2020.06.06

VOL.05「シガーは色気の嗜好品である」

シガーとは刃物や火を嗜むことでもあるのです

ファッションからカルチャー、旅やホテルからガストロノミーまで、ラグジュアリーライフをテーマに執筆活動を行っているコラムニストの中村孝則さんが、毎回1本のシガーを取り上げてその魅力と楽しみ方をご紹介する連載です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/中村孝則 イラスト/林田秀一

ラグジュアリーライフをテーマに執筆活動を行っているコラムニストの中村孝則さんが、シガーの魅力と楽しみ方をご紹介する連載。今回のテーマは……。

■ Theme05「シガーは色気の嗜好品である」

独断を承知で申し上げますと、シガーは男の色気を表現してくれる、数少ないアイテムのひとつだと思うのです。もちろん、ファッションアイテムやクルマ、あるいはフレグランスやジュエリーも、ある種のセクシーさに通じる本質が潜んでいるということは理解しています。

しかし、シガーがそれらと決定的に違うのは、刃物と炎を同時に御さねばならないという、ある意味で原始的なアイテムというところにあります。
▲チャーチル卿にインスパイアされた人気シリーズの2020年限定エディション。 吸いやすいペティパナテラのシェイプであり、 味わいのバランスも抜群。 
『ダビドフ ウィンストン チャーチル レイト アワー  リミテッド エディション2020』(5本入り)9500円/ダビドフ オブ ジュネーブ ジャパン 
ご存知のとおり、ほとんどのプレミアム・シガーは、まず初めに吸い口をカットしなければなりません。そして、そのあとには丁寧な点火をする必要があります。これらの作業それぞれには専用の道具が必要で、最後まで美味しく吸い切るためには、相応のコツと経験値がものをいうのです。

刃物や炎を御するというのは、男としての野性的な感性も必要なわけで、それらを洗練した所作で行う時に、強烈な色気が漂うのではないでしょうか。シガーの魅力は、それ単体の個性や美味さはもちろんですが、そうした一連の所作であったり、シガーをめぐる周辺の道具類のセレクトであったり、つまるところ、総合的なひとつの文化だと思うのです。
PAGE 2
シガーを嗜むことは、同時に刃物や炎を嗜むということでもあり、そういった観点から、色気の嗜好品なのではないかと思う次第。そこがシガーのハードルの高さなのかもしれないですが、逆にいえば、そうした所作ひとつひとつにプリミティブな楽しみが潜んでいるわけで、まだ体験したことがないという方にも、ぜひ一度トライしていただきたいと思うわけです。

さしずめ、今月ご紹介するこの「ダビドフ ウィンストン チャーチル レイト アワー リミテッド エディション2020」は、燃焼時間が短めな15分ほどで、味わいのバランスもいいので、シガー入門の一本としてもオススメいたします。

中村孝則

コラムニスト。世界各地を独自の視点で読み歩き さまざまなメディアで ラグジュアリーライフを提案。「世界ベスト レストラン50」の審査員も 務め世界各地で美食探求の日々を送る。 

2020年5月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ダビドフ オブ ジュネーブ ジャパン  03-5537-5585

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL