• TOP
  • GOURMET
  • 初夏に美味しいジビエって!? お肉デートの切り札は鹿肉料理です!

2018.06.21

初夏に美味しいジビエって!? お肉デートの切り札は鹿肉料理です!

ジビエと言えば冬がシーズンですが、実は“鹿”に限っては違うんです! 旬を迎える「夏鹿」が堪能できる、神戸の鹿肉料理専門店「鹿鳴茶流 入舩(ろくめいさりゅう いりふね)」をご紹介!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/西島陽子

「鹿鳴茶流 入舩(ろくめいさりゅう いりふね)」は、市街地の中心JR元町駅から徒歩3分の好立地で、神戸デートにもおあつらえ向き。
少し深刻な話ではありますが、日本では年間約62万頭もの鹿が捕獲され、その大部分が処分されているのをご存知でしょうか? せめて山の命を美味しくいただきましょうということで、鹿肉を扱うお店がじわじわと増えてきました。その先駆けとも言えるお店がコチラ「鹿鳴茶流 入舩(ろくめいさりゅう いりふね)」。猟師や美食家が太鼓判を押す“夏の鹿肉”を、ぜひ大切な方と一緒に味わっていただきたい、のです!

なぜ、夏の鹿肉は美味しいのか!?

野生鳥獣のお肉を食すジビエのハイシーズンは冬。これは、日本の狩猟解禁期間が、11月15日〜2月15日と定められているためです。しかし、農林被害が広がり、狩猟期間外も捕獲せねばならない野生動物も。その代表がズバリ、鹿なのです。
その鹿肉、猟師の間では初夏から最高に味わいを増すと言われてきました。なぜならば、草食動物であるがゆえ、春先から茂り始めたフレッシュな若草や山菜をモリモリと食べているから。つまり、良きエサをたっぷりと食べた鹿の肉には、その風味や栄養が詰まっているワケです。

カジュアルな専門店で、ジビエデートを堪能!

店内はカウンターとテーブル席。ふらりと入りやすいのも魅力です。
神戸にある鹿肉料理専門店の「鹿鳴茶流 入舩」は、一年中捕獲せねばならなくなった大量の鹿を、できる限り活用しようという試みから始まりました。高級フレンチのジビエではなく、お値段も店内もカジュアル。ジビエ入門としてもオススメのお店ですので、「鹿肉なんて初めて!」というあのコもお誘いしやすいのではないかと。
こちらのお店で扱う鹿肉は、兵庫県内の解体加工施設にて丁寧に下処理された上質のもの。「ジビエってクセがありそう、匂いが強いのでは?」という先入観が打ち砕かれる、驚くほど美味なお肉なのです。
PAGE 2

鹿、鹿、鹿……オリエンタルな鹿肉料理

「鹿肉ステーキ赤ワインソース掛け」(1500円)。リーズナブルな価格には「老若男女問わず、たくさんの人に鹿肉の美味しさを知ってほしい」というオーナーの気持ちが込められています。
“夏鹿”の魅力を余すところなく楽しめる料理は、どれも衝撃的な美味しさ。なかでも、ぜひ味わっていただきたいのが、鹿肉のステーキです。夏鹿特有のサラっと爽やかな脂と、ほどよく甘みが感じられる赤身肉が、噛めば噛むほど口の中で溶け合います。
「鹿ロースト グレイビーソース」(900円)。鹿肉料理の代表格でもあるローストは、ワインや日本酒との相性も抜群。
よりジビエ感を堪能したい方には、ローストもオススメ。さっぱりと香り豊かな肉汁が、夏山を駆け巡る鹿を思い起こさせるのです。他にも、もも肉やハツの炙り、すじ肉のシチューなんかもあります。もちろん、これらのお肉はすべて鹿ですよ!

鹿肉は女子ウケ必至のジビエでもあります!

ところでこの鹿肉ですが、美味しいだけではないんです。野生のお肉なので高タンパク&高鉄分で、隠れた滋養パワーが疲れた体にとっても効くのですよ。しかも低カロリーで美容にも良いのですから、実に女性向けのお肉と言えましょう。
 
鹿肉をいただいた後は、元気になった彼女とロマンティックな神戸の街へ繰り出してみては? 記憶に深く刻まれるお肉デートとなること間違いなし!です。

◆「鹿鳴茶流 入舩」(ろくめいさりゅう いりふね)

住所/兵庫県神戸市中央区元町通1-9-8
営業時間/日~木 11:30~15:00(L.O.14:30)・17:00~23:30(L.O.23:00)、金土 11:30~15:00(L.O. 14:30)・17:00~24:00(L.O. 23:30)
定休日/水曜日
 
URL/http://rokumeisaryu.com/
 
予約・お問い合わせ/☎078-321-0295
 
※料金はすべて税込価格です。材料の入荷状況により盛り付け等は変更になる場合があります。

PAGE 3

鹿革アイテムでさらに女ゴコロをつかむ!?

セレクトショップには、猟銃に使われていた薬莢をリメイクしたアクセサリーも。
さて、こちらの鹿肉料理店の運営会社は、オリジナルブランド「boga boga Loopline(ボガボガ ループライン)」を立ち上げておりまして。ぜひ、お見知りおきいただきたいのが「野生の鹿革」です。鹿を丸ごと一頭、すべて有効に活用すべく、なんと野生の鹿革で製作したバッグや靴などを展開しています。直営ショップ「~ih&blvd.(ハイカラブルバード)」(神戸元町・東京)もあり、それらの鹿革製品は各店舗はじめ全国セレクトショップにて販売されています。
鹿革のサコッシュ。柔らかく手触りも滑らかな鹿革がカラダに馴染みます。
「コレ、実は鹿の革でできてるんだよね」→「え、鹿!?」と、女性が興味を示すこと間違いなし。ちょっぴり野性的かつ自然愛に溢れたアイテムを、自分へのご褒美や彼女へのプレゼントにご活用くださいませ。

◆boga boga Loopline(ボガボガ ループライン)

◆~ih&blvd.KOBE(ハイカラブルバード神戸)

住所/兵庫県神戸市中央区三宮町3-2-8-1F
営業時間/13:00〜20:00
定休日/水曜日

◆〜ih&blvd.TOKYO(ハイカラブルバード東京)

住所/東京都目黒区八雲-1-5-19-1F
営業時間/11:00~20:00
定休日/水曜日 

URL/https://www.merican-hq.com/store
 
予約・お問い合わせ/☎︎03-6421-1176

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        初夏に美味しいジビエって!? お肉デートの切り札は鹿肉料理です! | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト