• TOP
  • GOURMET
  • イマドキ浅草の夜は、“おにぎりと味噌汁”で〆るのが粋です

2018.10.23

vol.74「おにぎり 浅草 宿六」(浅草)

イマドキ浅草の夜は、“おにぎりと味噌汁”で〆るのが粋です

日本人のソウルフード、おにぎり。その日本初の専門店が、60年以上前に誕生したのをご存じですか? 「おにぎり 浅草 宿六」に彼女をお連れすれば、きっと粋なデートを楽しめますよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/中川 司

本誌LEONでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

かつて旦那衆と吉原の遊女たちで
賑わっていた日本初のおにぎり専門店

私たち日本人にとって、“おにぎり”は言わばソウルフード。誰でも小さいころに、お母さんが握ってくれたおにぎりを味わい、大人になるにつれ、具材にもこだわりが出てきたり、新米だったら何も入れない塩結びが美味しい、なんて言えるようになったり。コンビニでは色々な種類のおにぎりが手に入るし、あまりにも馴染みが深い食べ物だからこそ、一度は訪れて欲しい店が実はあるのです。
浅草の言問通り沿いにある「おにぎり 浅草 宿六」。マンション1階の白い暖簾が目印です。
お寿司屋さんのようカウンター席にはショーケースが置かれ、おにぎりの具材が陳列されています。
日本初のおにぎり専門店として昭和29年(1954年)に誕生した「おにぎり 浅草 宿六」。浅草の言問通り沿いに位置し、かつて、この通りから北側にあった遊郭・吉原に遊びに来た旦那衆と遊女たちの小腹を満たす店として、先代の宿六さんが創業したのだそう。最盛期はなんと、一日一俵のお米を炊いて、深夜2時頃まで営業していたのだとか。
PAGE 2

こだわりの水加減で炊くごはんで作る
できたておにぎり

中に入るとお寿司屋さんのような雰囲気で、カウンターのガラスケースには、日本各地から取り寄せられた具材がズラリと並んでいます。
具材は、おかか、こんぶ、梅干しなどの定番ものから、塩柴漬や福神漬なども。
ガラスケース内の具材。
そしてお米は紀州のコシヒカリ。固すぎず、柔らかすぎず、しっかりとした歯ごたえは、長年に渡る試行錯誤の末に編み出した水加減がキモだとか。海苔は江戸前にこだわり、しっかりとした厚めの海苔がご飯の味を引立てます。
注文してから握ってくれて、握り方は型あり・なしから選べるというのもユニーク。ちなみに現在は、お米を1日に8升(約12kg)炊くそうですが、なくなり次第、営業終了となります。近頃は外国人のお客さんが増えている傾向で、多い人だと10個も注文してしまうなど、ごはんが減るスピードが早い日もあるとか。
PAGE 3

日本酒も1杯までオーダーOK

おにぎり280円〜、味噌汁330円
握りたてのおにぎりは、籠に入って出されます。付け合わせの沢庵、信州の赤出し味噌汁とご一緒にどうぞ。
夜は日本酒も色々と取り揃えられていますが、なんと1杯まで、という制限付きです。「ウチはおにぎり屋で、飲む場所じゃないのよ(笑)」と、女将さんはきっぱり。
カウンター席でふたり横並びして、「どれにする?」なんて、目の前の具材を一緒に選んでも楽しいし、テーブル席でゆったリと過ごすのもオススメです。

おにぎりは日本人の食生活に深く浸透しているだけに、あえて日本初のおにぎり屋さんに女性を誘うのって、なかなか粋だと思いませんか? テイクアウトできるので、浅草デートのお供にもどうぞ。

■ おにぎり 浅草 宿六

住所/東京都台東区浅草3-9-10

営業時間/お昼11:30〜、夜18:00〜(ご飯がなくなり次第、終了)

定休/お昼:日曜、夜:火・水曜

URL/http://onigiriyadoroku.com

お問い合わせ/☎︎03-3874-1615

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

お米が美味しいお店が気になる方は、コチラもどうぞ!

● vol.72「味のなかむら」(広尾)
秋の旬素材の料理も、雰囲気も女子ウケ満点!な大人のための和食店

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL