• TOP
  • LIFESTYLE
  • 【プロが教える】ラフなインテリアが「おもてなしの極意」!?

2023.02.28

【プロが教える】ラフなインテリアが「おもてなしの極意」!?

空間プロデュース、フラワーデザイン、フードクリエイションと多彩に活躍するアーティストhideyaさんのおもてなし術を拝見。メゾンブランドや各界セレブリティをもトリコにするホスピタリティの真髄とは?

CREDIT :

写真/蛯名まゆこ 文・編集/宮原友紀

セレブリティも絶賛! hideyaさんの誰もがトリコの“おもてなし”を拝見

セレブリティも絶賛! hideyaさんの誰もがトリコの“おもてなし”を拝見
メゾンブランドのアートディレクションやイベント制作、セレブリティウェディングの総合プロデュースなど、“プロフェッショナルで上質なおもてなし”を生業とするhideyaさん。「唯一無二のセンスと技による空間プロデュース、フラワーデザイン、フードクリエイションは、映画の1シーンのように神秘的!」と多方面から絶賛されるご本人ですが、プライベートでも「おもてなし」を楽しんでいるようです。

“hideya流おもてなし”は友人や仕事関係者とのコミュニケーションの場としてもオススメ

「イベント制作という仕事には、入口から出口までをお客さまに楽しんでいただくという醍醐味があるんです。空間、時間、音楽、料理、会話といった五感を刺激する要素の掛け算の中で、仕掛ける側としても常にワクワクするものを創りたい。

例えば料理を提供する際、今の時期だと、白菜を手にした時、“こういう風に出せば素敵に見えるんじゃない?”なんて、じっくり見つめちゃったりします(笑)。喜んでもらえるのはもちろん、そのために何ができるかを考えることが好きなんですよね。
PAGE 2
プライベートでは自身のアトリエで、月10回はお客さまをお招きしています。もともと自分が自宅でご飯を食べるのが好きなのもあるし、アトリエは自身を表現する場として設えているので、自宅にいるような心が落ち着く空間にお招きすると、話す内容が変わってくるのも面白いんです。

趣味や思考もわかるし、どういう文化をもっているか、何に興味があって何に興味がないか、どういうものに感動するかなど、パーソナリティの深い部分に触れることもできる。おもてなしは、仲のよい友人はもちろん、近いチームになり得る人、もう一歩個性を知りたい仕事関係の人とのコミュニケーションとして、かなりオススメなんです」

お店には旬の食材がきちんと並んでいる。それを組み合わせれば献立には困らない

セレブリティも絶賛! hideyaさんの誰もがトリコの“おもてなし”を拝見
▲ 動線もよいキッチン。基本的には朝、買い出したものを当日か翌日に使い切るので冷蔵庫は小さめでよいとか。
おもてなしの要となる料理は、必ずhideyaさんが腕を振うそうです。心を込めた一皿一皿は、一流料理人による業かと見紛う美しさで、とても艶やか。ゲストが口にするほど顔がほころんでいく様子が想像つきます。

「料理を決める時は、まず始めにお客さまのキャラクターを思い浮かべます。そのうえで、その人が好きそうな食材を考えることもあるし、好きそうな食器を組み立て、それに合う料理構成を練ることも。また、人数も考えますね。人数が少なければ温かいものを先にお出しできますが、人数が多ければ冷めてもいいものを始めにお出しして、後半で温かいものをお出しするなど、配分に気をつけます。
PAGE 3
献立は、調理自体は意外とシンプルなんですが、その中で得意とするのは“組み合わせの妙”。例えば胡麻を合わせるだけの料理でも、どんな素材を組み合わせるかで格段と面白みが変わってくるんです。

そして、素材には必ず旬を取り入れたいと考えています。寒い時期には体を温め、暑い時期には体を冷やす。そんな自然の摂理の中にあるのが旬の食べ物。だから、その時季ゆえに食べられる物でお客さまに元気になってもらいたいと思うんです。

また、スーパーや市場に行けば、旬の食材がきちんと並んでいて、それを組み合わせれば献立に困ることはないんです。“あれがない、これがない”って何軒も駆けずり回らなくてよくて。例えば、ハンバーグを作ろうと決めているところに、フキノトウが売られていても買わないじゃないですか。買い物に行って、そこにあるもので構成するのがベスト、だと思っています」

整然としすぎていると居心地が悪いはず。インテリアにはラフさがあっていい

セレブリティも絶賛! hideyaさんの誰もがトリコの“おもてなし”を拝見
▲ 視点を変えるたびに趣きが少しずつ変わり、長居しても飽きないリビングルーム。
さすがは、空間作りの魔術師。アトリエのリビングルームも、センスフルで気分が上がるのに、誰もが思わず長居してしまう心地よさを感じます。

「基本は季節を大切に、その時季を感じる装花や装飾を選んでいます。二十四節気の中で、新しい季節の始まりを喜ぶことは縁起もいいですし、ゲンを担ぐという意味でもハッピーだと思うんです。
セレブリティも絶賛! hideyaさんの誰もがトリコの“おもてなし”を拝見
▲ 「箸の位置が1cm違うだけで空気感って変わるんです」とhideyaさん。魅せるテーブルを作る鉄則は、人が「これ崩して大丈夫?」と感じるほど“触りにくいもの”を作る=静寂を宿らせることがポイントだそう。
PAGE 4
テーブルウエアで言えば、食器やカトラリーもお客さまが退屈しないようにストーリーのある構成をします。例えば和食に洋食器を組み合わせたり、その逆もあったり。古伊万里の器にバカラのグラスを組み合わせたり。食器やグラスの高低差でリズムをつけるのもポイントです」
そして、アトリエの地下には大切な器たちを保管する専用の部屋が。伝統的な焼き物やご自身がデザインするプレート、ベトナムやモロッコ、国内津々浦々で出会った器……など、さまざまな表情の食器が所狭しと並ぶ景色は圧巻!
PAGE 5
お話に何度も登場する“組み合わせ”という言葉。それはお部屋にも息づいていて、個性的な家具や照明、ファブリックでありながら、どれも邪魔することなくアートのように融合されているのが印象的でした。

「ふと目線をやった所がどこも感じよい、というのが理想。それって、人がきちんとそこで過ごしている感があるってことなんです。整然としすぎると見飽きちゃうじゃないですか。プライベートな空間には、ある程度のラフさがあっていいと思うんです。

見えても嫌じゃない棚にしておくとか、家財の経年を隠さないとか。おもてなしをするなら、見られて困る場所を作らないっていうのもポイントかもしれません」

センスを磨くには、得意なものだけじゃなく興味があることを全部知ること!

「おもてなしって、お客さまが楽しんでいる姿を見ている時が、やっぱり一番うれしく感じます。ここに来る人も忙しい人が多いから、元気になってもらいたいし、つかの間のリラックスになればいいなって。

おもてなしとは違いますが、うちのスタッフは夜中設営、朝撤収とか、どうしても生活が不規則になりがち。そんな時はこのアトリエのキッチンで、できるだけ大きなお鍋にスープを作っておくんです。動き続ける日々の中でも、きちんとご飯は食べてほしいんですよね。

ちなみに僕は朝型で、午前3〜4時には起きます。今日明日のタスクの整理やメールの返信をバーっとやって少し落ち着いても、まだ朝の築地で買い物する時間が取れるのもよいんですよ。もちろん、おもてなしを始める時間も夕刻からと少し早いですが、早めに始めて夜深くなる前に閉めたほうが、お客さまも気持ちよく明日を迎えられるんじゃないかなと思うんです(笑)」
セレブリティも絶賛! hideyaさんの誰もがトリコの“おもてなし”を拝見
▲ hideyaさんは音楽家としてキャリアをスタート。当時から自宅で友人をもてなすことが好きで続けていたところ、「これを仕事にしてみては?」と勧められて今に繋がっているそう。
PAGE 6
クリアな思考で無駄なく体にいいものを選び、ゲストに美味しく楽しく届ける。ゲストもただの“お呼ばれ”ではなく、この時間に新しいインスピレーションを受けて英気を養って帰っていく。hideyaさんのおもてなしには、いいエネルギーが循環しているようです。最後に、どこでそんなセンスを磨くんですか? と聞いてみました。

「興味と知ることが多いんだと思います。自分が得意とするものだけじゃなくて、全部に興味があって、全部を一回通過してみるんです。旅にもすごく行くし、いろんな現場にも行くし、食べ物もモノも空間も、とにかく実物を見る。それを体感することによって、自分ができること、できないことがわかるんです。

やりたいこと、やりたくないことという選択もできるけど、選択できるぶんの手数を常にもっておかないと、選択ができないわけですよ。例えば、クライアントさんの知識量より僕がもっている知識量が圧倒的に少ないと、仕事にはならないんですよね。誰かを喜ばせるには、自分の興味の広さと、それを知る時間のストックが生きてくるんだと思います。

……あれ、おもてなしの話からだいぶ飛躍しすぎましたね(笑)。さまざまな体感を通じて創るモノとコトを“おもてなし”を通じて共有できることが僕自身の刺激になっているのです」
セレブリティも絶賛! hideyaさんの誰もがトリコの“おもてなし”を拝見

● hideya

1985年生まれ。10代はニューヨークで育つ。音楽家としてはもちろん、メゾンブランドのアートディレクションからイベント制作、映像制作などクリエイティビティにおける活躍は多岐にわたる。
Instagram/@hideyaiida

冬のホムパの主役鍋はコチラ♡

PAGE 7

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        【プロが教える】ラフなインテリアが「おもてなしの極意」!? | ライフスタイル | LEON レオン オフィシャルWebサイト