• TOP
  • GOURMET
  • 渋谷でタイムトラベル!? 話題のレストラン「SOAK」を知ってる?

2021.04.09

渋谷でタイムトラベル!? 話題のレストラン「SOAK」を知ってる?

渋谷のMIYASHITA PARKに昨年末オープンした「SOAK」はさまざまな仕掛けで客を驚かせてくれる注目のエンタメ系レストラン。コロナ禍で旅に出られない今だからこそ、渋谷の今と昔を巡る心のタイムトラベルを楽しんでみませんか。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真・文/仲山今日子

先の見えないコロナ禍にあっても、東京には斬新で刺激的な興味深いレストランが次々と誕生しています。遠いところへの旅がしづらいこんな時期だからこそ、イマジネーションを刺激してインナートリップへと誘ってくれるこんなレストランはいかがでしょう。

「Time Travel in SHIBUYA」をテーマに、昨年12月にグランドオープンした「SOAK」は、さまざまな仕掛けで驚かせてくれる注目のエンタメ系レストランです。

場所はあの宮下公園が大規模にリニューアルされてオープンした渋谷の話題スポット、MIYASHITA PARK。シークエンス ミヤシタパークホテル最上階で、心地よい酔いに身をまかせながら、渋谷の今と昔を辿るタイムトラベルが楽しめるという趣向です。「SOAK」とは英語で「浴びる」「ひたる」という意味。ちょっとイミシンな店名の謎解きを始めて行きましょう。
▲巨大な招き猫のオブジェが鎮座する「OYU」
ひと時の時間旅行の出発ゲートは、白を基調にした近未来的なレセプション。背後に覗くのは、現代美術家・吉田朗氏デザインの巨大な招き猫、そのインパクトが逆にエキゾティックさを醸し出します。

出発時間は18時と21時の2便(2回転制)ではありますが、ここは一つ早めにチェックインして、左手にある魅惑の空間「OYU」に足を運びたいもの。OYUという言葉通り、渋谷の夜景を眺めながら温水で水遊び出来るルーフトップテラスで、水着もOK、シャワーやロッカールーム、レンタルタオルなども用意されています。
▲ 「OYU」では水着もOK
真夏になれば彼女とサンダルを脱ぎ捨てて水遊び、なんて楽しみ方もできそうですが、屋外なので、まだ肌寒いこの時期はフットバスとして、彼女の足を温めてあげるのがスマートかと。そんな訳でOYUに「ひたった」後は、いよいよレセプション右のトンネルを抜けてダイニングルームへ。

妖艶なアンティークの着物が飾られた暗いトンネルを抜ければ、広がるのはカウンター12席にテーブル8席という、「SOAK」のネオンサインが輝くインダストリアルでクールな空間。

料理を担当するのは、『レフェルヴェソンス』オープニングのヘッドシェフ、『NARISAWA』等を経て香港へ移住し「香港の日本料理シェフトップ5」にも選ばれた、長屋英章シェフ。現在は食のコンサルティングを行う「フードデザイナー」として活躍中です。
PAGE 2
▲ 長屋英章シェフ
そんな長屋シェフが生み出すクリエイティブなテイスティングコースは、フード8品、ドリンク8品という、ペアリングありきの「食体験」。ドリンクで独自の世界観を表現していくのは、NYの「Sake Bar Decibel」出身の後藤祟さん。日本酒のみならず、様々に調合された自家製ドリンクで、時空を超えた旅にいざなってくれます。

また、一斉スタートならではの「音楽ペアリング」も魅力の一つ。劇場型のイノベーティブレストラン「81」の永島健志シェフが選曲を司っていますから、五感で「ひたれる」夜になるのも間違いなし。

テーブルには、今夜の「旅程」とも言うべきメニューの詳細が書かれた2枚のポストカードがスタンバイ。表には、1920年の渋谷の写真と、それから100年経った、2020年の渋谷の写真。表には「夜始め」「玉手箱」のように、謎めいた料理名が、裏にはコンセプトと詳細な食材などが記されていますから、空港ラウンジでガイドブックを読むかのように、想像力をふくらませちゃいましょう。ちなみに今回ご紹介する内容は冬のメニュー、春の新しいメニューは貴方が訪れる日の楽しみに、内緒にしておきますね。
▲ メニューの詳細が書かれた2枚のポストカード
そんなひと時に提供されるのは、ノンアルコールのスパークリングジャスミンティー。好みで酒精強化ワインのピノー・デ・シャラントをスポイトで垂らしてどうぞ。最初はジャスミン茶のフローラルな香りを楽しんでから、白葡萄の甘みを少しずつ加えて「味変」するのもおすすめです。

さて、いよいよ旅の始まりです。「玉手箱」という名前通り、巨大な箱が登場。蓋を開けると、煙が上がる箱の中から、乙姫からの使いの代わりに、海の幸のスナック、ライスクラッカーに乗った雲丹のエスプーマ、渡蟹のロワイヤルが登場して出迎えてくれます。
▲ 「玉手箱」
玉手箱を開けると歳を取るのではなく(笑)、時間は過去へと遡ります。次にサーブされるのは抹茶碗ではありますが、目の前にいるのは着流し姿に長髪・ピアスのバーテンダーの後藤さん。ちなみに「通勤」も着流し姿で、NYの寒空の下でも、着物一枚で過ごしたという、なんともロックなお人柄。

そんな後藤さんが差し出す茶碗の中は当然お茶ではなく、1週間寝かせた、脂が乗った北海道産天然ブリの刺身に特製スモーク醤油と柚子のかき氷をかけて仕上げた一皿です。そこに柔らかい飲み口の石川県の「吉田蔵」を常温で。
▲ 「季節の熟成魚のお刺身仕立て」と「棗と懐紙」
PAGE 3
「ちょっと棗(※)を開けてください」と後藤さん。飾りだと思った黒い器を開けてみると、たゆたう緑色の液体が。これは……抹茶カクテル??

「日本酒『手取川』、アボカド、アーモンドミルクに海苔をインフューズしたジンを混ぜたものです。お刺身をディップしてどうぞ!」

ディップといえど、しっかりアルコール感があり「食べるカクテル」とでも呼べる仕上がり、もはやどこまでが料理でどこまでがドリンクなのか、そんな境界線を軽々と超えてくるアプローチ。クリーミーなカクテルをつけて食べるお刺身に更に日本酒がたたみかけてくるという世界観にどっぷりと酔いしれます。

続いては、錯覚をテーマにした皿。こちらも「和牛のお吸い物」と「お椀」というネーミングに騙されてはいけません。
※棗(なつめ)は抹茶を入れるのに用いる茶器の一種。
▲ 「和牛のお吸い物」と「お椀」
後藤さんがお店で削ったばかりのマグロ節と昆布出汁が香る塗りのお椀に入っているのは、日本酒「澤乃井 元禄」のカクテル、焼き物の茶碗に入っているのは、長屋シェフのフレンチのバックグラウンドが冴える牛タンと舞茸のスープ。「料理」や「カクテル」とジャンル分けをする意味ってなんだったっけ?とすら思わせてくれます。

アンニュイな音楽が流れてきたら、そこからはワケありな時間の始まりです。レストラン「81」の永島シェフがセレクトしたアイスランドのオーラヴル・アルナルズの「Patience」が、これから始まる料理の幕開けを告げる「BGMのペアリング」。
▲ 「ワケあり親子DON」と「燻製を飲む一杯」
PAGE 4
本日の厳選肉の炭火焼、この日はフランス・ビュルゴー家の鴨肉。ご飯にフォワグラパウダーをかけて、永島シェフのシグネチャー、一口サイズの再構築系カルボナーラと組み合わせることで、鴨×鶏卵というちょっと「ワケあり」な親子が誕生するというわけ。そこには、「香港では富裕層が経済的に恵まれない若者を養子にすることも多い。血のつながらない家族でも幸せになれる、そんな日本になればいいな」という長屋シェフの思いも込められているんだとか。

ドリンクは、馬泉の山廃酛純米酒にベーコンをひたしたジン、燻製レモン、メープルシロップという、炭火のスモーキーさや料理の甘辛なニュアンスに寄り添うコンビネーション。ベーコンとジン??と思った貴方もご安心を。料理との相性の良さにきっと納得できるはず。
これまでどうしても「脇役」感のあったドリンクがコースの重要な要素の一つとして織り込まれ、料理とドリンクの間にあった境界線そのものも緩やかに溶けていく、そんな既成概念を打ち破る、過去から未来への旅。

時を忘れて「ひたる」、SOAKでは、さまざまな境界線を軽々と飛び越えた、そんな心の旅が楽しめそう。MIYASHITA PARKでの時間旅行、約2時間30分の旅の終わりには、酔いも相まって、ちょうどお湯にひたるように、過去・未来という時間軸の中で、「今」の自分の存在がふんわりと浮かび上がってくるような、不思議な感覚を覚えます。食が織りなす新しい体験型インナートリップに出かけてみては。

※本記事の掲載メニューは冬のもので、現在は春のメニューに変わっています。

■ SOAK

住所/渋谷区神宮前6丁目20番10号MIYASHITA PARK North18階
HP/https://soaks.tokyo/
予約・お問合せ/TEL 03-6427-9989

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL