• TOP
  • GOURMET
  • 「や~きいも~、おいも~」を家で焼いてみよう

2020.11.22

「や~きいも~、おいも~」を家で焼いてみよう

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

レシピ&調理/野本やすゆき 文/秋山 都 写真/吉澤健太

「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。いまは「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。

そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れ、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。
第27回は「やきいも」。

「いもたこなんきん(かぼちゃ)」といえば、古くから女子の好きな食材として知られています。あのサザエさんもよく石焼きいもを買いに駆けだしていたっけ……最近は、街で石焼きいも屋さんに出くわすことも少なくなった一方で、専門店も登場するなど、根強い人気を誇っています。

自分で作るなら、落ち葉焚きのときに芋をくべるのが一般的な作り方ですが、都市生活者にとっては焚き火するのもハードルが高い……ということで、今回は甘~い「やきいも」を簡単に自宅で作れるレシピを教えていただきます。
PAGE 2

「やきいも」を作ってみよう!

やきいも(2人分)

さつまいも 2本
バター(お好みで)

やきいもの材料、それはもちろんさつまいもだけ。
専門店では安納芋など蜜が多く、ねっとりとしたタイプが人気ですが、野本さんの好みはあくまで昔ながらのホクホクした食感。ということで今回は「紅はるか」を選びました。「紅はるか」は安納芋と同じく‟蜜いも”系ながら、安納芋ほど水気が多くないのが特徴の品種です。
材料が少ないということは、手順も簡単というわけで。まずはいもを水でよく洗います。
▲「この黒い部分に蜜が入ってるんですよ」と野本さん。
PAGE 3
洗ったいもをアルミホイルでぴったりと包みます。
あとは温度設定したオーブンへそのまま放り込むだけ。この日は予熱あり170℃で90分焼きました。その後、20分ほどオーブンに放置し、触れる程度に温度が下がるまで待ちましょう。

「このとき、ゆっくり温度を上げて焼いた方が、さつまいもが甘く仕上がります。なので予熱中(オーブンが温まるまでの間)からさつまいもをオーブンに入れておき、170℃になってから90分ほど焼いてください」とは野本さんのアドバイス。
PAGE 4
▲焼きあがったいもはとても熱いのでやけどにご注意。
焼けました!
半分に割ってみるとホワリと湯気が上がります。
PAGE 5
お好みでバターを添えて召し上がれ。
食べきれなかったやきいもはマヨネーズと混ぜてポテトサラダにするものおすすめです。
ちなみにさつまいもは食物繊維のほかビタミンCも多く含んでおり、1/2本を食べるだけで1日に必要なビタミンC量の1/3を摂取することができるのだそう。女子の心強い味方でもあるやきいもを作ってあげて、ふたりでホクホク……あたたまってください。

● 野本やすゆき (料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        「や~きいも~、おいも~」を家で焼いてみよう | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト