• TOP
  • FASHION
  • ナイキ「エア フォース 1」が王者であり続ける理由とは?

2018.12.31

ナイキ「エア フォース 1」が王者であり続ける理由とは?

続々とニューモデルが登場し、ますます活気付くスニーカー市場。そんな中、今回のスニーカーブームで不動の人気と底力を見せつけたのが、エア フォース 1ではないでしょうか。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/安岡将文

名作多きスニーカー史の中でも真にロングセラーなモデル

世界にはエポックメイキングなアイテムが数々ありますが、ナイキのエア フォース 1は、そのリストに名を連ねるスニーカー史上における傑作と言ってよいでしょう。

登場は1982年。大統領専用機からその名を得たエア フォース 1は、ナイキ初のエアユニット搭載バスケットボールシューズとして華々しくデビューしました。

エア フォース 1は、今でこそその魅力をシンプルにして普遍的なアッパーデザインで語られますが、当時のコートでは分厚いミッドソールに搭載されたエアのクッション性と、サークルをモチーフにしたグリップ力に優れたアウトソールが評判を呼び、名だたるNBA選手から指名履きされていました。

現在のストリートスニーカーのアイコンとなったのは、80年代後半のこと。奇しくも廃盤によって、新たな存在価値が認められることになったのです。
PAGE 2

バスケットコートだけでなくストリートにおいても広く支持を得た90年代

エア フォース 1は、その後継モデルの登場とともに、1986年には生産を終了しています。しかし、1988年にはメリーランド州のボルチモアのスニーカーショップ限定で復刻。他州から買い求める人が続出したことで人気の根強さが証明され、その後正式に復刻しました。

それまでも、ストリートバスケットボールプレイヤーの間で人気を博していたエア フォース 1ですが、復刻を機にファッションアイテムとしての地位を確立してゆきます。

その頃といえば、エア・ジョーダンシリーズを筆頭にした、スニーカーブーム真っ盛り。復刻後は、ファッション性を前面に打ち出した様々なカラーや素材がラインナップされることになります。90年代中頃に登場したミッドカットも、まさしくファッション性を考慮してのことでした。
こちらは、初代エア フォース 1のテストサンプル。ハイカットタイプですが、サイドアッパーが切り替えデザインになっています。トゥのパンチングもありませんし、スウッシュのフォルムも随分と細身ですね。
PAGE 3

普遍的なのに今っぽいだから大人にも若者にも幅広く愛される

2017年に発売35周年を迎えたエア フォース 1。40周年という節目に向けて、昨今さらなる力の入れようが見て取れます。

昨年から今年にかけて、色や素材のバリエーションの多さにさらに輪をかけて、ナイキ エア フォース 1 ユーティリティといった大胆にアレンジしたデザインも数々登場しています。

実はそれこそが、エア フォース 1の魅力。普遍的なデザインゆえに飽きが来ず、それでいてアレンジした時のインパクトも絶大。ベーシックを求める層と、新しさを求める層の両方にアプローチできるというわけです。その多面的な魅力こそが、リアルタイムで履きこなしてきたスニーカー世代であるLEON読者、すなわちスニーカーの酸いも甘いも知り尽くした世代から厚い信頼を集めている理由です。
また、優れたクッション性を求めた分厚いソールは、奇しくも昨今トレンドのダッドシューズともシンクロ。90年代ストリートファッションのリバイバルとともに、新たな層の人気も獲得しています。

バスケットボール用スニーカーらしく、横の動きに対応するためにウィズが広く設定されているエア フォース 1。ウィズが幅広な日本人にとっては、それも愛用するポイントかもしれませんね。
PAGE 4

定番1 ナイキ エアフォース 1 MID 

コーデへの汎用性は、やっぱりこれがピカイチ

各1万1000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
初代では一体型だったアッパーでしたが、現行ではヒールのオーバーレイを採用しています(初代ではサイドにステッチが入るだけ)。これにより、デザインの自由度が高まり、その結果色や素材のバリエーションが増えたことに繋がったとか。

定番2 ナイキ エア フォース 1 LOW  

今どきなダッド感のあるボリュームフォルム

各1万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
こちらもオーバーレイヒールを採用した現行のローカットモデル。シューレースに採用されたメタルプレートなど基本的なデザインは継承しつつも、微妙にマイナーチェンジを図っています。ちなみに、発売当初はハイカットのみ。そのわずか後にローカットが登場しました。
PAGE 5

ナイキ エア フォース 1 ユーティリティー

今っぽさを押し出した2018年度版エア フォース 1

各1万5000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
エア フォース 1をベースにしながら、バックル&幅広ベルトによって大胆にアレンジ。誇張されたシュータンやヒールステイのDリングなど、ギミック感に溢れた仕上がりに。ファッション性を強く意識したモデルで、中には蓄光ソールを採用したタイプも。

NBAシリーズ ナイキ エア フォース 1 07 LV8 スポーツ 

NBAとのパートナーシップこそ、やっぱり本懐です

左:ナイキ エア フォース 1 HIGH 07 LV8 スポーツ1万1000円、中・右:ナイキ エア フォース 1 07 LV8 スポーツ各1万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
2017-18シーズンより、NBAとパートナーシップ契約を結んだNIKE。それを記念し、昨年よりスタートしたのがNBA PACKです。各チームカラーを纏ったシグネチャーカラーに加えて、見る角度で色が変わるレンチキュラーをスウッシュに採用しています。
ローカットモデルでは、アッパーをぐるりとグログランテープが囲みます。さらに、ヒールステイにはNBAのオフィシャルタグ付き。
PAGE 6

ナイキ エア フォース 1 07 LV8 スエード  

シックな大人顔アッパーもあるんです

各1万2000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
スポーティさが抑えられたシックな面持ちは、もちろんスエードアッパーゆえ。アッパーだけでなく、スウッシュまでオールスエードになっています。ワントーンのアッパーに対して、ソールはガムライトブラウンに。クラシカルな雰囲気を楽しませます。

ナイキ エア フォース 1 07 LV8 スタイル 

アッパー素材のバリエが豊富なのがうれしい

各1万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
1994年に初めて登場したキャンバスアッパーモデル。このローカットモデルでは、当時を想起させる厚手の頑丈なキャンバスを採用。穿き込むほどに、キャンバスならではのフェード感あるカラーリングへのエイジングを楽しむことができます。

ナイキ エア フォース 1 07 LTHR 

カラバリの多さは、NIKEの中でも随一

各1万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
高級感と重厚感のある型押しレザーを採用するアッパーに合わせた、ワントーンカラーリングが見どころとなるこちら。さらに注目はサイドのロゴ。通常モデルではAIRの文字のみがデザインされるソールに、ナイキのロゴをアイコニックに組み合わせています。
PAGE 7

ナイキ エア フォース 1 07 LV8 ユーティリティー 

スニーカーデザインの最前線はコレ

左:ナイキ エア フォース 1 MID 07 LV8:1万500円、中・右:ナイキ エア フォース 1 07 LV8 ユティリティー:各1万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
グレインレザー製のアッパーには、通常のスウッシュに加えてミニスウッシュを追加レイアウト。さらにヒールステイにはロゴ入りグログランテープを、そしてサイドにはタグをあえて露出させるなど、トレンド感のあるデザインになっています。

ナイキ SF エア フォース 1 HI

ベーシックだからこそ、奇抜さが引き立つ

2万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
ミリタリーブーツからインスパイアされたハイカットには、ブラックのワントーンに映える蛍光イエローのAF-1ビッグロゴが。その他にも、ジップ付きタンやリフレクティブ素材、そしてバックル付きのロングシューレースなど、とにかくインパクト抜群なルックスに。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL