• TOP
  • ITEMS
  • アメカジ世代に吉報。おじさんの冬コーデを新鮮にする小ワザ

2019.02.04

アメカジ世代に吉報。おじさんの冬コーデを新鮮にする小ワザ

黒っぽくまとめてしまいがちな冬スタイルを一新するなら、上手に色を使うことです。ニットなどでインナーに差し色使いしたり、大人が着やすい定番“差し”アウターに赤を使うだけで、スタイリングも気分もガラリと変わります。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真・スナップ/Yu Fujiwara(@8and2)、写真・静物/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/池田保行(04)

今冬、大人冬の差し色は、ダンゼン赤が効きます!

春夏にくらべて、冬場はどうしてもコーディネートが黒っぽくなりがちではないでしょうか。コートやダウンなどアウターの面積が大きいので、派手な色柄は使いづらいというのも理解できます。でもそれではいつまでたっても寒々しい冬スタイルから抜け出すことはできませんので、思いきって1点、色を使ったアウターを取り入れれば、印象がガラリと変わるんです。

今季のトレンドカラーを考慮して、かつ大人が着こなしやすい色となると、赤を取り入れたコーディネートがおすすめです。赤ならアメカジを経験している世代にはお馴染みですし、黒やグレーと合わせれば大人のカジュアルとしても着こなしやすいのです。

インナーならニットで差し色使いがいいでしょう。アウターなら定番のアメカジ系ジャケットや、アウトドア系のスポーツアイテムなら大人でも使いやすいはずです。真っ赤なダウンジャケットに抵抗がおありでしたら、ダウンベストならあくまで“差しアイテム”使いができますよ。黄色やオレンジ、今季トレンドど真ん中の蛍光色など派手系の色は手が出せないという大人の方には、こんな定番色がおすすめです。
PAGE 2

● おすすめの赤アイテム その1 「フィルソンのマッキノークルーザー」 

今や新鮮! 手ぶら派に便利なヘビーデューティウェア

ブルゾン5万2000円/フィルソン(アウターリミッツ)
誕生から100年以上、その姿をほとんど変えずに受け継がれてきたベストセラー。定番色が、こちらの赤いチェック柄です。24オンスの厚手ウール「マッキノーウール」を使い、いまもアメリカ本国で生産されているヘビーデューティーウェア。ゴールドラッシュに挑んだ男たちのアウターのため、手ぶら派に嬉しい仕様が盛りだくさん。ハンドウォーマー付き4ポケットに加えて、背中のマップポケットも機能的なのです。

● おすすめの赤アイテム その2 「スタンダードカリフォルニアの中綿べスト」 

90年代的アウトドアスポーツミックススタイルに

ベスト2万3800円/スタンダード カリフォルニア
ヴィンテージミックスを得意とする、恵比寿のセレクトショップのオリジナルブランド。赤×黒は90年代のアウトドアウェアをイメージしたカラーリングをイメージしたもので、今どきのスポーツミックスに最適です。

中綿には米軍用に開発された軽量保温性素材・プリマロフトを使い、シェルはリップストップナイロンに透湿防水フィルムをラミネートしたオリジナル素材を採用。止水ジップを使用するなど、細部までこだわり満載な本格ギアなのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アウターリミッツ 03-5413-6957
スタンダード カリフォルニア 03-3770-5733

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL