• TOP
  • GOURMET
  • 最初のデートでぜひ行きたい! お洒落で居心地良いフレンチレストラン

2018.09.23

vol.70「日仏バル LEVEL」(神楽坂)

最初のデートでぜひ行きたい! お洒落で居心地良いフレンチレストラン

気になる女性をお誘いするのに、レストランは高級でもカジュアル過ぎてもNG。その点、肩ひじ張らず、お洒落な雰囲気と美味しいお料理を堪能できる神楽坂の「日仏バル LEVEL」は、女性ウケ必至です!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/椙本裕子

本誌LEONでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

神楽坂の路地裏に佇むカジュアルフレンチ

神楽坂といえば、小さくてお洒落なレストランがたくさんある街。路地裏にもお店が色々あって、夜のそぞろ歩きも楽しいデートにはうってつけの場所よね。そんななか、今回ご紹介するのは、和食とフレンチの“いいトコ取り”を実現したお店「日仏バル LEVEL」です。
本多横丁の、サーモンピンクの外壁とガラス扉が目印のレストラン。店内に入ると、漆喰の壁やウッディなテーブル、アンティークの照明などが、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。テーブル12席、カウンター6席のこぢんまりとしたお店なので、週末は予約を入れたほうがベターです。
「LEVEL」は、和食の経験が豊富な女性シェフの白神さんと、日本ワインを愛するサービスの大久保さんが意気統合し、5年前にオープン。お料理はコースでなく、すべてアラカルトなので、カジュアルに色々と楽しめます。
PAGE 2

出汁をベースにした和風フレンチと自然派ワイン

“日仏バル”と銘打つだけに、各メニューはフレンチと和食のフュージョンが基本。フレンチ必須のバターは使わず、出汁をベースにしているのでヘルシーで、ホッとする優しい味に仕上がっています。一皿一皿、ボリューム満点なので、ふたりでワイワイ、シェアしましょ!

そしてワインは、いま人気の日本ワインとフランスワインが約50種類ずつ揃っています。大久保さんによるワインペアリングも、ぜひお試しを。今回ご紹介する料理に合うワインも教えていただきました。
「お野菜の盛り合わせ」1380円
まず前菜にオススメなのが「お野菜の盛り合わせ」。目にも鮮やかな野菜のテリーヌを囲うようにチェリートマトのピクルス、キャロット・ラペ、かぼちゃの落花生和えなどが、彩り豊かに盛りつけられています。西京味噌を使った自家製ドレッシングでどうぞ!

合わせたいは、岡山県のワイナリー「ドメーヌ・テッタ」の白、“2017 シャルドネ”。シャルドネ種100%の軽やかな辛口です。ミネラル感と白桃のニュアンスあるフルーティさが野菜たちとピッタリ。
 
ちなみに、この可愛らしいエチケットの「ドメーヌ・テッタ」は、2016年に誕生した話題のワイナリー。まだ生産数が少なく、ぜひお試しいただきたい銘柄です。
「子羊のロースト ディジョン産 粒マスタード」2580円
5種類のメインディッシュから選んだのは、仔羊のロースト。柔らかな骨付き肉を、赤ワインとカシス、フランス・ディジョン産マスタードで作られたソースでいただきます。ワインは、南仏ラングドック地方の「シプレ・ド・トワ」。グルナッシュ種のスパイシーなミディアムボディの赤ワインです。
「神楽坂 楽山(らくさん) 抹茶のクレームブリュレ」680円
デザートでお試しいただきたいのが、卵と生クリームに抹茶の風味を加えてオーブンで焼いた、クレームブリュレ。山梨県産のシャインマスカットとマスカルポーネチーズ、黒豆が添えられて、まさに日仏融合の一品です。

スッキリと爽やかな飲み口の「ドメーヌ・テッタ」のデザートワインを合わせて。マスカットベリーA種の「ロゼ・ド・セニエ 2017」です。
PAGE 3

親しみやすい料理とサービスが
自然とふたりの距離を近づけます

和食とフレンチのフュージョン料理を自然派ワインとともにいただけば、彼女と至福の時間を過ごせること間違いなし!
なにより、白神シェフと大久保さんのサービスがコンビネーション絶妙で、アットホームな雰囲気が居心地良いの。肩ひじ張らずに、ゆっくり楽しめるカジュアルフレンチ「日仏バル LEVEL」。ぜひ、デートスポットのリストに入れてね!

■ 日仏バル LEVEL

住所/東京都新宿区神楽坂 4-3 TKビル 1F
営業時間/火〜土曜18:00〜24:00(L.O.23:30)、日曜・祝日18:00〜23:00(L.O.22:00)

定休/月曜(※月に一回連休)

予約・お問い合わせ/☎︎03-6280-8220

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

カジュアルフレンチに興味のある方は、こちらもぜひ!

vol.47「レストラン オギノ」(池尻大橋)
旬素材たっぷりな前菜、ガッツリお肉を食べるならココ!
vol.48「オルディ ヴェール」(白金高輪)
結局、デートに使えるフレンチってこういう店!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        最初のデートでぜひ行きたい! お洒落で居心地良いフレンチレストラン | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト