• TOP
  • GOURMET
  • はじめての男スイーツ「パブロバ」の作り方

2019.12.12

はじめての男スイーツ「パブロバ」の作り方

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

レシピ&調理/野本やすゆき 文/秋山 都 写真/吉澤健太

「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。いまは「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。

そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れ、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。
食卓に運べば歓声があがること間違いなし、なパブロバ。見かけより簡単!
第9回は「パブロバ」。
聞いたことない? まだ日本ではメジャーではないスイーツかもしれません。その発祥はニュージーランドともオーストラリアとも言われ、伝説のバレリーナ、アンナ・パブロワに捧げられたとの説もあります。要はどのように生まれたのか、その起源は諸説あって、よくわからない。でもオセアニアでは大変ポピュラーで、各家庭でよく作られるほか、レストランのデザートメニューにも必ず記載されている人気スイーツです。

「料理だって作れないのにスイーツなんて無理」ですか? たしかにスイーツ、とくにケーキは材料の小麦粉を厳密に計る必要があり、なかなかハードルが高いもの。レシピに「粉をふるう」とあっても、なかなかフツーの家庭に粉ふるいなんて道具は用意されているものではありません。

でも大丈夫。この「パブロバ」は計量も、粉ふるいも不要。ざっくり作って、結果オーライな、初心者に大変やさしいスイーツなのでありました。でもただひとつ、ハンドミキサーだけは持っておくことを推奨します(理由は後述)。
PAGE 2

「パブロバ」を作ってみよう!

たまごの白身を泡立てる。「パブロバ」の工程はほぼ、これだけ。

【材料】  作りやすい4人分

卵白          120g (L玉3個分ほど)
グラニュー糖     120g
コーンスターチ    大さじ1
レモン汁         小さじ1
塩           少々
生クリーム        200ml
ラム酒          小さじ1

いちご        適量
ブルーベリー      適量
ミント          適量

まずは材料。
「パブロバ」とは、卵の白身を泡立ててつくるメレンゲ(焼き菓子)に生クリームやフルーツをトッピングさせるスイーツですので、卵の白身と砂糖がマスト。あとはあるものを適当に加えても大丈夫です。たとえばラム酒はブランデーでも香りづけに使えますし、コーンスターチはメレンゲをまとめやすくしてくれますが、なくてもなんとかなります。「卵白だけ使うのはもったいない。黄身はどうするの?」という方には、卵黄だけ使って作るパスタ、カルボナーラをおすすめいたします。
PAGE 3

【作り方】

「パブロバ」づくりはメレンゲづくりにつきます。つまり、卵白をひたすら泡立てること。ホイッパー(泡立て器)でひたすらグルグルガシャガシャ……しても可能ではありますが、時間がかなりかかるうえに、翌日は筋肉痛になってしまいそう。ここはハンドミキサーという文明の利器に頼るのがスマートな料理男子というものです。

ボウルに卵白を入れて底を氷水で冷やしながら、塩を加え、ハンドミキサーでほぐし、白っぽくなったらグラニュー糖を3回に分けて加えます。ホイッパーですくったときに、角がしっかりと立つくらいの状態をめざしましょう。
このくらいしっかりした角(つの)が立つ状態まで泡立てます。
できあがったメレンゲにコーンスターチ、レモン汁を加え、ゴムベラでさっくり混ぜておきましょう。

グラニュー糖を加える際、こんなに多いのか!と驚くかもしれません。でもスイーツって、しっかり甘いほうが美味しいので、ここは量を加減せずに加えてください。あとでトッピングする生クリームには砂糖を入れないので甘すぎることにはなりません。
PAGE 4
フワフワのメレンゲをオーブンの天板にのせて成形します。
 フワフワのメレンゲをオーブンの天板(クッキングシートを敷いておきます)に乗せ、直径15cmほどの丸型に形作ります。
「どんなカタチにする?」なんて共同作業も楽しい。
PAGE 5
成形したメレンゲが120度のオーブンで2時間焼きます。焼きあがったらそのままオーブンに1時間ほど置いてから取り出し、常温まで冷まします。焼き上がり後にすぐオーブンから取り出すと、メレンゲがみるみるしぼんでしまうのでご注意を。つまり焼き上がりまで、3時間ほど空白の時間ができてしまいますが、この間にカルボナーラなど作ってお楽しみください。
生クリームはメレンゲよりやわらかい角(つの)が立つまでホイップ。
そろそろ焼きあがるかな?というころ、生クリームをホイップしましょう。ボウルに生クリームを入れ、ラム酒を加え、角がたつまで泡立てます。このとき、ボウルの底を氷水で冷やしながら泡立てると、クリームが早く角だつのは、さきほどのメレンゲと同じです。
焼けた!
メレンゲが焼けたら、その上にホイップした生クリームをどどんとのせ、お好みのフルーツをのせたら出来上がりです。ミントをトッピングすると、香りも彩りもよくなるのでおすすめ。
生クリームをメレンゲの上にふんわりのせます。
デコレーションはふたりで楽しく。
フルーツはイチゴ、ブルーベリーなどのベリー類、キウイなどが一般的。なかにアイスクリームをサンドするのも人気です。手順は簡単なのに見た目ゴージャスで、食べたら「あま~い♡」な「パブロバ」。ぜひお試しください。
コーヒーとよく合いますが、甘めなシャンパンなどスパークリングワインとも好相性。

● 野本やすゆき (料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL