• TOP
  • ITEMS
  • 【鉄板】ザ・ノース・フェイスの暖かアイテム3選

2018.12.11

【鉄板】ザ・ノース・フェイスの暖かアイテム3選

冬の主役級アイテムであるアウター類はもちろん、インナーのラインナップが充実しているのもザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)の特徴です。そこで、アウターを脱いでもお洒落かつ快適でいられる3つの秀作インナーをピックアップ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/持田慎司

ポップな色合いのインナーも極めて使えるクオリティ

アウトドアの世界では“インナーこそ上質なものを纏うべき”と言われているのだそうです。

というのは、素肌に近いウエアほど天然繊維のものを選んで吸湿性や保温性をしっかりと確保するのが大切、という意味なんですが、街着に置き換えてもこの提言は当てはまるのではないでしょうか。 

冬に抜群の存在感を放つアウターは、その名が示すとおりあくまでもアウター。室内に入れば脱ぐべきもの。インナーだけで過ごす機会がほとんどともいえます。

機能性&デザイン性がすこぶる高いザ・ノース・フェイスのインナーをチョイスすれば、そんな折にも抜かりなく快適かつお洒落に過ごすことができるという算段です。

● おすすめのザ・ノース・フェイス 01 「フリースジャケット」 

保温性も抜群で美しい発色もキャッチー

1万8000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス原宿店)
1989年に登場したフリースジャケットを、現代的なフォルムにアジャスト。コーディネートのアクセントにもなる赤と都会的な黒という配色の妙が際立つ一着には、高い保温性を誇るマイクロフリース素材が使用されます。フリースは今季再び人気ですが、こんなツートンなら大人っぽく着られます。
PAGE 2

● おすすめのザ・ノース・フェイス 02 「インナーダウン」 

水に濡れても安心なインナーダウンです

2万5000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス原宿店)
マットな質感が趣たっぷりなインナーダウンには、中綿として「サーモボール」という水に濡れてもかさ高性がほぼ変わらない特殊素材を採用。そのため、冬の寒さが染み入る雪や雨に晒されても、しっかり防寒性を確保してくれます。秋口から春先まで活躍してくれるアイテムの筆頭です。

● おすすめのザ・ノース・フェイス 03 「ロングスリーブ」 

文字の意味を知っていれば会話も盛り上がる?

6500円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス原宿店)
右袖にヨセミテのレタリング、そして左袖にはヨセミテ国立公園の等高線をあしらったウィットの効いたデザインのロンT。太めの糸で編んだ度詰めのコットン素材を使用しているため、着込むほどに味わいが増していきます。リラックスした週末にさらりと着たい一枚です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ザ・ノース・フェイス原宿店 03-5466-9278
ザ・ノース・フェイス スタンダード 03-5464-2831

この記事が気になった方はこちらもどうぞ

ザ・ノース・フェイスの最強アイテムはこの色!
ぐっと肌寒くなった昨今、頼りになるのはハイスペックなアウトドアブランドです。

【注目】ザ・ノース・フェイスの最新アイテム6品。高機能アウターからシューズまで厳選
最先端の技術を駆使した秋冬の新作は、トレンドであるアーバンスポーティな装いにピタリとハマります。

【検証】ザ・ノース・フェイスは冬アウター類が最強な説
冬のアウターといえば、ザ・ノース・フェイスは外せません。防寒、防風に優れたアウターからスーノーブーツまで展開。

最新ノースフェイスなど。バッグに収まるパッカブルなアウター3選
急な空模様の変化に対応するべく持っておきたいのが、ビジネスバッグに収まるパッカブルアウターです。

ザ・ノース・フェイスの最新アイテムは最高の街着だ!
都市とアウトドアでの装いの境界線は薄れつつあります。それを体現したザ・ノース・フェイスの新作の着こなしをご紹介。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL