• TOP
  • GOURMET
  • お雑煮を食べるなら、京都のこの3軒。初詣デートの後にご堪能あれ!

2017.12.31

お雑煮を食べるなら、京都のこの3軒。初詣デートの後にご堪能あれ!

お正月の風物詩の一つといえば、お雑煮。全国津々浦々、地域によってお味はさまざまですが、その発祥の地・京都のソレは一度は食したいもの。まろやかな口当たりの白味噌雑煮は、女性ウケも抜群ですよ!

CATEGORIES :
CREDIT :

取材・文/トライアウト

「絶対おすまし!」「いやいや味噌でしょ!」
なんて、お正月が近づくとお雑煮談義に花が咲くもの。地域によってその特徴はさまざまですが、日本人として一度は食べておきたいのが古都・京都のお雑煮ではないでしょうか。
 
白味噌仕立てのまろやかな汁に、丸餅を焼かずに入れるのが京都のスタンダード。寺社仏閣への初詣デートの後にお雑煮を食べに行く、なんて王道パターンもたまにはいいのでは? 身も心もほっこり温まり、ふたりの距離もグッと縮まるのは言うまでもありません。

◆ 志る幸

カツオダシの旨みを存分に活かした老舗割烹の絶品雑煮

90年近く守り続けられてきた、創業当時から変わらぬ佇まい。
鴨川近くの細路地を1本入った場所に佇む、昭和7年創業の割烹料理店。店内には八坂神社の能舞台に見立てたカウンターのほか、三条大橋と五条大橋の欄干をイメージした座席が並べられています。「外で食べているような気分を味わってほしい」という初代店主の願いを込めて作られた内装は、創業以来お弁当が名物というこの店ならでは。情緒溢れる店内で、丹精込めて作られたお雑煮が味わえるというわけです。
「お雑煮」1100円。毎年12月から3月初旬頃まで提供。
ふんわり漂うカツオと柚子の香りがたまらないコチラ。とろみのある汁をすすると、白味噌のまろやかな甘みとカツオダシの豊かな風味が口いっぱいに広がり、その美味しさに思わず笑みがこぼれます。京都は昆布ダシが主流ですが、あえてカツオを選ぶことで、ダシの深い旨みや香りをより強く感じられるようにしているのだとか。

「〆に召し上がる方も多いので、しっかりダシを効かせることで甘みを抑えています」と語る3代目店主の小堂修平さん。気になる具材は丸餅2つにシャキッとした歯ごたえのウド、大葉に柚子といたってシンプル。自慢の酒肴をアテに呑んだ後にお雑煮で締めるというのも、お正月ならではのオトナの愉しみ方ではないでしょうか。

■ 志る幸(しるこう)

住所/京都府京都市下京区西木屋町四条上ル真町100
営業時間/11:30~14:00最終入店、17:00~20:00最終入店
定休日/水曜(祝日は営業)
 
※12/31(日)は昼まで営業。1/1(月・祝)より通常営業
 
予約・問い合わせ/☎075-221-3250 ※予約不可

PAGE 2

◆ 銀閣寺 㐂み家(きみや)

心の底からじんわり温もる、京都の家庭の味を堪能

2000年にオープンした甘味処。
続いて紹介するのは、お正月から多くの参拝客で賑わう銀閣寺に程近い「㐂み家(きみや)」。ふっくらと煮詰めた赤エンドウと寒天に黒蜜をかけた豆かん、小倉がたっぷり入ったおぜんざいなど、さまざまな甘味が楽しめます。実は東京出身の姉妹が営むというコチラは、おふたりの人柄が表れたアットホームな雰囲気のなか、ほっこり落ち着ける家庭的なお雑煮を堪能できます。
白味噌のやさしい甘さを活かした「京風白味噌雑煮」(880円)。
「山利商店」の白味噌を使用。たっぷりの昆布ダシに老舗の味噌を加えたお雑煮は、芳醇な麹が香る優しい味わい。まったりとした白味噌のコクに餅がとろりと絡み、口の中で絶妙なハーモニーを奏でます。

汁の表面から見え隠れする生麩は、300年以上の歴史をもつ専門店「半兵衛」から仕入れたもの。もっちりとした生麩と、プチプチとした粟との食感コントラストがヤミツキになります。近くの銀閣寺で初詣を済ませた後は、まろやかでアツアツのお雑煮を食べてホッとひと息つくのがテッパンコースかと。それに4月上旬まで食べられるので、春の京都観光に合わせて足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

■ 銀閣寺 㐂み家

住所/京都府京都市左京区浄土寺上南田町37-1
営業時間/11:00~17:00
※12/30(土)、31(日)は11:00〜16:00(L.O.15:30)、1/2(火)~5(金)は12:00~17:00(L.O.16:30)

不定休(※元旦は休み)

URL/http://www.kimiya-kyoto.com

予約・問い合わせ/☎075-761-4127

PAGE 3

◆ 虎屋菓寮 京都一条店

老舗和菓子店から、新年にふさわしい逸品がお目見え

近くには広大な土地の京都御所があります。周辺を散策してみるのもオススメ。
室町時代後期に京都で創業以来、多くの人々に愛される和菓子店「とらや」。その老舗が手掛ける甘味喫茶「虎屋菓寮」は、落ち着きのある広々とした空間に、座り心地の良いソファー席が並びます。四季折々に表情を変える庭や稲荷社の真っ赤な鳥居、風情ある蔵などを眺めながら、腰を据えてゆったり寛げますよ。
新年1月3日(水)から20日(土)までの期間限定で登場する「お雑煮」(1404円)。
こちらのお雑煮は、すぐ近くにある「本田味噌」の白味噌を使用。独特のまろやかな甘みと濃厚な白味噌の風味が特徴です。とろみのある汁に、海老イモや京ニンジンをしっかり絡めて口に運べば、野菜と味噌のほっこりとした甘みがさらに引き立ちます。

ニンジンの鮮やかな色がパッと目を引き、新春を彩るにふさわしい一杯ですよね。毎年人気を博す和菓子屋のお雑煮は、売り切れてしまう日もあるそうなので、早い時間帯の来店をオススメします。

■ 虎屋菓寮 京都一条店

住所/京都府京都市上京区一条通烏丸西入広橋殿町400
営業時間/10:00~18:00(L.O.17:30)
定休日/不定休
※元旦は休み

URL/https://www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=55

問い合わせ/☎075-441-3113
※席の予約は不可

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL