• TOP
  • GOURMET
  • 女心をわしづかみにする新ジャンルの“寿司居酒屋”とは!?

2018.11.04

vol.76「寿司居酒屋 あげまき」(恵比寿)

女心をわしづかみにする新ジャンルの“寿司居酒屋”とは!?

板前さんの握り寿司や高級食材を使った新感覚のいなり寿司、しゃぶしゃぶ、おでんも食べられる和食店「あげまき」。すべて安全食材にこだわった料理は、ワガママなあのコも満足必至のクオリティです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/中川 司

本誌LEONでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

色々な和食メニューを食べたい
ワガママなあのコも満足!

今回ご紹介するのは、“ありそうでなかった”コンセプトのお店。美味しい本格お寿司もいただけて、和食メニューも楽しめる“寿司居酒屋”と銘打った「あげまき」です。

場所は恵比寿駅西口の五叉路からほど近い閑静なところ。和の要素を盛り込んだモダンでお洒落な外観は、通りがかりの人も一瞬足を止めるほどですが、それもそのはず。コチラ、この連載のvol.71で紹介した自然派和食店「イワカムツカリ」オーナーの内山氏がプロデュースしただけに、店構えからして独創的なのも納得です。
蔵をイメージして造ったという店内は、天井から垂れ下がるいくつものペンダントライトが温かな雰囲気を醸し出しています。
そして、中央奥にはオープンキッチンを取り囲むようにカウンター席が。
「あげまき」のシグネチャーメニュー、いなり寿司にちなんで飾られた狐のお面にオーナーの遊び心が感じられます。

NEXT PAGE2/ 3

握り寿司からしゃぶしゃぶまで!

安全食材にこだわった独創的なメニュー

メニューはいなり寿司以外にも色々なお料理が。おでん、しゃぶしゃぶ、天ぷらなど、誰にでもおなじみの和食メニューがズラリと揃います。“寿司居酒屋”だけに、食べたくなったら本格握り寿司も食べられるのもうれしいポイント。
 
姉妹店「イワカムツカリ」と同様、厳選された安全食材を使うことをモットーにしています。
「特製いなり寿し 六種全部盛り」4120円
まずはシグネチャーの「いなり寿司」から。この“映え”なメニューは、ウニ&トリュフ、ウニ&炙りフォアグラの組み合わせなど、中身がゴージャスで個性的なの。食いしん坊のアナタなら、コチラの6種全部盛りをどうぞ。
「季節の魚介しゃぶしゃぶ 〆の酢飯カレー付き」2680円(一人前) ※写真は二人前
肌寒い季節に食べたくなる「魚介しゃぶしゃぶ」も。天然カンパチ、ハマグリ、ワカメ、赤こんにゃく、お揚げ、三つ葉、山茶茸など、しゃぶしゃぶをおおいに堪能したらお楽しみは〆よね。
なんと、カレーが出てきます! お寿司屋さんなので、ユニークなことにご飯は酢飯なの。素材の旨みが染み出た出汁とカレーを混ぜ合わせて、酢飯の上に……。新しい美味しさを発見できますよ!
「塩辛バターフライドポテト」880円
コチラはタピオカ粉で揚げた細切りの北海道産ポテトを、同じく北海道のイカ塩辛とバターで和えたもの。お酒のアテにぴったりで、病み付きになりそう!
酒粕を使って作られる粕取り焼酎を楽しめるのも、「あげまき」ならでは。“カストリスト”を自認するオーナー、内山氏イチ押しの銘柄が、常時10種類ほど揃います。コチラのハイボールは、ぜひお試しを。スッキリとやわらかな飲み口に、きっと焼酎の概念が変わりますよ!

NEXT PAGE3/ 3

オススメは1階のカウンター席

ふたりの距離が縮まるカウンター席

デートにオススメなのは、1階のカウンター席です。距離は近いのに顔を見合わせなくてもいい横並びは、絶妙な距離感。やっぱりデートの鉄板ですね。
実は地下にも、落ち着いた雰囲気のテーブル席があります。コチラは多人数の集まりや会食にどうぞ。

ちなみに、店名の「あげまき」は歌舞伎の演目『助六』のヒロイン名“揚巻”が源。歌舞伎座では『助六』の上演中だけ、幕の内弁当がお稲荷さんと太巻きになるのです。そんな話題も彼女に話してあげたら、次は『助六』鑑賞デートなんて、展開になるかも!?

■ 寿司居酒屋 あげまき

住所/東京都渋谷区恵比寿西 2-10-3-1F
営業時間/月〜金曜・祝前日17:00〜23:30(L.O.22:30)、土曜・祝日17:00〜23:00(L.O.22:00)

定休/日曜

URL/http://agemaki.favy.jp

※web予約はコチラ

予約・お問い合わせ/☎︎03-6427-0486

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事