• TOP
  • GOURMET
  • ザ・男の料理「下味つけて焼くだけ」な「ローストポーク」の作り方

2019.11.20

ザ・男の料理「下味つけて焼くだけ」な「ローストポーク」の作り方

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

レシピ&調理/野本やすゆき 文/秋山 都 写真/吉澤健太

「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。いまは「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。

そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れ、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。
豪快に厚くスライスして召し上がれ!
第7回は「豚のスパイシーロースト」。
ローストとは、塊や厚みのある肉をオーブンに入れて間接的に火をいれる調理法。蒸し焼きになるため、大きな肉でもやわらかく、中まで加熱することができるのが特徴です。

下味をつけて、あとはオーブンに放り込めば、あとは放っておけるのがローストのいいところ。なんですが、今回の料理は時間がかかります。下味をつける1時間余と、焼き上がりまでの数十分……その間に前菜をつまんだり、お酒を楽しんだり、ゲストとご一緒に自由に楽しんでくださいね。
PAGE 2

「豚のスパイシーロースト」を作ってみよう!

豚の肩ロース肉、これで500gほど。

【材料】  作りやすい4人分

豚肩ロース(塊)      500g
A にんにくすりおろし     2かけ分
A チリパウダー      小さじ2
A 白ワインビネガー       大さじ3
A 塩             小さじ3/4
A 胡椒          適量
A ローリエ         2枚
A オリーブオイル       大さじ1
タマネギ          1個
紫玉ねぎ         1個
オリーブオイル        適量
イタリアンパセリ        適量
塩            適量

まずは材料。ローストは塊肉であることが大切です。
今回は、普通のロースより脂が多くて濃厚な味わいの肩ロースを使用しました。スーパーマーケットで、塊肉が見つからない場合には「塊で欲しいんですけど」とたずねてみましょう。ブロック肉を切りだすなど、対応してくれるはずです。
PAGE 3

【作り方】

今回の作り方はとてもカンタン!
まず、豚肉を常温に戻します。冷蔵庫から出し、30分ほど放置しておけばいいでしょう。
そこに、材料のAを入れたポリ袋に、豚肉を入れてよくモミモミし、これまた常温で1時間以上放置。
白ワインビネガーがない場合には米酢など他の酢で代用してください。
豚に下味をつけている間に、オーブンで一緒に焼く野菜を準備。
肉を焼く際、周りに野菜を置いておくとそこから水分が出て肉がしっとり焼きあがるのと、流れ出る肉汁を吸って野菜が美味しくなるので一石二鳥! この日は紫タマネギとタマネギをくし型に切って置きました。ほかにジャガイモ、サツマイモ、キノコ類、カボチャ、トマト・・・・・・なんでも試してみてください。
PAGE 4
ポリ袋に残った調味液を余すところなく肉にかけます。
 さあ、あとは焼くだけ。
耐熱皿(オーブンの天板)に豚肉、タマネギをのせ、Aの汁、オリーブオイルをかけてオーブンで焼きます。この日は230度で、25分ほど焼きました。肉の状態や大きさによって20~30分程度ですが、不安なら途中で様子を見ながら焼きましょう。
焼けたかな~? この瞬間が一番楽しい。
PAGE 5
肉の芯まで火が通ったか確かめたい?
竹串をなかほどまで刺し、抜いたときに透明な肉汁があふれ出てくればOKというのがクラシカルな方法ですが、竹串なんてないよ、という方も多いでしょうから、そんなときはちょっと端っこを切ってみましょう。
もし中が赤いようなら、もう一度オーブンに戻せばいいんです。その辺は気楽にいきましょう。
中まで焼けてるかな? 緊張の一瞬!
できました! 
焼いたお肉はオーブンから出したあと10分程度休ませて味をなじませることをおすすめします。
ここでまた時間とるの? と言うなかれ。そのひと手間が肉をよりしっとり、美味しくしてくれます。
イタリアンパセリなどハーブを添えて、お好みで塩やマスタードをつけて召し上がれ。

● 野本やすゆき (料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ザ・男の料理「下味つけて焼くだけ」な「ローストポーク」の作り方 | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト