• TOP
  • GOURMET
  • 年末年始のホムパ対応「ラザニア」なら俺にまかせろ、と言いたいアナタへ

2022.12.25

年末年始のホムパ対応「ラザニア」なら俺にまかせろ、と言いたいアナタへ

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CREDIT :

文・編集/秋山 都 レシピ&調理/野本やすゆき 写真/吉澤健太

「ラザニア」はホムパにぴったり! の理由

年末年始、友人宅でのギャザリングなども増えてきたかと拝察申し上げます。もしアナタがホストなら、「料理は何を作ろうか?」と悩むし、持ち寄りなら「何を持っていこう?」と悩むでしょう。つまり、いずれにしても悩みのタネは尽きません。

まずアナタがホストの場合、前菜は生ハムでも買い、これまた買ってきたサラダとテーブルに置けば華やかに見えるでしょう。メインはこれまた買ってきたローストチキンを温めれば格好つくかな。でも、もう1品、なにかお腹に溜まるような、あたたかな料理が食べたい……。そんな時は「ラザニア」。前日にある程度仕上げておき、当日は仕上げるだけだから手間要らずです。

また持ち寄りの場合。デパ地下で何か美味しそうな惣菜を見つくろうのもよいけれど、あとはオーブンで焼くだけ、という寸前まで仕上げた「ラザニア」を容器ごと持っていき、「ちょっとキッチン貸してね」などと言いながらアツアツのご馳走を供するのは、「あの人かっこよい」と言わせる上級のテクニックです。

つまり、ホストであれ、持ち寄りであれ、ホムパに「ラザニア」が最適解であると、おわかりいただけたでしょうか?

「ラザニア」を作ってみよう!

材料(2~3人分)

ラザニア         3枚
ピザチーズ        60g
パルメザンチーズ      適量

「ミートソース」
合い挽き肉         200g
玉ねぎ(みじん切り)      1/2個
にんじん(みじん切り)    50g
セロリ(みじん切り       50g
ニンニク(みじん切り)    1かけ
オリーブオイル        大さじ1・大さじ1
赤ワイン           50ml
トマト水煮缶        1/2缶
水              50ml        
ローリエ          2枚
塩・こしょう         適量

「ホワイトソース」
強力粉                    大さじ2
バター                     30g
牛乳                     200ml
生クリーム                 100ml
塩・胡椒                  適量

PAGE 2
まずは「ラザニア」とは何か。「ラザニア」とは古代ローマに端を発するれっきとしたイタリア料理。諸説ありますが、現在は四角いパスタを何層にも重ね、その間にミートソースやホワイトソースをはさみ、上にチーズを乗せて焼くオーブン料理が一般的です。

「ミートソースやホワイトソースを作るのが面倒くさい? その場合はどちらか市販を使っても良いのでは。年末は忙しいから上手に手抜きしてください」と野本やすゆきさん。そうですね、どっちか手抜きするなら、味に差の出にくいホワイトソースでしょうか。では、さっそく教えていただきましょう!
▲ 炒める順番は、ニンニク、タマネギ、セロリ、にんじんです。
まずはミートソースから。鍋にオリーブオイル、ニンニク、タマネギ、セロリ、にんじんを入れて炒めます。あ、ニンニク、タマネギ、セロリ、にんじんはすべてみじん切りにしておいてくださいね。

▲ ひき肉はすぐにバラさず、塊のまま焼き付けるようにして、焼き色をつけます。
次にフライパンにオリーブオイルを熱し、ひき肉を焼きます。この時、焼き色をつけるようにしっかりと焼いたほうが牛肉の旨味が濃くなるようです。炒めたら分量の赤ワインを加えます。
PAGE 3
▲ トマトの水煮はフードプロセッサーをかけておくと、よりなめらかなソースになります。
しっかりと焼きつけた挽肉を、さきほど鍋で炒めた野菜にドサッと加えます。さらに。トマトの水煮、水、ローリエを加え、鍋のフタをして10分ほど煮ましょう。
▲ 前半10分はフタをして、後半10分はフタを取り、煮詰めるように煮ていきます。
その後、フタを取り、さらに10分ほど煮て、塩胡椒で味を整えれば、ミートソースの出来上がり。多めに作って冷凍しておくと、急にパスタが食べたい時など便利です。
PAGE 4
▲ バター30gは目にするとなかなかのボリュームですが、これくらい入れた方が美味しい。
お次はホワイトソース。ホワイトソースのコツは思い切ってバターを分量通りたっぷり使うことと、小麦粉を炒めたのち牛乳を入れるタイミングでは休まずかき混ぜること。
▲ 野本さんはストレーナー(茶こし)を使って小麦粉を振り入れました。ストレーナーが無ければそのままでOKです。
まずフライパンにバターを溶かし、強力粉を振り入れてしっかり炒めます。この時、炒めが不十分だと粉くさいホワイトソースに仕上がるので、弱火でゆっくり、しっかりと炒めましょう。
PAGE 5
▲ 強火だと焦げますのでご用心。
フツフツと沸いてきたら、しっかりと炒められたサイン。牛乳を少しずつ加えます。
小麦粉のダマができないように牛乳を少しづつ加え、その間も片手は動かして混ぜ続けます。さらに生クリームを加え、混ぜながら加熱し、全体がもったりしてきたらホワイトソースの完成です。
PAGE 6
さあ、ソースが出来上がったらパスタを茹で、「ラザニア」の組み立てに入りましょう。
▲ 「ラザニア」は大きいのでフライパンで茹でるのが便利。
平べったい「ラザニア」のパスタは、「あらかじめオリーブオイルを垂らしておいたお湯で茹でるとくっつきにくいですよ」と野本さん。ふむふむ。
パスタが茹で上がったら、「ラザニア」の組み立てです。耐熱皿にバター(またはオリーブオイル)を塗り、ホワイトソース→パスタ→ミートソース→ホワイトソース→パスタ→ミートソース……とお好きなだけ繰り返してください。何層になるかは器のサイズによって変わると思いますが、ミルフィーユのように積み上げるのもご馳走感があって楽しいかと。
PAGE 7
▲ チーズはモッツァレラ、グリュイエール、パルミジャーノなど複数種混ぜると深みが増します。
最後に上にチーズをかけ、200度のオーブンで15〜20分、焼き色がつくまで焼けば完成です!
▲ トースターの場合にはアルミホイルをかけて15分ほど焼いてから、アルミホイルをとって焼き色がつくまで焼いてください。
焼いている間、チーズの香ばしい香りがキッチンから漂うので、半ば満腹しているゲストも鼻をくんくんさせて食欲を増進させるはず。今年もホムパは大成功となりそうですね!
PAGE 8
▲ いい色に焼き上がりました!

● 野本やすゆき (料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。
最近、YouTubeにて野本やすゆきチャンネルを開設。

ラザニアの後にはこんなデザートいかがでしょう?

Club LEONの最新情報から人気・最新記事などお得情報をお届け!

LEON.JP公式ニュースレター

PAGE 9

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        年末年始のホムパ対応「ラザニア」なら俺にまかせろ、と言いたいアナタへ | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト