• TOP
  • GOURMET
  • ホットカクテルの大定番、アイリッシュコーヒーを知っていますか?

2018.02.25

ホットカクテルの大定番、アイリッシュコーヒーを知っていますか?

欧米では一般的な冬のホットカクテル。日本ではまだまだ知られていないため「アイリッシュコーヒー飲みに行こうよ」と言われたら簡単にOKしてしまいそうですが、ちょっと待って。これ、れっきとしたお酒です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/真下武久 撮影/國田 茂

ホットカクテルの王道にして定番

日本ではあまりポピュラーとはいえませんが、寒いヨーロッパではホットカクテルは冬に欠かせない定番ドリンク。コートの襟を立て、白い息を吐きながら、ホットカクテルを楽しむシーンをあちこちで見かけますよね? 街のカフェでも、スキーリゾートでも、晴れた日は冬でも屋外で楽しむのが欧米スタイルというもの。なかでもホットカクテルの王道といえるのが、アイリッシュコーヒーです。
「アイリッシュコーヒー飲みにいこうよ」と言われたら、お酒にくわしくない婦女子は簡単にOKしてしまいそうですが、ちょっと待って。アイリッシュコーヒーはれっきとしたお酒です。その構成材料はいたってシンプルでして、ベースとなるアイリッシュウイスキー、コーヒー、砂糖、生クリーム、たったコレだけです。

このアイリッシュウイスキーの代わりにスコッチウイスキーを使うと「ゲーリックコーヒー」、コニャックだと「ロイヤルコーヒー(カフェロワイヤル)」、アクアヴィットだと「スカンジナビアンコーヒー」、ラム酒だと「ジャマイカンコーヒー」と、その呼び方は変化しますが、基本的に「アイリッシュコーヒー」とだけ覚えておけば問題ありません。例えば「ロイヤルコーヒー」をオーダーしたい時は、「アイリッシュコーヒーのベースをコニャックに代えて」と伝えればOK。砂糖の量にもよりますが、甘くてこっくり、口アタリがいいのでついつい飲んでしまうんですねえ、これが。
アイリッシュコーヒー専用のグラスがあるほど、アイリッシュコーヒーは世界的にポピュラー。
発祥の地であるアイルランドのパブはもちろん、イタリアのバールやフランスのカフェでも、アイリッシュコーヒーは冬の人気メニュー。というのも、そもそもが身体をポカポカに温める目的で開発されたカクテルだからです。

アイリッシュコーヒーが誕生したのは1942年、アイルランド南西部の漁村フォインズにあった水上飛行場において。このフォインズ水上飛行場はイギリス~アメリカ間を行き来する飛行艇の燃料補給地として使われていました。

当時のプロペラ飛行艇は、お世辞にも暖房が効くとは言えない代物。おまけに飛行艇が給油している間、乗客たちは飛行艇から降りなければならず、アイルランドの寒さに凍える羽目に。そこでフォインズ水上飛行場内のパブで働いていたジョセフ(ジョー)・シェリダンが、乗客たちの身体を温めるために、アイリッシュウイスキーを使った"ホットな"アイリッシュコーヒーを開発したのです。

その後、アイリッシュコーヒーは大西洋横断航空路を利用する人々(たいていはお金持ち)の間でアイルランド名物として大人気に。アイルランド以外のヨーロッパやアメリカでも冬のホットカクテルとして定番化していき、今に至るというわけです。
PAGE 2

スペシャルティコーヒー専門店での一杯

バリスタ兼バーテンダーとして、コーヒーにもお酒にも精通する「アンリミテッド コーヒーバー 東京」の田中恭平さん。
でも、日本だとあまりアイリッシュコーヒーを飲んでいる人を見かけませんよね? その理由を、東京スカイツリーのすぐ下に居を構えるスペシャルティコーヒーの専門店「アンリミテッド コーヒーバー 東京」のバリスタ兼バーテンダー、田中恭平さんにきいてみました。

「日本でもたいていのバーでアイリッシュコーヒーを提供しているはずです。でもスペースの関係上、本格的なコーヒーマシンを設置しているバーはほとんどありません。一方、カフェは本格的なコーヒーマシンはあっても、お酒を扱っていないことが多い。ですから、クオリティの高いアイリッシュコーヒーを提供するのは、意外とハードルが高いんですよ」

その点「アンリミテッド コーヒーバー 東京」は、自家焙煎のスペシャルティコーヒー専門店でありながら、アルコール類も豊富に扱い、夜にはバーメニューも用意しているほど。よくオーダーが入るというアイリッシュコーヒーも、独特のスタイルで楽しませてくれます。
取材当日の本日のエスプレッソは、エチオピアの「チェレレクトゥ」と「アリチャ」。
まずアイリッシュコーヒーをオーダーしたら、常時2種類用意しているという"本日のエスプレッソ"から、お好きなコーヒー豆をチョイス。そのコーヒー豆のタイプに合わせて、スタッフがアイリッシュウイスキーの銘柄を選んでくれます。

例えば、チョコやナッツ、黒糖を感じさせるようなコーヒーらしいコーヒーにはやや骨太な「ブッシュミルズのブラックブッシュ」、酸味や果実味を感じさせるような華やかなコーヒーにはフローラルな「ティーリング シングルモルト」といった具合です。
PAGE 3
「アンリミテッド コーヒーバー 東京」でよく使用するアイリッシュウイスキーは「ブラックブッシュ」(左)と「ティーリング シングルモルト」(右)。
専用のグラスにアイリッシュウイスキーとコーヒー、砂糖が入り、最後に目の前で生クリームをシェイクし、専用のグラスにフロートしてくれます。ウイスキー×コーヒーの深いブラックに、生クリームのホワイトがくっきりと2層に分かれ、インスタ映えもバッチリ! 
あざやかな手際でアイリッシュコーヒーをつくる田中恭平さん。
この美しい白と黒のレイヤードがアイリッシュコーヒーの醍醐味。
「レシピ自体は非常にシンプルなのですが、ウイスキーの芳醇さとコーヒーの個性、ほのかな甘さが相まって、気分がフワっと落ち着きますよね。身体を温めるために開発されたカクテルだけあって、実際に身体もポカポカしてきます。ひと口飲めば、アイリッシュコーヒーが世界中で愛されている理由がわかるはずです」と田中さん。

これだけ世界中で愛されているアイリッシュコーヒーのおいしさを知らないなんてもったいない。まだまだ寒さが続くこの季節、冬デートの最初の一杯として、あるいは〆の一杯として、アイリッシュコーヒーはなにかと活躍してくれそうです!

◆ アンリミテッド コーヒーバー 東京

住所/東京都墨田区業平1-18-2 1F
お問い合わせ/03-6658-8680
営業時間/11:00~24:00(平日)、9:00~24:00(土曜)、9:00~22:00(日曜)
定休日/月曜(祝日は営業)
URL/http://www.unlimitedcoffeeroasters.com/bar.html

PAGE 4

おいしいアイリッシュコーヒーはこんなところでも飲めます。

◆ コーヒーハウス ニシヤ

イタリアのバールに魅せられたバリスタ西谷恭平さんがコーヒーを極めんと開いたコーヒーショップ。固めでクラシカルなプリンや、新作のチーズケーキなどスイーツも人気。

◆ コーヒーハウス ニシヤ

住所/東京都渋谷区東1-4-1
お問い合わせ/03-3409-1909
営業時間/11:00〜19:30(平日)、11:00〜18:30(週末)
定休日/火曜
URL/http://coffeehousenishiya.com

◆ ジャニス・ウォン

シェフとアーティストというふたつの顔をもつジャニス・ウォンが最初から最後までデザートで構成するユニークなデザートバー。バーテンダーが趣向をこらしたカクテルとのペアリングも好評。

◆ ジャニス・ウォン

住所/東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F
お問い合わせ/03-6380-0317
営業時間/11:00~16:00、17:00~23:00(平日)、11:00~23:00(土日祝)
定休日/NEWoMan SHINJUKUに準ずる
URL/http://www.janicewong.jp

真下武久/エディター&ライター

ライフスタイル誌、企業広報誌、ウェブマガジンなどで、旅、カルチャー、食、ワイン&リカーといったジャンルをメインに活動中。バー&カクテルファン向けのウェブマガジン『Drink Planet』のエディトリアルディレクターも務める。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL