• TOP
  • GOURMET
  • ごはん&おかずが最高に美味しい! これぞ日本人の胃袋を満たす和食店

2018.10.29

vol.75「米福」(恵比寿)

ごはん&おかずが最高に美味しい! これぞ日本人の胃袋を満たす和食店

居酒屋以上、懐石料理店未満の雰囲気。今回は、肩ひじ張らずにデートを楽しめる和食店「米福」をご紹介します。こだわりの土鍋ごはんと、ごはんが進むおかず類を堪能できますよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/中川 司

本誌LEONでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

土鍋ごはんは、5種類ものお米からセレクト可!

広尾で評判の良かった和食店「米福」が恵比寿に移転したのは2012年のこと。頻繁に通っている友人がいたので以前から気になっていたのですが、その理由がわかりました。それは、いつでも“美味しいお米とおかず”がいただけるから! お米は常時5種類も用意しており、ごはん好きにはたまりません。お店の方は日々、色々なお米を生産地から取り寄せて試食していて、お米のセレクションは約1カ月ごとに入れ替わるのだそう。
場所は恵比寿駅西口から徒歩2〜3分という行きやすさ。建物の地下へ下りていくと、足元の行灯や米俵が描かれた暖簾がほっこりと出迎えてくれます。
店内にはカウンターとテーブル席があり、まさに「米福」は居酒屋以上・懐石料理店未満の使い勝手の良い和食屋さん、といった趣。 洗練された空間で、リーズナブルに美味しい家庭料理がいただけるので、たとえ初めてのデートでも気を遣うことなくカジュアルに過ごせますよ。

NEXT PAGE2/ 4

ごはんに合うおかずが勢ぞろい

すき焼き、天ぷら、焼き魚……
日本食の“いいトコ取り”したコース

コチラは店名が物語るように“米”が主役の和食店。そして、ごはんに合う美味しいおかずがズラリと揃っているんです。日本人だったら誰もが好きな天ぷら、しゃぶしゃぶ、焼き魚、すき焼きなどなど。それぞれのメニューは専門店があるくらいだし、いっぺんに食べるのはむずかしいけれど、「米福」のコースにはこれらが全部組み込まれているんです!
「土鍋ごはん」(1人前1合/980円)。この日にオーダーしたのは、大粒で、口の中で優しい甘さがじんわりと広がる「いちほまれ」。
単品でもオーダーできる「土鍋ごはん」。特筆すべき点は、日本各地から直送される玄米を、その日に使う分だけ自家精米していること。さらに富士山麓の天然水プレミアムウォーターを使い、三重県四日市の萬古焼の土鍋で炊くというこだわりようです。炊き上げるのに40分はかかるから、最初にオーダーするのが賢明です。
 
ふたりで違うブランドのお米を注文して、食べ比べるのもオススメよ。ご存知のように、次から次へと新しいブランドが出てくるので、ぜひ知らないお米に挑戦してみて。
この日の「季節の焼き魚」は“秋鮭の西京焼き”(手前)、“ブリカマの塩焼き”(奥)。
焼き魚って単純なお料理だけれど、プロが焼くとこうも違うのかしら!と感動するような焼き魚。ふっくらと柔らかく、口の中でとろけるような焼き具合なの。どちらもご飯が進みます。

NEXT PAGE3/ 4

まろやか日本酒スパークリングも

やっぱり合わせたいのは日本酒!

この日の「季節野菜の天ぷら」は、アシタバ、レンコン、舞茸、大黒しめじなど。
コースに組まれた「季節野菜の天ぷら」には、天つゆとトリュフ塩が添えられているのでお好みでどうぞ。
「黒毛和牛サーロインのすき焼き」※写真は2人前
天ぷらとすき焼きが同じコースに組まれているなんて、信じられなくないですか!? 関東風に割下にお麩、シラタキ、豆腐、そして柔らか〜い黒毛和牛のサーロインを堪能して。
左から順に「山川光男 あき 2018」(一合/1300円)、「貴 特別純米 ふかまり」(一合/1300円)、「とんぼスパークリング 微発泡・純米にごり酒」(250ml/1600円)
お酒は、シャンパーニュやワイン、ビールまで揃うけれど、やっぱり日本酒が飲みたくなりますよね。お店イチ押しは、山形県の純米大吟醸「山川光男 あき 2018」、山口県の「貴 ふかまり」、そしてラベルが可愛い「とんぼスパークリング」です。秋になり、お米が実って来ると飛び交うとんぼ。安政4年(1857年)に創業した神奈川県・泉橋酒造の口当たりまろやかな微発泡酒は、新米が美味しい秋にこそ呑みたいお酒でしょ。

NEXT PAGE4/ 4

ごはんが進むアラカルトも豊富

コース以外の“ごはんのお供”も充実!

コチラはテーブル席。シックで落ち着いた店内は、デートにもぴったりです。美味しいご飯が一緒に食べられ、幸せ気分に浸れますよ。
 
今回ご紹介したメニュー以外に、辛子明太子・いくら・じゃこ等の“ご飯のお供に”嬉しいメニューも豊富です。通いたくなるお店よ。

■ 米福

住所/東京都渋谷区恵比寿西 1-4-2 川田ビル B1F
営業時間/17:00〜23:00(L.O.22:30)
無休(臨時休業あり)

予約・お問い合わせ/☎︎03-6416-3855

●コース料金/5600円(2人以上で注文可)

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

お米が美味しいお店が気になる方は、コチラもどうぞ!

● vol.72「味のなかむら」(広尾)
秋の旬素材の料理も、雰囲気も女子ウケ満点!な大人のための和食店
vol.74「おにぎり 浅草 宿六」(浅草)
イマドキ浅草の夜は、“おにぎりと味噌汁”で〆るのが粋です

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事