• TOP
  • GOURMET
  • 【話題】 たまごは1日1個までって本当? たまごにまつわる噂の真相を調べてみた!

2019.04.23

【話題】 たまごは1日1個までって本当? たまごにまつわる噂の真相を調べてみた!

その美味しさで幸せになれ、さらには栄養も豊富!という最強の食材、たまご。しかし一方で食べすぎると成人病になるとか、白身には栄養がないというネガティブな噂もちらほら……。はたしてその真相はいかに!?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/福本和洋(maettico) スタイリング/松井あゆこ 文/井上真規子 企画協力/タベアルキスト

2019年5月号より

Q.01 たまごは1日1個までって本当?

「健康体なら好きなだけ食べて大丈夫!」
確かに厚労省が2010年に発表した「コレステロールの摂取基準」では、成人男性1日750㎎まで(鶏卵1個=210㎎)という制限が設けられていました。しかし、食事で摂取してもコレステロールの影響は少ないことが判明。これは毎日コレステロールを合成している肝臓が、食事で吸収する量に応じてその合成量を変化させ、調整しているため。

だから健康な人は、たまごをたくさん食べても大丈夫なのです。ただし、高コレステロール血症の人はご注意を。

Q.02 たまごを食べれば食べるほど若返る?

「卵白&卵黄の最強成分で、内側から若返れます!」
若返り効果があるというのは、ホントのお話! たまごにはさまざまな健康効果があり、特に卵白には動脈硬化を引き起こすLDLコレステロールの分解を活性化するほか、体脂肪の低減や骨格筋の増強作用も。成人病の原因を排除しつつ、カラダを若返らせてくれるのです。

加えて卵黄は栄養分が非常に高く、必須アミノ酸全種類や疲労回復を助けるビタミンB群、美肌効果のあるビタミンA群など若返り成分がたっぷり。モテたいオヤジはズバリ必食ですよ!
PAGE 2

Q.03 たまごは飲兵衛(肝臓)に良い?

「お酒を飲むなら卵料理を一品頼んで!」
会食にデートや夜遊びと、連日のアルコール摂取で二日酔いや体調不良に悩まされているオヤジさんも少なくないかと。二日酔いとは、アルコールに含まれるアセトアルデヒドを肝臓が分解しきれずに起こるもの。しかしこの分解を、たまごに含まれる「Lシステイン」が活性化してくれるのです。

お酒を飲む時はたまご料理を食べるようにすると、翌日の体調がぐっと楽に。二日酔い特有の胃もたれ、胸焼け、吐き気といった症状も軽減されるはずですよ。

Q.04 たまごのカラザは取り除くべき?

「栄養成分満点なので取り除くべからず!」
皆さま、たまごに入っている“白いヒモ”の正体をご存知でしょうか? 卵黄をたまごの中心に固定させている卵白の一種、「カラザ」です。実はコレには、カルシウムやリン、鉄などのミネラルのほか、カロチンやビタミンB・Bなど栄養がたっぷり含まれているのですね。そして注目すべきは、「シアル酸」成分。ウィルスや細菌の感染を防いで、免疫力を高めてくれるもので、インフルエンザ予防にも効果があると言われるほど。積極的に食べちゃいましょう!

くどう内科医学博士 工藤孝文氏

自身のクリニックで、生活習慣病やダイエット外来、漢方外来などを専門に診療を行う。メディア出演、著書も多数。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL