• TOP
  • GOURMET
  • 【発見!】 「トリュフ×たまご」料理で女性をトリコにする効果倍増!?

2019.04.17

【発見!】 「トリュフ×たまご」料理で女性をトリコにする効果倍増!?

媚薬効果があるといわれる高級食材・トリュフは、実は日常的に食べる「たまご」との相性が抜群。まるで恋人同士のような最強のコンビネーションは、彼女の五感をトコトン刺激しますよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/福本和洋(maettico)、吉澤健太、久保田育男(OWL) 文/秋山 都、小寺慶子、井上真規子 企画協力/タベアルキスト

2019年5月号より
トリュフの香りは時に性フェロモンに似ていると言われ、その官能的な香りにメス豚が反応し探し当てるというのは有名な話。この媚薬効果は、男女の距離感を縮める際にも有効だそうですが、さらに相性抜群なたまごと組み合わせれば、より官能的な進化を遂げるとLEONは思う次第。

そう、ふたりの距離を縮めたい日に食べたい“ちょいヨコシマ”グルメのひとつなんです(笑)。このテーマを突き詰めたのがエロティックに艶めく各レストランのトリュフたまご料理。これでもかと五感を刺激する香りと食感に、食事が終わる頃にはふたりも“何か”を築けているかもしれません

■ マルゴット・エバッチャーレの『目玉焼きトースト』

トリュフ×濃厚たまご

ひと粒丸ごと購入したトリュフをコース形式で存分に味わえる同店のフォトジェニックなコチラは、コース内に登場する名物メニュー!
コース1万5000円、トリュフの購入は別料金(季節によって変動あり)

濃厚な黄身に極上の黒トリュフを大量投入!

官能的な香りを放つ、大量のペリゴール産黒トリュフの隙間から覗くのは、トーストしたパンの上に艶めかしく鎮座する濃厚な磨宝卵の黄身。ペリゴール風ソースにも、刻んだ黒トリュフがたっぷりと入れられ、トリュフの風味を極限まで堪能できちゃいます。

■ マルゴット・エバッチャーレ

住所/東京都港区西麻布4-2-6 菱和パレス西麻布1F 
営業時間/18:00〜23:00(最終入店20:30)
定休/第1土、日祝休
TEL/03-3406-8776

PAGE 2

■ オー ギャマン ド トキオの『トリュフのふわふわスフレオムレツ』

トリュフ×シュワフワたまご

仏ノルマンディ地方に伝わるスフレオムレツをバターのコクとトリュフの香りたっぷりで、オトナ仕様にヴァージョンアップした木下威征シェフのスペシャリテ。
「トリュフのふわふわスフレオムレツ」3400円 ※トリュフの種類、産地は季節によって変動。

オトナのオムレツはシャンパンとともに!

白身をメレンゲ状に泡立ててから黄身を加え、フワッと焼くスフレオムレツはノルマンディ伝統料理。そこにパルメザンチーズや生クリームでコクを加え、白トリュフのハチミツソースをかけたら、上からさらに追いトリュフ……。シャンパンが必ず欲しくなりますよ。

■ オー ギャマン ド トキオ

住所/東京都渋谷区恵比寿3-28-3 CASA PIATTO 2F
営業時間/18:00〜24:00(23:00 L.O.) 
無休
TEL/03-3444-4991

■ リストランテ ラ ブリアンツァの『トリュフのオーブン焼き』

トリュフ×トロトロたまご

トリュフとたまごの組み合わせは鉄板ながら、やはり甘美指数ではトロ〜リたまごとの組み合わせで右に出るものなし!ひと口で芳醇な味わいに彼女も虜になるはず。
「トリュフのオーブン焼き」は3990円〜のコースより

アツアツトリュフはまさに至福体験!

東京のイタリアンを牽引する奥野義幸シェフは素材を活かしながら華やかなひと皿へと仕立てる名手。卵黄のコク、トリュフの香り、パルミジャーノチーズの旨味が渾然一体となったオーブン焼きは、このうえなく官能的な味わい。口に運ぶ度にうっとり必至です。

■ リストランテ ラ ブリアンツァ

住所/東京都港区六本木6-12-3 けやき坂レジデンスC棟3F
営業/11:30〜14:30(L.O.)、17:30〜22:00(L.O.) 
無休
TEL/03-6804-5719 

PAGE 3

■ 龍圓の『トリュフかに玉』

トリュフ×中華たまご

中華の定番といえばやっぱり"かに玉"。カニの旨味を包むたまごのふんわりとした優しい香り……のはずが、上にトリュフをヒラリ、ヒラリ⁉芳醇な旨味と香りの三重奏です。
「トリュフかに玉」は9品6000円〜のコースより ※カニの種類、トリュフの産地は季節によって異なる。

中華の定番が、トリュフの香りで
さらにゴージャスに!

食通から人気の「龍圓」。かに玉は選り抜きの黄身のみを2個使用。そしてタラバガニはたっぷり! これだけで十分贅沢な「かに玉」のはずが、上にトリュフをトッピングするという究極メニューは常連人気のひと皿です。

■ 龍圓

住所/東京都台東区西浅草3-1-9
営業/12:00〜13:30(14:00L.O.)、17:30〜20:30(21:30L.O)
定休/月休(祝日の場合は翌火休)
TEL/050-5596-3172

※掲載商品はすべて税抜き価格です

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL