• TOP
  • ITEMS
  • そろそろブーツでしょ。選ぶべきは高機能なこの6足

2018.10.26

そろそろブーツでしょ。選ぶべきは高機能なこの6足

スニーカー人気がいまだ覚めやらずといった中、ジワジワと広がりつつあるブーツ人気。なかでも、テクニカルな仕様を採用したブーツのリリースが目立ってます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/安岡将文 

スニーカー勢力がいまだ衰えずな昨今ですが、そろそろブーツが履きたくなってきたという人は多いのではないでしょうか。この秋冬はブーツと相性の良いリジッドデニムが注目されていることですし、そろそろ潮目が変わる予感も。といっても、スニーカーで慣らされた軟弱な足に、無骨すぎるブーツは正直難があるものです。

そこで注目したいのがテック系ブーツ。軽量化やハイテク素材などを駆使したテック系ブーツなら、履き心地は快適。そんなテック系でも、実はいろいろバリエーションがあります。ざっくり分けると以下の通り。

1.クラシックなルックスのテック系
2.休日コーデに合わせやすいカジュアルタイプ
3.フューチャリスティックな本格スペックモデル

そう、ご覧のようにクラシックからまんまハイテクまであるんです。
つまり、どんなスタイルにも対応できる、というわけ。
というわけで、この秋冬はテックなブーツが正解なんです!

TYPE 01 

クラシックとテック系のハイブリッド

◆ ジョンロブ 

名門の高級ドレスブーツも快適になっています

靴18万5000円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
18万5000円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
8アイレットのダービーブーツ「ヘルストン」。ペブルグレインドカーフと丸みのあるラストが一見無骨な印象を与えますが、ソールには今シーズンから新採用するライトウェイトウォーキングソールを採用。その名の通り、軽量性と弾力性に優れ、いざ履けばその軽快な履き心地に驚くはずです。

◆ ナイジェル・ケーボン × ダナー 

無骨なミリタリーブーツなのに快適なんです

靴7万5000円/ナイジェル・ケーボン×ダナー(アウターリミッツ)
7万5000円/ナイジェル・ケーボン×ダナー(アウターリミッツ)
レザーの耐久性とファブリックの通気性を備えた、いわゆるジャングルブーツ。ミリタリーが出自となるブーツだけにルックスは確かにゴツいのですが、シャフト部分がファブリックのため、その履き始めは意外と硬くありません。シンプルなステッチダウン製法も、軽量化の手助けに。
幅広のナイロンテープで補強されたシャフト部分のファブリックには、英国空軍の耐水服用に生まれた、ベンタイルが採用されています。高密度にコットンを織り上げることで、撥水性とともに通気性を両立しているのが特徴です。

NEXT PAGE2/ 3

あくまでファッション目線なお洒落テック系

TYPE 02  

休日コーデに合わせやすいカジュアルタイプ

◆ アイ × ターミガン  

履き心地だけじゃない、脱ぎ履きもイージー

靴3万9000円/アイ(●●●●)
3万9000円/アイ(ワンエルディーケーアオヤマホテル)
2017年秋冬に立ち上がったばかりの日本発シューズブランドからは、スエードのチャッカブーツを。分厚いミッドソールとシャークソールを履かせながらも、ステッチダウン製法ゆえ、実に軽量でソフトな履き心地です。ワイヤー巻き上げ式のフリーロックが、脱ぎ履きもイージーにしてくれます。

◆ テバ 

クラシックとフューチャリスティックの融合

靴1万9000円/テバ(デッカーズジャパン)
1万9000円/テバ(デッカーズジャパン)
ストラップ付きサンダルの第一人者が作る「ペラルタ チャッカ」は、撥水スエードとソフトでストレッチ性に優れたネオプレンのコンビ使いを披露。クラシックなモカシンアッパーですが、幅広の面ファスナー(マジックテープ)やグリップ力に優れたソールが、ハイテク感も楽しませます。ヒールのエンボスラインといったディテールも見ドコロです。

NEXT PAGE3/ 3

ガチの冒険だって出来ちゃう、本気スペック自慢

TYPE 03  

フューチャリスティックな本格スペックモデル

◆ サロモン 

一見してハイテクだとわかる近未来なルックス

靴 0万0000円/サロモン(サロモン コールセンター/アメア スポーツ ジャパン)
2万円/サロモン(サロモン コールセンター)
見るからにハイテク感漂う「スノークロス2 CSWP」は、雪上でもランニングできるほどのハイグリップなスピードクロスソールが特徴。圧着製法で作られたアッパーには、防水透湿素材"クライマサロモン ウォータープルフ"に止水ジップが配され、風雨をしっかりガード。タウンユースにはオーバースペックですが、そのフューチャリスティックなルックスにオトコ心がくすぐられます。

◆ アディダス テレックス 

アウトドア仕込みの高機能が満載です

靴1万4000円/アディダス(アディダスグループお客様窓口)
1万2000円/アディダス(アディダスグループお客様窓口)
アウトドアラインからリリースされる「AC8042」。高い防水性と透湿性を両立する"クライマプルーフ"に、TPU溶着製法、軽量でクッション性に優れたEVAミッドソール、多方向グリップを約束するトラクションアウトソールと、シンプルなルックスとは裏腹に、随所にハイスペックを搭載します。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アウターリミッツ 03-5413-6957
アディダスグループお客様窓口 0570-033-033
サロモン コールセンター 03−6631−0837
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010
デッカーズジャパン 0120-710-844
ワンエルディーケーアオヤマホテル 03-5778-3552

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

【注目】大人の最新スニーカー6選。雨にも強く歩きやすい一足を!
ボリュームアップの流れが加速しているスニーカー事情ですが、なかでも脚光を浴びているのが、トレイルランニング系のもの。本格派ブランドの高機能モデルを街で履くのが旬なのです!

【新作】ナイキ、アディダス他。大人が選ぶべき、高性能スニーカーはこの5足
よりリラックスした装いが求められる昨今。あらゆるシーンで外せないのがスニーカーです。そこで、大人にも取り入れやすく、しかも日進月歩の最先端技術を搭載したハイテクスニーカーをご紹介しましょう!

【注目】ザ・ノース・フェイスの最新アイテム6品。高機能アウターからシューズまで厳選
大人が安心して選べるアウトドアブランドの代表、「ザ・ノース・フェイス」。最先端の技術を駆使した秋冬の新作は、トレンドであるアーバンスポーティな装いにピタリとハマります。

【新作】秋の、大人スニーカー6選。注目される特別な一足はコレ
ハイテクスニーカーブームですが、アタマひとつ抜きん出るなら、ラグジュアリーメゾンのソレを選ぶべきです。今どきなフォルムとデザインを取り入れつつ、誰もが知るアイコンデザイやブランドロゴがキラリと輝くところで差が付きます。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事