• TOP
  • GOURMET
  • 【絶品レシピ】 焦げるほどに甘くなる♥ パイナップルの豪快グリル

2019.05.28

【絶品レシピ】 焦げるほどに甘くなる♥ パイナップルの豪快グリル

LEON本誌では「モテるオヤジの簡単クッキング 2」と題して、オヤジさんのためにラクしてモテるレシピを月イチで取り上げておりますが、こちらではその誌面でお伝えしきれなかった、とっておきのテクニックを。今回はバーベキューでお役立ちのグリル料理をご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/甘利美緒 写真/牧田健太郎

ギャップ効果はやっぱり絶大、なのです

今回、モテなしレシピをご提案してくれるのは、前回に続いて東京・深大寺にあるレストラン「Maruta」の石松一樹シェフ。
 
「Maruta」と言えば、薪火で焼いたグリル料理を大皿に盛って大勢でシェアするスタイルで注目を集めています。そこで、何かアウトドアで目立つ一品を教えてほしい、とご相談したところ、パイナップルを丸ごと一個、焼きましょう、ということに。
 
俗に「女性はギャップに弱い」といいますが、この真っ黒焦げのパイナップルのグリルを食べながら、ふとソレを思い出しました。バーベキューの〆デザートにすれば喜ばれること請け合いですので、ぜひ、このレシピをご活用ください!

今回の料理人はコチラ

石松一樹 シェフ

1988年生まれ。銀座「カーエム(KM)」など都内にある数軒のレストランで研鑽を積み、2015年に渡豪。メルボルンの郊外にある気鋭のレストラン「Brae」で修業後、‘17年の「Maruta」オープンに伴い、シェフに就任。
PAGE 2

「パイナップルの豪快グリル」の作り方

[材料]

〈2人分〉

・パイナップル 1個
<ソース>
・シロップ(砂糖:水 1:1) 100g
・レモン汁 10cc
・ポートワイン 10cc
・黒胡椒 5粒
・スターアニス 1個
・シナモンスティック 1本
・カルダモン 3粒
・クローブ 3粒

Step 01:ソースを準備

シロップとスパイス(八角、シナモン、カルダモン、フェンネル、ジュニパーベリー)を合わせて、軽く火を入れます。透き通ってきたらOK。

Step 02:網の上でグリル開始

薪火を起こしてグリル用の網をセットしたら、網の上でパイナップルを焼いていきます。トングなどで転がしながら全体をまんべんなく焼くのがコツです。

Step 03:真っ黒になるまで辛抱しましょう

薪火は火力が強いので焦げができて不安になるかもしれませんが、写真のようになるまで、ぜひじっくり焼いてください。最終的には真っ黒に……! が、包丁を入れてみると厚い皮に守られた果肉は鮮やかな黄色で、しかも、とっても甘くて思わず笑みがこぼれるほど! 酸っぱいのが苦手な女性もコレならいけるでしょう。

Step 04:熱々のままカットして盛りつけ!

火から下ろして包丁を入れると、果肉はこんな感じ。熱々のうちにカットしてお皿に盛りつけ、ソースを添えれば出来上がりです。

■ Maruta

2018年開業の話題の一軒家レストラン。大皿料理を同じ大テーブルに座るゲストがシェアリングするのが特徴。
 
住所/東京都調布市深大寺北町1-20-1 
営業時間/ランチ12:00~15:00(土日祝のみ)、
ディナー二部制18:00~、19:00~ 
定休/月・火曜
 
予約・お問い合わせ/☎ 042-444-3511

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【絶品レシピ】 焦げるほどに甘くなる♥ パイナップルの豪快グリル | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト