方々に、自慢の愛犬との出会いのきっかけや愛用しているグッズになどについてお聞きしてみました。飼い主のみなさんが自撮りした貴重なプライベート写真は必見! 

第6回は、我らがLEON.JP編集長の前田陽一郎です。

名前:ランプ
犬種:ラブラドール・レトリバー
年齢:10才

Q. 飼い始めたきっかけは?

A. 「子供の頃から実家には必ずワンコがいたため、自分にとってワンコがいる生活は当たり前のこと。なので、飼い始めたきっかけ、といっても……。僕にとって愛犬は、家族であり、親友であり、彼女だったりもします。そういう視点で見ると、僕にとってラブラドール・レトリバーは理想の存在です。この子は2頭めのラブラドールなんですが、以前飼っていた子が短命に終わってしまい、喪失感からしばらくワンコは飼えなかったのですが、その子を吹っ切るためにも……と思ってまた同じ犬種にしました。幸いこの子は元気に10才を迎え、依然として筋骨隆々のうえ、性格も活発で、近所の若い犬たち以上にふざけてばかりいます」

NEXT PAGE2/ 2

Q. どんなワンコですか?

Q. どんなワンコですか?

A.「あまりベタベタした関係ではないんですが、長期の出張などから帰ってくると、やたらベタベタしてきます。生まれたばかりの頃はなかなかブサイクな子でそこが可愛かったんですが、いまでは結構な美人になったと思うのですが……飼い主バカですかね?(笑)」
「よく行く湘南で、こうして風にふかれながら、なにをするでもなくただ一緒にいる幸せと言ったら!」
「ガレージでオートバイや自転車をイジっている時にはつまらなさそうに側で寝てます」
「一昨年のハロウィン。とにかく食いしん坊なので『オヤツをあげるから』と言えば、どんなリクエストにも応えてくれます(笑)」
「スキーはまだ一緒に行ったことはないんですが、スノートレッキングは何度か一緒に行っています。どんな深い雪でもぐいぐい進むパワーはすごいもんです」

Q. こだわりのグッズについて教えて下さい。

A.「今回の特集でも紹介している湘南の『DOGGY BRO』は行きつけのショップ。このワンコ用ベストは、バリスティックナイロン製のタフな雰囲気が最高。別売りのバッグやワッペンもあって、ベルクロテープで着脱可能なところも楽しいです。あまりワンコに服を着せたりするのは好みじゃないんですが、これは別!」
商品名は、ミリタリーハーネス(6480円)。
A.「今回の特集でも紹介している湘南の『DOGGY BRO.』(1月3日公開予定)は行きつけのショップ。このワンコ用ベストは、バリスティックナイロン製のタフな雰囲気が最高。別売りのバッグやワッペンもあって、ベルクロテープで着脱可能なところも楽しいです。あまりワンコに服を着せたりするのは好みじゃないんですが、これは別!」
「あと、ここのところ馬肉と発酵野菜をあげるようにしています。とくに馬肉をあげるようになってから、さらに活発になったような気がします。これも『DOGGY BRO』で取り扱っていて、湘南に遊びに行く時には必ず買って帰るようにしています」
「あと、ここのところ馬肉と発酵野菜をあげるようにしています。とくに馬肉をあげるようになってから、さらに活発になったような気がします。これも『DOGGY BRO.』で取り扱っていて、湘南に遊びに行く時には必ず買って帰るようにしています」

思わず顔がユルんじゃうワンコたちの記事はこちらから!

うちのワンコを自慢させていただきます! 【パンツェッタ・ジローラモさん】
我らがジローさんも実は愛犬家!どんなワンコと暮らしているのでしょう?

おしゃれ小物でモテるワンコの作り方
かの大物ミュージシャンは、なんと飼い犬をダシに使ってナンパに成功。めでたく再婚に漕ぎつけたとか! そう、車や時計同様、ワンコには飼い主の美意識と経済力がおのずと滲み出るもの。だからこそ、ドッグウェアやグッズにきっちり投資する意識が肝要なのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事