• TOP
  • GOURMET
  • いま、彼女と一緒にいちばん食べたい!イタリア郷土料理

2018.11.27

vol.79「メログラーノ」(広尾)

いま、彼女と一緒にいちばん食べたい!イタリア郷土料理

さまざまなジャンルの美味しいレストランが目白押しの広尾エリア。そんな街から新たに、イタリア郷土料理の店「メログラーノ」をご紹介。オーナーシェフ後藤氏が創り出す、素朴ながらオリジナリティ溢れる料理に、彼女の舌も満足です!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/福本和洋(maettico)

本誌LEONでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

店内の楽し気で温かな雰囲気に
つい引き寄せられてしまう店

前回、広尾エリアには美味しいお店が集中していることに触れましたが、今回もグルメな女性を喜ばせるのにぴったりなイタリアンレストランをご紹介します。
広尾散歩通り沿いにある「メログラーノ」は、実は私がずっと気になっていたレストラン。私のバー「リリ・ラ・ユリ」へ出勤する途中、いつもこのお店の前を通るのだけど、窓ガラス越しにお客さんが楽し気に食事をしているのが見えて、とっても温かな雰囲気なの。まるで、ミラノの街角にありそうな洒落た風情の店構え。
オーナーシェフの後藤氏は、在日イタリア商工会議所主催のイタリア料理コンクールで2012年に優勝した実力派の料理人。実は昔、お父さまが広尾商店街でパスタ専門のレストランを20年間も切り盛りしていたのですって。

幼少のころからパスタが身近な存在だった後藤氏ですが、ウンブリア州料理の「アカーチェ」で研鑽を積んだのち、さらにイタリアの郷土料理を学びにウンブリアとシチリアで修行。帰国後、2015年にお父さまと同じく広尾の地に「メログラーノ」をオープンしました。

NEXT PAGE2/ 3

シンプルなのに個性的なメニュー

イタリア郷土料理の素朴さのなかに
つねに新しい発見があるメニュー

お料理は、イタリアの郷土料理を後藤流のセンスで洗練させたものばかり。コース料理は、日本の食材を活かしつつ10〜11皿で構成。初めての方にはコースがオススメですが、今回はシンプルながらもしっかり系のアラカルトをご紹介します。
「北あかりとトリュフのタルトタタン フィンティーナチーズのソース」3000円
まずは、メログラーノのスペシャリテを食べなくちゃ! コチラは、北イタリアの冬のチーズ、フォンティーナチーズのソースの上に、トリュフとジャガイモ・北あかりのピュレを包んださっくりパイを載せた一品です。トリュフのジェラートとスライス、さらに一番上にはチップスをオン。甘味と塩味、冷たいものと温かいもの、サクサクとしっとり、といった具合に、さまざまな素材の組み合わせを楽しめます。今年のクリスマスメニューにも組まれる予定ですよ!
「北海道 生ウニと檸檬のスパゲッティーニ モッリーカ、ラグサーノチーズ添え」3400円
お次は、見ただけでも食欲をそそられるレモンのスパゲッティーニです。さすが、「メログラーノ」のパスタはダントツで美味! アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノと、北海道の生うに・レモン・シチリア産のラグサーノチーズをミックスさせた一品は、全体にかかっている褐色の粉にご注目。コチラ、偽カラスミ(笑)のモッリーカです。言ってみれば、シチリアのふりかけ! パン粉にオリーブオイル、トマトソース、ドライトマト、ケッパー、タマネギなどと一緒に炒めて、粉にしたもの。何にかけても美味しそうで、売っていたら買いたいくらい!
「イタリア産・ファッソーネ牛のオッソブーコ アッラ ミラネーゼ」5800円
あまり見かけなくなってしまった煮込み料理「オッソ・ブーコ」も発見! ピエモンテ州のファシーネ牛のスネ肉です。4時間ほど煮込こみ、パセリとニンニク、レモンなどで作ったイタリアの万能ソース、グレモラータを掛けていただきます。う〜ん、こんなオッソ・ブーコ食べたことない!というくらいの美味しさです。メインディッシュにどうぞ。

NEXT PAGE3/ 3

要予約の人気店!

イタリアワイン「ルンガロッティ」が
断然合う!

ワインはウンブリア州の「ルンガロッティ」。ウンブリアを代表するワインです。醸造家の姉テレーザと、経営面を担当する妹キアラのルンガロッティ姉妹が作り出すエレガントなワインなの。
いちばん左のスパークリング「ブリュット ミレジマート2015」は、イタリア産の泡の中でもダントツに美味しいので、私のバーにも置いています。真ん中は洗練されたボディの白、「トッレ・ディ・ジャーノ・ヴィーニャ・イル・ピノ2011」。そして「ロッソ・ディ・モンテファルコ 2014」は、熟成感とバランスの良い酸が抜群の飲み口です。
「メログラーノ」は、カウンター7席とテーブル8席の小さなオープン・キッチンのお店。天井が高くて居心地の良いお店はいつも満席なので、要予約です。きっと今までに食べたことのないお料理を楽しめますよ。

■ メログラーノ

住所/東京都渋谷区広尾 5-1-30-1F
営業時間/月〜金曜18:00〜23:00(L.O.)、土曜・祝日12:00〜13:30(L.O.)・18:00〜23:00(L.O.)
定休/日曜

URL/http://melograno.jp

予約・お問い合わせ/☎︎03-6459-3625

●クリスマスメニュー
期間/12月22日〜24日
提供時間/18:00〜、20:30〜(二部制)
価格/1万2000円(全7品/税サ別)

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事