• TOP
  • ITEMS
  • 遊んで見えるのに本格仕様! これがスポーツサングラスの進化形です

2019.12.20

遊んで見えるのに本格仕様! これがスポーツサングラスの進化形です

近年、画一化が進むスキーファッションに一石を投じる!? モダンで洗練されたデザインなのに本格派の機能を併せもつサングラスが、「ディータ ランシエアー」から登場しました。本気の滑りとお洒落を楽しみたいあなたにオススメです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/久 修一郎 ヘアメイク/古川 純 文/井原宏太(本誌)

日本にスキーブームが訪れたのは、80年代初頭。当時の写真(映画やネット検索で)を見てみると、セーターやダウンジャケット、デモパン、時にはジーパンをはいてスキーしている姿が多く見られます。さらには、ヨーロッパ、アメリカ西海岸まで見てみると、タンクトップ姿だったり、テンガロンハットに短パン姿と、もぉ完全に自由なスタイル。楽しそうですよね。

しかし、時代は“危ない”という風潮に移り変わり、いまじゃ皆がほぼ同じスタイル。安全面において安心することはできますが、当時を経験してきたオヤジさんじゃ、なんだかモノ足らん!という方も多いでしょう。
本気じゃない見た目が、洒落たスポーティなスタイルに
サングラス4万2000円/ディータ ランシエアー (DITA 青山本店)、ダウンジャケット 12万5000円/タトラス アールライン(タトラス  インターナショナル)、キャップ1万2000円/ キジマ タカユキ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)、 スキー板10万円/サロモン(サロモン コールセンター)
そこで、ご紹介するのが「ディータ」の新ライン『ディータ ランシエアー』のサングラスです。コヤツを一本掛けるだけで、ほらっ、スポーティなスタイルがグッと都会的でこなれて見えます。しかも、軽量でありながら耐衝撃性に優れたポリカーボネートの特性に、ガラスのような透明性や耐摩耗性を融合したレンズを採用。あらゆる標高においてコントラストや色調を損なわず、視界を鮮明に、歪みを最小限に保ってくれると機能面はゴーグル以上なのです。

スキー人口は減少しつつありますが、女性比率はまだまだ高い。てなワケで、今冬はこの一本で雪山へ挑みましょうゾ!
PAGE 2

ラグスポな一本なのです

ファッション、時計、クルマ……。 多くの分野においてラグジュアリーとカテゴライズされる分野が存在します。が、 スポーティなサングラスにおいては実は存在しなかったのですね。 で、そんな新たな境地を切り開いてくれたのが「ディータ ランシエアー」。 陸、海、空、それぞれの環境に特化した、 ラグジュアリーなサングラスがラインナップされます。
サングラス3万9000円、クリップ2万2000円/ともにディータ ランシエアー  (DITA 青山本店)
サングラス4万5000円/ディータ ランシエアー  (DITA 青山本店)
2019年12月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

DITA 青山本店 03-6433-5892

サロモン コールセンター 03-6631-0837
タトラスインターナショナル 03-5708-5188
ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        遊んで見えるのに本格仕様! これがスポーツサングラスの進化形です | アイテム | LEON レオン オフィシャルWebサイト